カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

カードローンを家族に内緒にしたい…バレない申込方法あります!

カードローンに申込む人が不安に感じているのは、家族に知られるのでは、ということではないでしょうか。家族に心配をかけたくない、家族にお金を借りることを知られたくない、ということですよね。

家族に内緒でカードローンに申込むことは可能なのでしょうか。こちらではカードローンの申込から融資までの流れの確認と、どのような申込方法や契約方法なら家族に内緒で借入が可能なのかを詳しくお話ししています。安心してカードローンに申込む為の参考にして下さいね。

カードローンの申込から借入までの流れ

家族に内緒でカードローンに申込む方法をお話しする前に、カードローンに申込んだら、どのような流れで融資が行われるのかをまず確認していきましょう。

1申込(インターネット、電話、自動契約機など)→2審査・審査結果連絡→3契約(インターネット、店頭、自動契約機)→4カード発行(融資)

通常では申込を受けて本人への確認があります。確認方法は電話やメールとなるので、もしも電話での確認があれば家族に知られる場合が無いとは言い切れません。

審査結果の連絡も電話であった場合には同様です。

またローンカードは郵送されるので、郵便物が届いた時点で家族にわかってしまう可能性もあります。

家族に知られるとしたらこのような場合です。家族に知られない為にはどうすればよいのでしょうか。

  • ネット完結のカードローンを選ぶ
  • 自動契約機での申込、契約を行う
  • ローンカード不要のカードローンを選ぶ

家族に内緒でカードローンでの借入をする為には、インターネットで申込、メールで確認、自動契約機で契約する。という方法が一般的でしたが、今はスマートに家族に知られずに借入する方法としてネット完結での申込方法がありますよ。

ネット完結というのは申込から借入までをすべてネットで行えるという借入方法で、特に銀行のグループ会社となっている大手消費者金融や大手銀行のカードローンでもWEB完結のカードローン申込を受け付けています。確認して下さいね。

銀行のカードローンでネット完結での申込をした場合にはキャッシュカードでの借入が可能となり、ローンカードの送付が不要となる場合が多いのです。

郵便物が届かないのは家族に知られにくいという事になりますよね。

カードローンのネット完結申込から借入まで

ネット(WEB)完結での申込を受け付けているカードローン会社では申込から借入までの流れはどのようになるのでしょうか。大手消費者金融と銀行のカードローンで確認していきましょう。

1パソコン・スマートフォンより申込→2審査(メールで結果連絡)→3WEB契約(カードレスを選択)→4借入(スマホアプリ・口座振込)

スマートフォン、パソコンから申込して、借入まですべてWEB上のみで完了出来るのは便利ですよね。

ただし銀行の場合や銀行グループ会社である消費者金融は、口座を開設している人に限られるなどの条件があるので注意が必要です。

WEB完結の場合の申込条件

  • 指定銀行の口座を持っていること
  • 社会保険証・組合保険証をもっていること
  • 安定した収入のある人(年齢制限あり)

WEB完結の場合、指定銀行の口座を開設しておく必要があるところが多いのでホームページで確認して申込むようにして下さい。社会保険証など安定した職業であることを証明できる書類の提示が必要な場合もあります。

地方銀行のカードローンの場合には居住地域が限定されている場合もあるので注意して下さいね。年齢や安定した収入が見込まれる人、保証会社の保証を受けられる人という条件ももちろんありますよ。

WEB完結のカードローン申込者の条件は、それぞれのカードローン会社によって違います。ホームページで詳細を確認して条件に合う所を選ぶようにして下さい。メインバンクでWEB完結のカードローン申込が可能な場合には、より有利に融資を受けられる可能性もあります。

h2>電話確認なし在籍確認無しはあり得る?

ネット完結のカードローン申込なら、ネットで申込みから借入までをすべて完了できるとお話ししました。それなら電話確認や在籍確認も無しで借入ができるのでしょうか。確認していきましょう。

結論をいうと、確認の電話はメール等での確認が可能な場合は原則無しで対応可能です。

在籍確認は勤務先への在籍を確認する為の大切な審査です。基本的にはどのカードローン会社であっても、在籍確認は行われると考えて下さい。

ただ、勤務先がどうしても在籍確認に応じてくれない。私用電話に対して拒否される可能性が高いなどの理由がある場合には、直近の給与明細での在籍確認を行う業者もあるので、相談してみるとよいですよ。在籍確認については様々な配慮もしてもらえます。

在籍確認の電話をスマートに終わらせる為に

カードローンでお金を借りることは家族にも知られたくありませんが、勤務先の人にも知られたくないですよね。原則在籍確認は勤務先への電話で行われますが、もちろんしっかり配慮して貰えるので安心して下さい。在籍確認はどのように行われるのか確認しましょう。

  • 電話はカードローン会社名ではなく個人名でかかる
  • 在籍の確認だけなので席空きであっても再度かかる事はない
  • 架電時間など、要望があればそれに応えてくれる

在籍確認の電話は会社名ではなく個人名で「○○と申しますが、△△さんはいらっしゃいますか」という風にかかります。在籍がわかれば良いので、席を外していても再度電話はかかりません。「今外出しています」「席を外しています」という回答だけでも在籍は確認出来るのです。

会社によっては仕事中の私用電話に対して不信感をもたれる場合もありますよね。

休憩時間などに掛けて欲しい等の要望があればきちんと伝えて下さい。その時間帯に架電するなどの配慮をしてもらえます。

電話を受ける人に、在籍確認の電話があることをあらかじめ伝えておくのも一つの方法です。クレジットカードを作ったので、とかローンで買い物をしたので、とか、理由を言っておくとスムーズに終わらせることができますよ。

返済遅延や延滞は家族に知られる一番の原因

カードローンの申込で家族に知られない申込方法についてお話ししましたが、家族に知られることなくカードレスでの借入が出来て安心してしまい、うっかり返済期日を忘れてしまっていた。などという事があっては元も子もありません。

返済遅延があった場合には、電話での督促や文書による督促が避けられないからです。

せっかく家族に分からないように借入をしたのに、この督促状によって知られてしまう人が多いので充分気を付けましょう。

遅延してしまった時の対処方

うっかり遅延してしまった時には、すぐに遅延した事を連絡しましょう。そして即振込返金する旨伝えることです。ATMでの振込なら即日対応となります。振込が行われれば、督促の電話などがかかる事はありません。連絡が遅くなると行き違いに文書が出る可能性があるので注意して下さいね。

カードローン申込で家族に知られずに借入する方法はさまざまです。申込時に家族には知られたくないと伝えることで、電話は携帯電話へ掛けてもらったり、カード郵送を避けて、カード不要を希望することも出来るので、各カードローン会社のホームページで確認して下さい。

急な出費に備えるカードローンは、計画的に利用すれば決して悪いものではありません。家族に心配を掛けない為にも、無理な借入はしない事です。必要な時に必要な金額のも借入し、きちんと計画的に返済するのなら、家族に心配をかけることは何も無いといって良いでしょう。
閉じる
閉じる