カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

カードローン秘密に借入する為に押さえておきたいポイントはここ!

カードローンに申込したいけれど、家族や勤務先に知られるのではないかと心配、という声をよく耳にします。申告した内容についても秘密は守られるのか、それも気になりますよね。

こちらでは、そういった不安の声に分かり易くお答えしています。家族や勤務先に知られずに、カードローンの審査をスマートに通過するコツについてもお話ししていますよ。参考にして下さいね。

カードローン申込時の申告内容について

カードローンに申込む時には、申告書へ細かい内容の記入が必要となります。カードローン会社ではその申告内容に沿って審査を行い、返済能力の有無を確認して融資をするかどうかを見極めます。申告内容にはどのような項目があるのでしょうか。

  • 住所・氏名・生年月日・電話番号
  • 勤務先・勤務形態・勤続年数・年収
  • 家族構成・居住形態
  • 他社での借入額など

大まかには上記のような申告内容となります。個人的な情報を記入するので、その情報が流出しないように当然カードローン会社では、情報は審査に利用する旨明記されていますよね。

個人情報やカードローンに申込んだという情報は他人に知られる事のないように、注意を払われるので安心してください。

申告内容は多項目に及びますが、特に審査上重要視されるのは住所氏名年齢、勤務先、他社借入などになります。審査方法や内容については次の項目で詳しくお話ししていきますが、本人確認、勤務先への在籍確認などもカードローン申込を家人や勤務先に知られないか、秘密は守られるのかと不安に感じる人が多いです。

審査では個人の秘密は厳守されます。そしてカードローンの利用についても、日頃から無理のない利用を心掛けて、遅延や延滞を起こさない限り、家人に秘密が明かされることは無いと考えます。

それでは具体的に家人や他人にカードの申込や利用を知られない為には、どのような事に気を付けるべきかを確認していきましょう。

カードローン審査と利用の秘密を守る為に

カードローンに申込むと、申告内容を確認し審査が行われます。カードローン会社によって審査内容には多少の違いはありますが、大きく分けると、審査は属性によるものと個人信用情報によるものに分けられます。

属性というのは申込本人の現在の状況、年齢や勤務先、勤続年数、家族構成、年収などですよね。属性審査では、多くのカードローン会社が項目別に得点評価し、その総合得点が審査の合否の目安となります。

個人信用情報は個人信用情報機関への照会によって審査されます。

個人信用機関は3社ありますが、特に金融事故履歴に関してはその3社の情報は共有できるため、金融事故の履歴がある場合には審査に通ることはまずありません。

カードローン申込から融資までの流れ

カードローン申込にあたって、その秘密を守りながら審査を通過し、借入する為にはどのような申込方法がよいのか、また借入はどのようにすればよいのかを確認していきましょう。まず、借入までのおおまかな流れをみていきましょう。

1申込(インターネット)→2審査・審査結果連絡(メール)→3契約(インターネット・自動契約機)→4借入(口座振込・カード発行)

上記の流れでわかるように、インターネットで契約、借入までをすべて行える場合と、インターネット等で申込、審査結果を受けて自動契約機で契約し、カード発行から借入となる場合が、家人にも知られることなく申込める方法といえるのではないでしょうか。

カードローン会社によっては、一定の条件をクリアできれば、インターネットで融資までを確認連絡無しで完了できる、WEB完結での申込も行えます。条件は指定銀行口座を開設していること、社会保険証(組合保険証)を持っていることなどが挙げられます。

WEB完結の場合には、申込から融資までインターネットで完了する為、本人確認などの電話連絡、また審査状況にもよりますが、勤務先への在籍確認が無い場合もあり、秘密を守りたい人にとっては、安心できる申込方法となりますね。通常のインターネット申込の場合は在籍確認は行なわれるので注意が必要です。

カードローンの審査をスムーズに終らせるコツ

どのような申込方法にしても、審査は必ず行われ、返済能力有りとみなされた場合にのみ、借入可能となるカードローンですが、審査をよりスムーズに通過する為にはいくつかのコツがあります。どのようなことに気を付けるべきなのかも併せてお話ししていきますね。

  • 申込条件をしっかりと確認する
  • 必要書類をあらかじめ用意しておく
  • 申告内容に不備などがないよう気を付ける

特にWEB完結での申込の場合、インターネットで申込から借入までが完了し、確認電話なども無いため、秘密の内にカードローンへの申込を希望する人は利用したい申込方法ですよね。

ただWEB完結には、指定銀行の口座を持っていることが条件の場合が多いです。しっかりと確認した上で申込んで下さいね。

必要書類も、社会保険証などのコピーや収入証明書が必要というカードローン会社もあるので、あらかじめ確認して用意しておくと慌てずにすみますよ。申告内容に不備があったために、自宅に確認の電話がはいり、家人にわかってしまったなどという事のないように、申告内容に不備や間違いのないようにしてください。

日頃から信用実績を積むようにする

審査をスムーズにクリアするには、日頃から返済や支払に遅延することなく、信用実績を積む努力をする必要があります。信頼おける顧客であることが審査通過の一番の条件です。審査をスムーズにクリアすれば、特に確認の電話などで家人に知られることなく、秘密はしっかりと守られることにもなりますよ。

また申告内容など個人情報の秘密が守られるのか、心配な場合には、できるだけ大手のカードローン会社を選び、規約をしっかりと確認した上で、申込むようにすることをお奨めします。大手カードローン会社なら、個人情報の扱いにも細心の注意をはらってもらえます。WEB完結でスピーディーな借入も期待できます。

秘密を守りながら無理なくカードローンを利用する

カードローンへ人に知られることなく秘密に申込む方法や、申告した情報は守られるのかという不安についてお応えしてきましたが、おわかりいただけたでしょうか。カードローンは審査を通過したなら、借入限度額以内であれば自由に何度でも借入可能で、本当に便利に利用できますよね。

カードレスで口座への振込融資が可能、銀行のキャッシュカードでスマートに借入できる、と人の目を気にせずに借入できるカードローンがあるのも嬉しいですね。

これなら家人に心配をかけることなく、秘密に借入をすることができますよね。

便利に利用できるカードローンですが、無理な借入をしたために、家人に知られてしまったという事もあるのです。どのような事で秘密がばれてしまったのか、いくつかの例を挙げてみましょう。

  • 返済遅延や延滞で督促状が届いてしまった
  • 申告内容に変更があり確認の文書が届いた
  • 他社への借入が増え収入証明書提出の文書が届いた

家人に知られてしまう一番の原因は、自宅宛てに文書が届くことだとわかります。日頃から無理なく計画的な利用を心掛けていれば、返済遅延や延滞は防げます。うっかり返済期日に遅れてしまった場合には、速やかに返済し、督促状が届かないように注意しましょう。

勤務先の変更や住所の変更など、申告内容に変更があった場合は速やかな届け出が必要です。結婚して実家を出た、電話番号を変更した、なども必ず届出を行いましょう。

消費者金融の場合は他社借入が増えたことで、収入証明書提出の文書が届き、家人に借入が知られてしまったという例もあります。総量規制対象の場合、特に注意が必要です。もちろん銀行のカードローンの場合でも、途上与信で利用状況に不信感をもたれた場合には文書などで確認される事もあるので気を付けて下さいね。

カードローンを人に知られることなく、秘密に借入したい。これは多くの人が思っていることですよね。条件が合えばWEB完結での申込を行い、スムーズに審査をクリアできるように日頃から信用実績を積む努力をする、利用は無理なく計画的に行うなど、カードローンを上手に利用して豊かな生活を目指しましょう。
閉じる
閉じる