カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

カードローンで職場に電話の在籍確認をスマートに終わらせよう!

カードローンの審査の一つに、在籍確認があります。間違いなく申込者が勤務先に在籍しているかを確認するものですが、勤務先への電話をかけての確認となります。職場に確認の電話があるのです。

職場に借金をすることがバレるのでは、と不安に感じる人も多いでしょう。こちらでは在籍確認をスムーズにスマートに終わらせる為に、どのようにすればよいのかを、例を挙げてお話ししています。在籍確認を恐れる必要はありませんよ。

カードローン在籍確認は何故必要?

カードローンに申込したいけれど、審査が心配。勤務先に連絡があるのも嫌、会社へ電話をして欲しくないという人も多いですよね。カードローンに申込むと必ず審査があります。それは審査によって返済の能力があるかどうかを見極める為です。

その審査の中に在籍確認があります。申告された勤務先に間違いなく勤務しているかどうかを確認する為の在籍確認です。

この在籍確認がなければ、大手の企業を勤務先だと偽ってカードを手にする人が出てこないとも限りません。そういった不正を見極める為には在籍確認は必要なのです。

カードローンの在籍確認は電話で行われる

在籍確認を電話以外でしてもらいたい。そう希望したくなる気持ちは分かります。

カードローン会社によっては、どうしても止む終えない場合には電話以外の方法を検討してくれることもあるようですが、通常は電話での確認となります。

直近の給与明細で在籍確認しても、給与支給後、退職したなどとということが、無いとはいいきれません。今現在、その会社に勤務しているかどうかが重要なのです。タイムリーに確認する為には電話での在籍確認がどうしても必要となるのです。

不安なことのひとつは、在籍確認で勤務先に借金をするのが分かってしまうのでは、という事ですよね。安心して下さい。在籍確認はただ、申込者が間違いなく勤務先に在籍しているかどうかが分かればよいのです。内容を話すことはもちろんありませんし、電話で会社名を名乗ることもありませんよ。

在籍確認は審査の一つ!確認方法は充分配慮される

カードローンでは審査によって融資の可否を決定しますが、審査は属性と個人信用情報により行われます。信用情報は個人信用情報機関への照会で審査され、属性に関しては申込時の申告内容によって得点評価されるのです。在籍確認はこの属性で申告された、勤務先への在籍を確認する為のものです。

カードローン申込時には項目別に細やかに申告内容を入力していきます。

現住所や年齢など、本人確認書類で確認できるものは別ですが、勤務先や年収にかんしては申告内容を信じて審査していくことになります。

ただ、申告された勤務先への在籍が、現時点で確認される必要があります。

そうでなければ、以前勤務していた会社名や所在住所、電話番号を記入する人がいても、カードローン会社としてはそれを信じて融資をしてしまう可能性がありますよね。そういった事のないように在籍確認は行う必要があるのです。

在籍確認の方法と手順

在籍確認はどのように行われ、何を確認されるのか、詳しい内容を確認していきましょう。在籍確認は、カードローン会社によって属性審査時行う場合や審査の最終で行う場合など、多少違ってきますが、申告された勤務先の電話番号に電話して申込者が在籍しているかを確認する形で行われます。

カードローン会社は、申告された勤務先電話番号に電話して、(○○と申しますが、□□さんはいらっしゃいますか)と確認します。当然、会社名を名乗ることはありませんし、申込者本人が電話口に出なくても、□□はただいま外出しております。と在籍確認が出来ればそれで良いのです。

在籍確認については、申込者へ配慮して発信を行ってもらえるので、希望を伝えることも可能です。例えば発信してもらう時間帯や、電話をするのを女性にしてもらう、などあらかじめカードローン会社にお願いしておくと、できるだけ希望に添って電話を掛けてもらえるケースもありますよ。カードローン会社に確認して下さいね。

カードローンの在籍確認をスムーズに終える為に!

カードローンの在籍確認で、どうしても勤務先が私用電話を快く思わないという場合などは、休憩時間に電話を掛けてもらえないかと相談してみましょう。できるだけ希望に添って架電してもらえる場合もあります。

本人が電話口に出る必要のない在籍確認です。席を外している、外出中という回答でも在籍確認となるのです。「それでは、携帯電話の方に連絡してみます」「改めます」と電話を切って、再度確認の電話がかかることはありませんよ。本当に短い時間で在籍確認は終了するのです。

それでもやっぱり会社に電話がかかるのは、借金がばれそうで怖い、と思うなら、スムーズに切り抜ける方法をお教えしましょう。あらかじめ電話に出る可能性のある担当者に、在籍確認の電話がある旨を話しておくことです。「電気製品をローンで買ったので、確認の電話が入るかも…」などと伝えて、対応をお願いするのです。

間違いなく勤務先を申告していれば大丈夫

スムーズに在籍確認を終わらせる為の方法について、おわかり頂けましたか。カードローンの在籍確認について、もう一度スムーズにスマートに完了させる方法をわかり易くまとめてみますね。

  • 在籍確認はある程度の希望を伝える
  • 銀行のカードローンの場合は銀行名での架電を希望する
  • 本人が電話口に出なくても在籍確認は完了する
  • 隠すのではなくあらかじめ在籍確認があることを話しておく

在籍確認は架電の時間帯や、男性からまたは女性からの電話を希望するなど、ある程度は融通をきかせてもらえる場合が多いのです。相談して希望を伝えて下さいね。基本的には個人名での架電となるのですが、銀行のカードローンの場合には銀行名でかけてもらう方が不信に思われないのではないでしょうか。

自動車ローンを銀行で組んだから、と言えば、話しをしやすいですよね。電話があることをあらかじめ頼んでおけば、外出していても在籍確認は完了します。

何度もいいますが、在籍確認は、勤務先を偽って申告していないかを確認する為のものです。

申告の勤務先に間違いなく勤務しているのなら、在籍確認を恐れる必要はありません。堂々としていれば大丈夫!

自動車を購入した、クレジットカードを新規で作った、などを理由にして「在籍確認があると思うので、宜しくお願いします」と伝えましょう。

より確実にカードローン審査を通過する為に

在籍確認についてお話ししてきました。勤務先への電話といっても、ほんの数分間で完了する在籍確認です。必要以上に怖れずに上手に切り抜けて下さいね。

カードローンでは、在籍確認は審査内容のひとつとして行われます。もちろん在籍確認以外の審査を通過して、はじめて融資が決定するのですが、その審査もスムーズに通過する為に必要なポイントがいくつかあります。そのポイントを挙げてみましょう。

  • 日頃から支払に遅延や延滞のないように気を付ける
  • 申告の入力に間違いのないように気を付ける
  • 希望借入額はあまり高額にしない
  • 申込は一社のみに絞る同時期に複数社への申込はしない

カードローンの審査は属性と個人信用情報によって行われます。属性は申込本人の現在の状況、信用情報は個人信用情報機関への照会で行われ、属性が基準を満たすことができ、信用情報に問題が無ければ融資となります。

信用情報では過去の金融事故履歴や、日頃のクレジットカードの支払いやローン返済に遅延や延滞が無いかが確認されます。

日頃から信用実績を積むように、きちんと期日を守り支払や返済を行うように気を付けましょう。

申込時にも気を付けることがあります。申告事項を入力する時に不備や間違いのないようにすることです。

勤務先の電話番号の記入ミスで在籍確認が出来なかったなど、審査をスムーズには通過できません。

希望借入金額は高額は避け、収入証明書の提出が不要な金額に抑えると良いでしょう。

審査が不安だからと複数社に同時申込はしない!

カードローンには申込したいけれど、審査が不安。一社だけでなく何社かに申込しておけば、どこかから借入できるのでは、と考えがちです。でもそれは逆効果なのですよ。多重申込みは審査落ちの原因となります。

申込は一社に絞って行いましょう。多重申込みの履歴は信用情報に残り、半年間消えません。しっかりと信用実績を積み、スマートに在籍確認を切り抜ければ、審査をスムーズにクリアすることが可能なのです。万全を期してカードローンへの申込を行うようにして下さいね。
閉じる
閉じる