カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

個人事業主も借入可能!申込しやすいカードローンはコレ!

通常、カードローンでは、事業資金の為の使用は不可となっています。また事業資金での利用ではなくても、個人事業主の人がカードローンへの申込をした場合、安定した収入であるとはいえない、などの理由から審査に通り難いといわれています。

こちらでは、個人事業主の為のカードローン、個人事業主の人が申込しやすいカードローンについてお話ししています。今まで個人事業主だからとカードローンへの申込を躊躇していた人、必見ですよ!

個人事業主はカードローンで借入しにくい?

個人事業主はカードローンに申込できない、と思われがちです。それは何故でしょうか。

確かに個人事業主、自営業者がカードローンに申込んでも、審査を通過することが難しい事は事実です。

どのような理由からか確認しましょう。

  • 融資金を事業資金に利用されがちである
  • 月々の収入が安定していない
  • 高額融資を希望する事が多い

カードローンの貸付条件の中に、使用目的がありますが、原則自由となっています。ただし、事業資金での使用は不可と明記されている場合がほとんどです。事業の運転資金などでの使用は認められません。

個人事業主(自営業)の場合どうしても事業資金になりがちですよね。また会社勤務の人と違い、毎月安定した給与収入がある訳ではありません。

個人事業主の場合は、月によって収入にバラつきがあると判断されてしまうのです。

事業資金での使用目的の場合には、借入金額がどうしても大きくなってしまいますよね。通常個人での借入は1万円、2万円といった金額なのに対し、個人事業主の人は十万円単位での借入を行いがちです。これはリスクが大きいと思われてしまいます。

個人的な借入なら自営業者でも申込は出来る

主に上記のような理由から個人事業主、自営業者のカードローン申込は難しいといわれるのですが、もちろん個人としてよりゆとりを持つために申込むのであれば、カードローンに申込めないということはないのですよ。

審査状況によっては融資不可となる場合もありますが、必ずしも審査に落ちるとは限りません。日頃から信用実績を積み、収入もある程度の上下はあっても安定していると見なされれば融資は可能となります。ただこれはあくまでも個人として融資金を利用することが条件です。

もしも事業資金としてカードローンでの借入金を使用したいと考えているのなら、通常のカードローンを選ばずに、個人事業主の為のカードローンを利用されることをお奨めします。

それでは個人事業主の為のカードローンについてお話ししていきましょう。

個人事業主の為のカードローンは総量規制例外

消費者金融のカードローンの銀行のカードローンも基本的には個人に向けて融資を行うものですが、個人事業主に向けてのカードローンも用意されているのです。個人事業主が融資を受けられるローンには、どのようなものがあるのか確認しましょう。

  • 消費者金融のビジネスカードローン
  • 銀行のビジネスカードローン
  • 公的機関での融資

消費者金融のカードローンの場合、総量規制の為に年収により融資額が規制されています。この為に高額の融資を必要とする、個人事業主に対しての融資は基本的には難しいといわれています。

ただし個人事業主への融資は総量規制例外として認められていることを知っていますか。

しっかりとした事業計画、返済計画、確定申告書類などを必要とする場合もありますが、年収の3分の1を超えての融資も不可能ではないのです。現時点では数社に限られますが、銀行の個人事業者、自営業者を対象としたビジネスローンもありますよ。

カードローンではありませんが、公的機関での個人事業者向けの融資も行っています。比較的融資までに日にちがかかるのが難点ですが、低金利での融資を希望の場合には各機関に問合せてみて下さい。

個人事業主カードローンの貸付条件

総量規制の例外が認められる個人事業主の為のカードローンについて、詳しくお話ししていきますね。個人事業主、自営業者のカードローンの、あくまでも平均的な内容となります。参考にして下さいね。

個人事業主の為のカードローンといっても、融資金額によって提出書類などに違いがあるのです。また、毎月決まった額ではない収入の為に収入証明書は必ず提出としているところも多いようです。申込条件や貸付条件の確認をしましょう。

A社ビジネスローン B社ビジネスローン
申込条件 業務歴1年以上
個人事業経営者
A社基準を満たす人
営業歴1年以上
法人代表者・個人経営者
20歳以上69歳以下
保証会社の保証が得られる人
実質年率 上限18%
限度額によっては上限15%
6.5%~14.5%
融資限度額 1~300万円 50~500万円
返済期間 最長8年 1年ごとの更新
70歳まで
提出書類 本人確認書類
確定申告写し
本人確認書類
収入証明書

一例ですが、上記表のような貸付条件で、ビジネスカードローンを用意しているカードローン会社があります。それぞれ会社基準によって審査があるので、提出書類等は各社の規定に添って下さい。

通常のカードローンとの違いは、貸付限度額と提出書類でしょうか。総量規制例外であっても、審査の結果希望通りの融資額を受けられない場合も多く、上限が500万円であっても50万円の融資額となる事もありますよ。

カードローン会社によっては、特に希望限度額が高額の場合には、細かな事業計画書類が必要となる場合もあります。

あらかじめ慌てないように用意しておくとよいでしょう。

個人事業主がカードローンの審査をスムーズに完了するコツ

個人事業主の人には、カードローン商品の中で特に個人事業主に特化したビジネスローンへの申込をお奨めするのですが、たとえ個人事業主の為のカードローンであっても、当然厳重な審査は行われます。借入希望額が大きい場合は、尚更審査は厳しいものとなります。

ビジネスカードローンの審査に通るためには、どのような事に気を付けるべきなのでしょうか。スムーズに審査を通過する為のコツもふまえながら、注意すべき点を挙げてみましょう。

  • 信用実績を積む
  • 事業計画、収支計画等をまとめておく
  • 本当に必要な金額だけを借入希望額とする

通常のカードローンもビジネスカードローンも、審査内容は大きな違いはありません。特に信用情報に金融事故などの履歴が有る場合は、当然審査に受かることはありません。 日頃から支払期日をきちんと守るなどの信用実績を積む必要があるのです。

また、ビジネスカードローンの場合には、経営状況の確認と返済能力の有無を見極める為、しっかりとした事業計画、収支計画を必要書類と併せて提出する事で、返済能力を認めてもらう手だてとなる事があります。これだけの利益は出している、返済能力はありますよとアピールする事も必要です。

どうせ借りるのなら、多目に借りようと、必要以上の借入額を希望する人がいますが、まずは本当に必要な金額だけを借入するようにして下さい。

限度額が大きくなればなるほど審査は厳しくなります。必要な金額だけを借入する、という事も審査をスムーズにクリアする為のコツの一つです。

信用実績を積むことで個人事業主も審査をクリアできる!

前の項目で信用実績を積むことが必要とお話ししました。個人事業主を対象のビジネスカードローンでも、信用情報による審査は重視されます。経営者である事業主が信用を失墜しているのでは、その事業そのものを信頼する訳にはいきません。

日頃からしっかりと信用実績を積む努力をして下さい。信用情報への登録とならなくても、税金や公共料金の支払いも期日を守って支払うようにしましょう。税金は期日を守らなくても平気、電気代や水道代もいつも期日を過ぎて支払う、それが平気になっては信用は失墜してしまいますよ。

期日を守って返済できる人かどうか、カードローン会社の審査は個人の場合もビジネスカードローンの場合も、確認する基本内容は同じです。遅延や延滞をぜったいにしない。そういう気持ちが、信用実績となり、信頼できると見なされるもととなるのです。

返済も借入も計画的に!個人事業主だから出来ること

カードローン審査に無事通ってカードを手にしたら、収支計画通りに計画的な返済を心掛けて下さいね。それがまた信用実績となり、必要な時には限度額の増額にもつながります。個人事業主にとって信頼される事は、何よりも重要な事なのではないでしょうか。

閉じる
閉じる