カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

カードローンの上限額は審査によって確定!年収以外のチェック項目

カードローン申込で気になるのはいくらなら貸してもらえるのかという事ですよね。いくら申込時に希望額を申告しても希望通りに行かない場合もありますよ。融資の上限額は審査の結果決定するのです。

上限額は審査で決まりますが、それは年収だけではなく、総合的に考えての結果になります。こちらではカードローンの上限額について詳しくお話ししています。総量規制についてもお話ししているのでカードローン申込の参考にして下さいね。

カードローン限度額とは

カードローンの限度額とは、そのカードローンで借入できる限度の事をいいます。通常その限度額以内であれば繰り返し借入できるのがカードローンの便利なところですよね。

限度額以内の借入というのなら、限度額は出来るだけ大きくしていて利用する時は少額借入すれば良い、と考える人もいるでしょうが、カードローンの限度額は自分が勝手に決めるというものではありません。まずカードローンの限度額はどのようにして決められるのか、確認していきましょう。

  • 審査により返済の可否と額を決定
  • 消費者金融は総量規制を考慮
  • 本人の申し出金額を検討

まず、カードローンの限度額は規定の審査により決定すると考えられます。

審査の上、総合的に見てどれくらいの金額なら返済の目処があるかを確認し、それに見合った額の貸付限度額を設定するのです。

銀行のカードローンは収入や日頃の取引状況、信用情報などによって月々の返済に無理のない金額での限度額設定を行います。消費者金融の場合は総量規制を考慮し、他社との借入額の総額が年収の3分の1を超えない金額での限度額設定となります。

その上で本人の申し出金額に近い限度額を設定します。10万円を希望したのに30万円までの限度額となったり、100万円を希望したのに30万円の限度額になったという場合も当然あります。

限度額は必ずしも年収のみではなく、審査上総合的にみて見合った額となるのです。

銀行と消費者金融で違う上限額の考え方

銀行と消費者金融では限度額について大きな違いがあります。前の項目でお話ししたように、消費者金融では総量規制の為に年収の3分の1を超える融資は出来なくなっています。

300万円の年収の人には100万円以上の貸付はできないのです。

これは貸金業者の為の法律、貸金業法で定められている為、カードローンだけでなくクレジットカードのキャッシング枠も対象となります。

例えば年収300万円の人がクレジットカードを2枚持っていて、それぞれに30万円のキャッシング枠があった場合、100万円の内、60万円は他社貸付金額となります。新たなカードローンでの限度額は40万円以内となるのです。

銀行は総量規制対象外

総量規制には対象外や除外例外があり、銀行のカードローンは対象外です。大口の住宅ローンや自動車ローンは除外。顧客の有利となる貸付、おまとめローンや事業資金の貸付は例外となり総量規制対象ではあっても3分の1を超えて貸付される場合があります。

消費者金融では50万円を超える貸付、他社との合計が100万円を超える貸付に関しては、たとえ年収の3分の1以内の限度額であっても収入証明書が必要となります。

この収入証明書に関して以前銀行では100万円、300万円までは収入証明書不要するカードローンが多かったのですが、現在は消費者金融と同じように収入証明書の提示を求めるようになっています。銀行のカードローンも過剰融資の対応を迫られているという事ですね。

限度額が大きいと金利は得?

収入により借入できる金額が違ってくること、審査により限度額は決定されることをお話ししてきましたが、続いて限度額により金利設定がどのようになっているのか、確認してみたいと思います。

消費者金融 銀行カードローン
10万円未満 上限20% 10万円以上が多い
50万円まで 上限18% 上限14%前後
100万円~300万円 上限15% 上限10%前後
300万円~ 上限10%前後 2%~7%くらいが多い

貸金業法では利息制限法で利息の上限が定められました。その為に大手消費者金融も中小規模な消費者金融も同じ上限利息を守っています。銀行のカードローンは各銀行によって金利設定には多少の差があります。

10万円未満の貸付限度額の場合には、消費者金融の上限利息は20%となっているので中小規模な消費者金融では20%の実質年率を設定している所もありますが、大手消費者金融では10万円以下でも18%としている所が多いようです。

銀行のカードローンの場合、貸付限度額は10万円からの設定がほとんどで、上限利息も14%前後と低金利です。300万円の貸付限度額ではかなり低めの金利設定の銀行もあります。

実際に利用する金額は少なくても限度額で設定された金利が適応されるので、金利面では限度額は大きい方がお得ということになります。

利息も借りた日にちだけなら安心!

限度額が大きくなると金利設定は低くなりますが、実際に借入したときにはどの位の金利がかかるのでしょうか。10万円を借入した場合で確認してみましょう。上限18%の消費者金融で10万円を1ヵ月借りた場合と上限10%で10万円を10回で返済した場合で比較しますね。

10万円を実質年率18%で借入し、1ヵ月後一括返済した場合の利息
100,000円×18%÷365日×30日≒1,479円…1,479円の利息

10万円を実質年率10%で借入し、毎月返済10回で返済した場合の利息
10,464円×10=104,640円…4,640円の利息

あくまでも一例ですが、必要な金額を必要な日にちだけ借入し、一括返済することが利息を抑える方法とわかります。もちろん実質年率は低い方がお得ですが、長期間借入した場合には利息はやはり大きくなりますよね。

限度額が大きいと、ついつい借り過ぎてしまう可能性もありますよ。確実に返済できる金額での限度額を希望することでかえって利息を抑えることも考えられるので、限度額が大きい方が金利が低いからと単純に考えず、利用目的なども考慮する必要があるでしょう。おまとめローンなどの場合などは特別と考えて下さいね。

限度額の増額減額について

カードローンの限度額についてお話ししてきました。今は消費者金融も銀行も同じような限度額設定を行っているようです。高額な限度額ではなく、50万円を超える限度額の場合は収入証明書が必要となるのは過剰融資を見直している銀行も同様です。

充分な返済能力があると認められ、信頼関係が築けた場合には限度額の増額提案をされることもあります。

またもう少し限度額を上げて欲しいと増額申込することも可能です。

増額には申込当初と同様の審査があり、高額になると収入証明書提示が当然必要となりますよ。審査をクリアすれば限度額が増額されます。

カードローン会社や銀行から増額案内があっても、審査の結果増額出来ない場合もあります。また、審査の結果突然に限度額が減額されたり、限度額0となる場合もあります。これもすべて審査の結果、信用情報に問題があった。他社での借入額が収入の3分の1を超えているなどの原因によるものが多いので、確認が必要です。

無理のない限度額でまずは信頼関係を

消費者金融のカードローンは総量規制の為年収の3分の1以内の貸付限度額となります。銀行のカードローンは総量規制対象外なのですが、やはり高額の限度額設定は難しくなっています。おまとめローンは別ですが、50万円以内の限度額設定が一般的のようですね。

返済期日などしっかりと守り信頼関係が築けたら、限度額を増額できる可能性もあるのです。まずは無理のない限度額で無理のない借入を心掛けて下さいね。
閉じる
閉じる