カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

カードローン審査に甘いところは無い!審査を切り抜けるコツはこれ!

カードローンを選ぶ時に出来るだけ審査の甘いところが良いと考える気持ちはよくわかります。本当に審査の甘いカードローン会社があるのでしょうか。審査の基準はそれぞれの会社によって違っています。

それは甘いとか厳しいというのではなく、審査の内容が違うという事なのです。例えば、属性の勤務先に重点を置くか収入に重点を置くか、また、信用情報に重点を置くか、現在の勤務形態、家族形態に重きを置くかなどの違いです。

こちらでは審査をスムーズに切り抜ける為の方法を、例を挙げながらわかり易く説明しています。審査を恐れずにカードローンへ申し込む為の参考にして下さいね。

カードローンによって審査はどう違う?

カードローンに申込をしたいけれど、できるだけ審査の甘いところが良いと考える人が多いですよね。審査が甘いというのはどのようなことを言うのでしょうか。多少収入が少なくても通りやすい。アルバイトやパートでも通りやすい。そういった審査でしょうか。

審査は各カードローン会社の規定に添って行われます。それぞれのカードローン会社により、基準は少しずつ違うということです。例えば高額収入ほど審査をクリアしやすい会社や高額収入でなくても安定していれば審査に通りやすい会社もあるという事です。

パートやアルバイトの人でも通りやすいカードローン、専業主婦であっても通りやすいカードローンなどの違いはあるのです。

だからといって過去の金融事故などがあっても通る、というような甘い審査のカードローン会社はありませんよ。

カードローン審査の甘いところは無い

結論をいうとカードローン審査が甘い、というカードローン会社は無いと言わざるをえません。

消費者金融のカードローンと銀行のカードローンでの審査について確認してみましょう。

大手消費者金融 銀行カードローン
収入 安定した収入があれば可 最低年収の基準を定めている事が多い
勤務形態 アルバイト、パート可
派遣社員なども可
正規社員が望ましい
社会保険加入者優遇
限度額 総量規制対象 総量規制対象外
専業主婦 申込不可 配偶者の収入により可
過去の金融事故 審査通らない 審査通らない

あくまでも例としてですが、上記表のような審査状況が考えられます。

消費者金融の場合には総量規制の為、年収の3分の1以上の貸付が規制されています。

年収に見合った貸付限度額の設定が出来るためにアルバイトやパートの人も申込し易いのではないでしょうか。

銀行のカードローンは総量規制対象外です。貸付金額に規制がありません。それでも年収に応じた貸付限度額の設定をするのは同じことです。ただ年収に対する規制がないので、無理なく返済が可能である最低年収を条件に挙げている銀行もあります。

勤務形態も比較的低金額の貸付を行う消費者金融と高額限度額を希望されやすい銀行では違ってくるのも当然ですよね。また専業主婦が申込めるのは銀行のカードローンだけとなります。専業主婦にとっては銀行のカードローンの方が申込可能なカードローンとなりますよね。

金融事故の履歴があるうちは審査には通らない

個人信用情報の照会はカードローン審査になくてはならないものです。日々の信用情報は当然確認されますが、同時に何年も前の履歴についてもしっかりと審査の対象となりますよ。

金融事故の履歴は5年から7年残るものもあるので、自分でも忘れてしまった長期延滞履歴があった為に、何度申込んでも審査落ちしてしまったなどという結果に驚くこともあるのではないでしょうか。

カードローンの審査はこう行われる

それではここでカードローンの審査について、基本的なことをお話ししていきましょう。カードローン審査は主に、属性と信用情報によって返済能力の有無を確認し、融資の可否を決定する為に行われます。どの位の貸付金額なら無理なく返済できるかを確認することで、貸付限度額も決定されるのです。

属性は得点制!総合点を上げるようにしよう!

属性とは申込本人に関する事柄です。例えば年齢や勤務先、勤務形態などですね。この属性はそれぞれの項目で点数評価され、総合点によって審査可否の目安となります。具体的に高得点と低得点について確認していきましょう。

高得点 低得点
年齢 30代~50代前半 20代前半 60代
家族構成 既婚 家族同居 未婚 家族別居
勤務形態 正社員・公務員 アルバイト・派遣社員・自営
勤続年数 3年以上 長い程高い 半年未満特に3ヵ月未満
年収 安定した収入が見込まれる 毎月の収入額が不定

もちろんこれはあくまでも一つの例に過ぎませんが、ほぼどのカードローン会社も同様な得点での評価をしているのではないでしょうか。年齢も20代なら後半に申込をする。勤続年数はせめて6ヵ月以上経ってから申込む。そういった事で属性の得点評価を上げることが必要です。

日々信用実績を積むこと!マイナス履歴消滅まで待つ

信用情報に関しては、何といっても日々の信用実績を積む努力が必要となります。

クレジットカードでの支払期日を守る、自動引落の資金不足に注意する、返済や支払の遅延や延滞をしない。

これだけで充分信用実績を積むことに繋がります。

金融事故履歴があると、まずカードローン審査には通りません。

金融事故とは自己破産、債務整理、代位弁済、長期延滞など、支払いや返済が滞り、払えなくなった為に整理をしたり、自己破産処理を行ったという情報です。

事故履歴は最低でも5年は履歴として残ります。

通販での購入金額を長期延滞してしまい、延滞の事故履歴となった例もあります。自分では忘れていても、履歴はしっかりと残っているのです。

もしも不安な場合は信用情報機関への個人信用情報開示請求を行えます。ネットなどでの開示も可能なので確認されることをお奨めします。

審査を切り抜ける為に必要なポイント

カードローンの審査は、申込者の返済能力の有無を確認する為に大切なものです。審査に通るかどうかが心配という人も多いですよね。審査を無事に切り抜ける為には、いくつかのポイントを押さえる必要があります。

  • 日頃から遅延や延滞をしない体質を作る
  • 申告内容に間違いや不備の無いよう気を付ける
  • 借入希望金額は高額にしない
  • 同時に複数社への申込はしない

大切なのは、日頃から信用実績を積むことです。直接信用情報に関係するクレジットカードなどの支払い期日をしっかりと守る、毎月の公共料金、携帯電話料金、税金などは期日が遅れても当たり前、という体質を作らない事が大事なのです。しっかりと期日を守って支払していくことで信用はついてきます。

申込時の申告は不備のないように、間違いの無いように記入しましょう。間違いであっても嘘の申告をしたと取られる可能性もあります。不備がある事が審査に通らない原因になる場合もあるので充分に気を付けて下さいね。

希望限度額は高額にせず、20万円や30万円程度にしましょう。特に消費者金融は総量規制があり、年収によって貸付限度額が規制されるので注意が必要です。また、審査が怖いからと複数社への同時申込をする人がいますが、これは多重申込として信用情報へ登録されるので、かえって審査に通り難くなってしまいます。

しっかりと信用実績を積めば審査は怖くない

カードローンの審査に、甘い緩いはありません。ただ自分の状況に有利なカードローンを選ぶ事で、審査をスムーズに切り抜け易くなることはありますよ。例えばメインバンクのカードローンやグループ会社のカードローンを選ぶ事で、すでに信頼関係を築けている場合にはスムーズに借入できる可能性もあるのではないでしょうか。

とにかく審査を必要以上に怖がる必要はありません。審査をスムーズにクリアする為には、支払いや返済期日をしっかりと守ることです。そして自分の条件に合うカードローンを選び、そのカードローン1社に絞って申込むことが大切なのです。
閉じる
閉じる