カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

知ってますか?カードローンにおける保証会社のこんな役割!

カードローンの貸付条件を確認すると、保証会社からの保証を得られる人、と書かれている場合がほとんどです。保証会社とは何なのでしょうか。また保証会社の保証を得られるというのはどのような事なのでしょう。

こちらではカードローンの審査についてと、保証会社の役割について、詳しくお話ししています。カードローンに申込を検討されている方、必見ですよ。審査に無理なく受かる秘訣もお話ししているので、カードローン申込の参考にしてくださいね。

カードローンの申込条件と貸付条件

カードローンに申込むには、まず申込条件を確認し、貸付条件を確認して申込ますよね。カードローンの申込条件と貸付条件について確認していきましょう。銀行と消費者金融の平均的な条件を挙げています。

銀行カードローン 消費者金融
申込条件 20歳以上65歳未満
安定した収入のある人
保証会社の保証を得られる人
20歳以上69歳以下
安定した収入のある人
審査基準を満たす人
実質年率 上限14%くらい 
限度額により変動
上限18%(10万未満20%)
100万円以上上限15%
貸付限度額 800万円位までが多い
年収による規制無し
500万円位までが多い
総量規制(年収の3分の1以内)あり
必要書類 本人確認書類
必要に応じて収入証明書
本人確認書類
50万円以上収入証明書要

銀行のカードローンと消費者金融のカードローンの貸付条件に大きな違いがあるとすれば、消費者金融では総量規制の為年収による貸付規制があり、銀行のカードローンは総量規制対象外ということですね。

どちらも安定した収入のある人が条件ですが、無収入の専業主婦であっても、銀行のカードローンの中には配偶者に収入があれば、申込が可能な場合もあります。消費者金融のカードローンでは専業主婦は申込不可となっています。

銀行、消費者金融の申込条件に共通しているのは、保証会社の保証が得られることです。

保証会社とはどのようなものなのでしょうか。無担保でお金を貸し付けるカードローン会社は、顧客が万が一返済不可となった場合、大きな損失を出すことになります。

保証会社は万が一の時顧客に代わり返済してくれる

保証会社は返済不能となった顧客に代わり、返済を引き受けてくれる会社なのです。特に銀行のカードローンの場合、審査は保証会社によって行われる為に、保証会社の保証を得られる事が、申込の条件となる訳です。

銀行のカードローンの保証会社

消費者金融の場合には、カードローン会社そのものが保証会社として業務委託されている所も少なくありません。

申込条件でも、当社基準を満たす人、となっているのは各消費者金融で審査を行うことが出来るからですよね。

銀行のカードローンは業務委託した保証会社によって審査を行うと共に、当然銀行内部での審査も行います。

銀行のカードローンでは審査が迅速という訳にいかないのはこの為もあるのです。

カードローンの審査は銀行と消費者金融でこう違う

銀行のカードローンと消費者金融のカードローンでは、審査にかかる時間や方法が多少違ってきます。それぞれの審査方法について詳しくお話ししていきましょう。まず銀行のカードローンについてです。

1申込→2仮審査→3在籍確認→4本審査→5契約→6融資

銀行ではカードローンの申込から融資まで、上記のような手順で行われます。仮審査を保証会社が行う場合が多いようですが、多くは消費者金融会社が委託されて行っています。返済能力の有無について保証会社が確認し、最終審査や契約を銀行が行う流れとなっているのです。

消費者金融の審査は一貫しているのでスピーディー

銀行のカードローンと比べて、消費者金融のカードローンは迅速な審査が特長です。その日の内に審査結果を受けられ、融資も即日が可能という場合もあるので、急にお金が必要になった時にも対応できるのがうれしいですね。

消費者金融では、保証会社を自社が兼ねている場合が多く、申込状況や、審査状況によっては最短の融資が期待できるのですが、審査の内容はあくまでもカードローン会社それぞれの基準に基づいているので、自分にあったカードローン会社を選ぶ必要がありますよ。

保証会社にはどのような役割があるか

銀行と消費者金融のカードローンについて、保証会社がどのように関わっているのかをお話ししましたが、それではカードローンでの保証会社にはどのような役割があるのか、詳しく確認してみましょう。

  • 物品購入の後払い分割払いの為の審査
  • カードローンの審査
  • 返済不能時の代位弁済

一般的に保証会社は、カードローンのみでなく、物品購入時の後払いや分割払いが可能かどうかの審査、支払延滞時の督促や、最終的に購入者に代わって支払を行うなどの債権業務を行っています。

カードローンに於いても同様に、審査を行い顧客の返済能力を見極めます。そしてその顧客が万が一返済不能となった場合には代位弁済を行います。代位弁済により顧客への督促権は保証会社に移り、その情報は金融事故として信用情報の履歴として残ります。

保証会社の役割は、カードローンに於いての保証人となることといえるでしょう。

消費者金融の場合には自社での保証となることが多いのですが、銀行のカードローンは消費者金融に委託している場合が多いのです。当然保証会社は申込者を厳重に審査して、保証人となる訳です。

保証会社は回収不可能となるリスクを回避する為にある

カードローンでは、保証会社が申込者の保証人となるとお話ししました。特に銀行のカードローンの場合、保証会社により回収不能となった場合の保証を受けられるというメリットがあり、リスクの回避ができるということになります。

カードローンで返済不能となり、長期延滞となった場合には返済の督促業務が保証会社に移行し、最終的に代位弁済の措置が取られます。そうなると、ローンでの返済が不可能となり遅延損害金も含めた一括返済を求められますよ。

もちろんそのような事態に陥る事のないように、返済能力があるかどうかをカードローン会社、保証会社は厳重に審査する訳ですよね。

カードローンに申込む時には無理なく返済が出来る範囲で、計画的な借入を考えて申込む必要があるのです。

審査は信用実績を積むことでクリアできる!

カードローンの保証会社についてお話ししてきました。保証会社の審査は保証しても大丈夫な顧客かどうかを見極める為のもので、厳しい目での審査となります。だからといって、審査を必要以上に恐れることはありませんよ。

カードローンの審査は、どのような方法で行われるのでしょうか。もちろんカードローン会社それぞれの審査基準によって審査される訳なので、審査内容は多少違ってきますが、審査の方法は大きく分けて属性による審査と、信用情報の照会による審査となります。

属性は得点評価で審査される

属性とは、申込者の現在の状況です。年齢や職業、年収、家族構成などですね。この属性はスムーズに審査する為に項目別の得点評価となる場合が多いようです。独身の独り暮らしよりも既婚者や家族同居の方が高得点、年齢なら20代前半や60代よりも30代40代が高得点という風な審査方法です。

項目別に得点評価し、総合得点の高い方が審査を通過しやすいという結果になります。例えば勤続年数は1年以上の方が1年未満よりも評価が高くなるので、1年以上勤務した上で申込を行う方が有利になりますよ。

信頼は信用実績を積む事で築ける

信用情報による審査は、各個人信用情報機関への照会により行われます。過去に金融事故がある場合には、審査に通ることはありません。ずい分昔の話しだから、と大目に見てくれるカードローン会社はありませんよ。

金融事故の履歴がなくても、クレジットカードの支払い状況が、いつも遅延、延滞を繰り返しているなどというのは、審査には当然不利となります。

月々の支払いはきちんと期限内に行うようにすることが信用実績を積む結果となるのです。

カードローン会社も保証会社も、融資したお金を間違いなく返済してくれる顧客かどうかを、審査によって見極めます。しっかりと信用実績を積み審査に臨めば、審査をむやみに恐れる必要はないですよ。無理のない借入計画と、日々信用実績を積むこと、これが審査を通過する為の大きなポイントといえるでしょう。
閉じる
閉じる