カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

カードローンでは限度額によって源泉徴収などの収入証明書が必要!

消費者金融のカードローンでは50万円以上の貸付には収入証明書が必要となります。銀行のカードローンも限度額によって、収入証明書の提出が必要です。収入証明書にはどのようなものがあるのか、また限度額はどのように決められるのか気にかかります。

こちらではカードローンの限度額について詳しくお話ししています。審査の結果希望の限度額での借入が出来なかった人もいるでしょう。特に消費者金融では限られた限度額となる場合が多いのです。その他総量規制のことや収入証明書についてもお話ししていますので参考にして下さいね

カードローンでの限度額はどのように決まる?

カードローンへ申込むと必要なのは少額なのに、限度額が30万円、50万円と設定されることがあります。また100万円の融資を申込んだのに、30万円の限度額になってしまったということもあります。

カードローンの限度額は審査によって決定するといってよいと思いますが、どのような点を考慮して限度額は決められるのかを挙げてみたいと思います。

  • 年収(安定した収入)
  • 他社借入額限度枠
  • 信用実績(新規かどうか)
貸付限度額を決定する上で最も重視されるのはやはり年収でしょう。年収だけでなく毎月安定した収入が見込まれるかどうか、他社での借入限度枠があるか、カードローンでの実績があるかどうか等を考慮して限度枠が決まるのです。

特に消費者金融では総量規制があり、年収に対して妥当な限度額が決められるのです。

カードローンは初めてという人はほぼ高額の限度枠設定は難しいと考えられます。

最初は50万円位の限度額となる事が多いのではないでしょうか。

消費者金融と銀行でこれだけ違う!貸付条件の限度額

カードローンでも消費者金融と銀行では貸付条件が違ってきます。

特に限度額については総量規制のある消費者金融と総量規制対象外の銀行での違いがみえてきます。

消費者金融と銀行のカードローンでの貸付条件を確認していきましょう。

消費者金融カードローン 銀行カードローン
申込条件 20歳~69歳
安定した収入のある人
専業主婦申込不可
20歳~65歳
安定した収入のある人
配偶者に収入のある専業主婦可
限度額 上限300万円~500万円位
50万円以上は収入証明書要
上限800万円位が多い
高額の場合には収入証明書要
実質年率 上限18%
10万円未満20%
100万円超15%
上限14%位
限度額により変動する
返済方法 定額リボルビング返済
随時返済一括返済可
定額リボルビング返済
随時返済一括返済可

消費者金融のカードローンは年収の3分の1以上の貸付を規制する総量規制の為に、無職の専業主婦は申込むことが出来ません。

銀行のカードローンは総量規制対象外なので配偶者に安定した収入がある場合には申込が可能な所もあります。

申込可能な場合でも、限度額は30万円など比較的少額に設定されている場合が多いです。また消費者金融では50万円を超える限度額の場合、収入証明書の提出が義務付けられています。銀行の場合は金額が定められてはいないのですが、最近では少額でも収入証明書が必要な銀行もあるようです。

必要書類に関しては各ホームページで確認の必要があります。収入証明書にはどのようなものを用意すればよいのでしょうか。次の項目で確認していきましょう。

収入証明となる書類にはどのようなものがある?

収入証明書は文字通り収入を証明できる書類ということです。収入証明書として利用できるものにはどのようなものがあるか挙げてみますね。

  • 源泉徴収票
  • 直近の給与明細
  • 確定申告書
  • 納税通知書
  • 所得証明書

収入証明書には上記のようなものがあります。勤務先で交付される源泉徴収票や給与明細は一番わかり易い証明書といえるでしょう。市役所などで交付される所得証明書などは発行料金もかかります。一般的には源泉徴収票を提出される人が多いのではないでしょうか。

源泉徴収票は年に一度年末に勤務先で交付されます。つい大切にしていなくて紛失してしまったという場合も多いですよね。大丈夫ですよ、源泉徴収票は再発行してもらえます。職場によってはパソコンで再発行できる場合もありますが、総務、経理課に依頼して再発行してもらうとよいでしょう。

カードローンでの収入証明書は当然のことですが、直近のものに限ります。何年も前の源泉徴収票では意味がありません。

必ず最新分のものを用意して下さいね。自営業者の場合は確定申告書が収入証明書となります。

収入証明書が必要なのはどんな時?

カードローンを申込む時の必要書類は基本本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)ですが、申込限度額によっては収入証明書が必要になります。消費者金融では50万円を超えた限度額、また他社との合計限度枠が100万円を超える場合には必ず収入証明書の提出が必要となります。

銀行のカードローンは特に法律で決められてはいませんが、一定の限度額を超えると収入証明書が必要となるようです。

その他にも審査状況によっては少額の限度額でも収入証明書の提出が必要となる場合もあるのであらかじめ用意しておくと慌てることがありませんよ。

無理のない限度額で上手にカードローンを利用する

カードローンは限度額によって必要書類が違うということ、消費者金融と銀行のカードローンでは申込条件と限度額の点で相違点があるということをお話ししてきました。お分かりいただけたでしょうか。消費者金融では総量規制の為に特に高額の限度額設定は難しくなっています。

総量規制対象外の銀行も最近では高額限度枠設定には慎重に対応しているようです。もちろん年収によっては高額限度額が設定される場合がない訳ではありません。消費者金融でも総量規制例外のおまとめローンなどもありますものね。

特別なことを除いて、カードローンの限度額では50万円というのがひとつの区切りと考えられます。まずは50万円という限度額から始めるのもよいでしょう。これは消費者金融でも銀行でも変わりません。無理のない限度額が審査をスムーズにクリアすることにも繋がります。

信用実績を積んでより高額な限度額も可能に

カードローンを上手に利用することで、しっかりと信用実績を積むことが可能になります。

毎月の返済をしっかりと計画的に行い、適度な借入を行う事で信頼関係が築けます。信頼関係が築けると、限度額の増額案内が来ることがあります。

もちろん増額には増額審査が必要なのですが、信用実績が審査クリアにとっては大きなプラスとなることは間違いありません。まずは収入証明書が不要とされている限度額での申込み。そして必要に応じて限度額の増額というように無理なくカードローンを利用して下さいね。

閉じる
閉じる