カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

カードローンの申込を家族や会社に内緒にする為に必要なこと!

カードローンの申込で一番の心配は、家族や会社に借金が知られるのではないかということですよね。出来れば内緒でカードローンに申込したい。そう考えている人も多いのではないでしょうか。

家族や会社に知られることなく、カードローンでの融資を受けるコツを、こちらではわかり易くお話ししています。カードローンは正しく無理なく利用すれば、決して悪いものでも怖いものでもありません。それでも人に知られたくない人必見ですよ。

カードローンを内緒で申込みたい

カードローンに申込たいと思った時に、一番考えるのは誰にも知られずにカードを手にできるかどうか、ということですよね。家族に心配をかけたくない、会社の人に借金するの?と思われたくないというのが素直な気持ちでしょう。

カードローンを誰にも知られずに申込む方法があるのでしょうか。

結論をいうと、大丈夫です。家族に知られることなく申込める方法はいくつもありますよ。

カードローンは計画的に利用するなら、便利で頼りになるものです。どのような申込方法があるのか確認しましょう。

  • 自動契約機でカード発行まで
  • Web完結で自宅にいながら
  • インターネットで申込自動契約機で契約

近くに自動契約機があるなら、自動契約機を利用すれば、家族には知られることなくカード発行までの手続きが完了できます。

WEB完結もインターネットのみで融資までが完了、審査結果を受けて、契約カード発行を自動契約機で行うなど、家族に知られることなくカードを手にすることが可能です。

どの場合にも確認の電話を携帯電話にしてもらうように伝える、審査結果はメールを希望など希望をはっきりと伝えておくとスムーズです。

自動契約機での本人確認書類は運転免許証が必須となる場合もあるので、注意して下さいね。

大切なのは、とにかくスムーズに融資までが行われるように、不備のない申込をする必要があります。携帯電話が繋がらなくて、自宅へ確認の電話があって、家族に知られてしまったなどという事もありますよ。慎重に間違いのないように申込して下さい。

確認しなくてはいけない事柄を作らない

カードローン会社では申込を受けて、審査を行います。申告内容に不明点が有る場合には確認の電話がかかる可能性があります。不信に思われることの無いように、慎重に申告記入して下さいね。

カードローンの申込から融資までの流れ

家族や会社に知られることなく、カードローンに申込む為に、どの部分で特に気を付けなくてはいけないのか、カードローンの申込から融資までのおおまかな流れを確認していきましょう。

1申込(自動契約機、インターネット)→2審査(在籍確認)→3審査結果連絡→4契約(インターネット、自動契約機)→5融資(振込、カード郵送)

上記流れで、気を付けなくてはいけないのは申込後の本人確認電話、審査では在籍確認と結果連絡の方法、契約方法とカード受取です。本人確認の電話は携帯電話で、書類提出はアップロードにより提出することで家族に知られる確率はぐんと低くなります。在籍確認については次の項目で詳しくお話ししますね。

審査結果の連絡はメールを希望すると安心です。契約もインターネットで済ませることが可能ですが、後で契約書類が郵送される場合もあるので、それを避ける為にも、自動契約機で契約し書類を受け取る方がより安全ですよ。自動契約機ならカード発行もその場で出来るので便利です。

自動契約機で誰かに見られるのが心配なら、WEB完結で契約書類送付なしのカードローン会社を選ぶようにして下さい。銀行のカードローンでは、キャッシュカードをそのままローンカードとして利用できるところもあるので、銀行のホームページで確認して下さいね。

カードローンの在籍確認をスマートに終わらせよう

会社にカードローン利用が知られてしまう一番の心配は、在籍確認の電話があるということですよね。カードローンに申込むと必ず在籍確認はあります。しかも確認方法は電話だけなのです。この在籍確認を会社にカードローンの申込と知られることなく済ませる方法についてお話ししましょう。

在籍確認の電話は、当然のことですが、カードローン会社であることは伏せての架電となります。個人名で電話がかかってくるという事です。

いくら個人名でも借金の確認電話だとわかってしまうかも、と思う人もいるでしょう。

それなら、あらかじめ電話がある事を話しておくというのはどうでしょうか。

今日クレジットカードを作ることにしたので、または、電気製品をローンで買う事にしたので、在籍確認の電話があると思う、その時はよろしく。などと電話を受ける事務の人にお願いしておくと、スムーズにスマートに確認が完了するのではないでしょうか。

在籍確認はある程度の希望に添って行われる

勤務先によっては、私用電話を極力嫌うところもあるでしょう。昼休憩の時間など、時間帯を希望できないか確認して下さい。カードローン会社によっては希望に添ってくれる場合もあります。

銀行のカードローンの場合には個人名でなく銀行名での架電を希望する事も可能です。100%希望に添えない事はありますが、相談してみることです。

どうしても勤務先への電話が難しい場合には、電話以外の方法で確認してくれるカードローン会社もあるので、その旨相談して下さい。口座を持っている事が条件になりますが、銀行のカードローンの中でもWEB完結で会社への連絡無しでの融資が可能なところもあるので、申込時にホームページで確認して下さい。

利用も返済も計画的に確実に!家族に心配をかけないように

家族や会社に知られずに、カードローンに申込む方法についてお話ししてきました。家族に内緒にしたいのは、心配をかけたくないからですよね。せっかく家族や会社に知られずにカードを手に入れても、無理な借入で返済できなくなり、延滞して督促の電話が入るようになったり、督促の書面が届くようになったのでは意味がありません。

カードローンの利用は計画的に、返済も遅延や延滞のないように、気を付けるようにして下さいね。カードローンは決して怖いものでも恥ずかしいものでもありません。計画的に利用することで本当に便利なカードとなるのです。それでも借金というと家族も勤務先も良い感じを持ってくれないのも事実ですよね。

使い過ぎて、返済出来ないほどの借金を抱えてしまうのではないかということ、安易にお金を借りることに流されるのではないかということが心配の元となります。その為にもしっかりと計画的な利用を心掛けて下さい。決して督促状などで家族に知られてしまうことのないように、気を付けて下さいね。
閉じる
閉じる