カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

カードローンは計画的に上手に使えば決して怖いものではない!

カードローンは便利とわかっていても、何となく怖くて申込を躊躇してしまう人がいますよね。カードローンのことをしっかりと知って、上手に計画的に利用することで、そんな不安を無くしてください。

こちらでは、カードローンの申込から借入まで、そして、上手な利用方法もあわせてお話ししています。カードローンが怖いのではと、不安に思っている方必見ですよ。カードローンのこと、いろいろと知って下さいね。

カードローンを怖いと思うのは何故?

いつもより出費が多くなった月、給料日までに少し日にちがあるのに、急にお金が必要となった時、カードローンは便利に利用できるものです。それでも申込を、何となく怖くて…と躊躇されるのは、どのような理由からなのでしょうか。

  • お金を借りることに抵抗がある
  • 金利が高いイメージがある
  • 借金が癖になってしまうのが怖い
  • 審査に落ちるのが怖い

まず第一に、お金を借りるということへ抵抗を感じる人が多いようです。借金というのはやはり嫌というのが実情ですよね。また金利が高いイメージがあり、怖いという人もいます。借金が癖になってしまうのではないかというのもカードローンを敬遠する理由のひとつです。

確かにお金を借りるというのは、かなりマイナスなイメージとなるのかもわかりません。潤沢な蓄えがあればお金を借りる必要はないといえますから。

でも考え方はいろいろで、今楽しみたいことをカードローンで叶えてゆっくりと返済するなど、カードローンを上手に利用している人もたくさんいます。

カードローンを怖いものと決めてしまわずに、さまざまな利用方法や、上手にお得に利用するにはどのような利用を心掛けるべきなのかを、確認していきましょう。また、申込時の審査に落ちるのが怖いという人のために、審査についてもどのように行われるのか、あわせて確認しましょう。

カードローンを便利に使う

カードローンはカードを使い、いつでもATMでお金を借入することができる便利なものです。たとえば今月は出費が多いのに突然の食事会に誘われた、それも給料日前に限って…などということがありますよね。そんな時、1万円だけ借入して給料日に返済することも可能ですよ。

利息も借入した日にち分だけ、というのも安心して利用できる理由のひとつです。

使用してみると、カードローンの良い点はわかって頂けると思います。カードローンは決して怖いものではないのです。

カードローンを安心して使う為に審査はある

カードローンの申込で不安なこととして、審査に落ちることを挙げる人も多いですよね。カードローンに申込むと必ず審査があります。カードローンは無担保でお金を貸すのですから、返済能力があることを確認するのは当然のことですよね。

審査は属性と個人信用情報により行われますが、信用情報は各個人信用情報機関への照会で行われます。個人信用情報では過去の信用情報履歴などが確認できるので、日頃から信用実績を積むことが大切になります。金融事故履歴などがある場合には、まず審査を通過することは出来ませんよ。

いいかえれば、カードローンの審査を通過した人は、返済するだけの収入も信用もあるという証拠となります。カードローンが安心して使用できるのは審査があるからともいえますよね。それでも審査落ちが不安という人の為に、審査を無事通過する為に必要なポイントをいくつか挙げてみましょう。

  • 支払期日を守るなど信用実績を積む
  • 属性では勤続年数や申込条件に気を付ける
  • 特に総量規制対象の場合借入希望額に気を付ける

カードローン審査の基本は返済能力があるかどうかの見極めです。他社や通販、クレジットカードなどの支払期日に遅れることなく支払する。公共料金などの支払期日をしっかりと守る、という姿勢が大切なのです。

また申込条件が65歳までとなっているのに66歳で申込んでも審査には通りませんよ。

得点評価を審査の目安とする属性では、例として勤続年数は半年未満と半年以上では得点がまったく違ってしまう可能性があります。あと少しで半年以上、または1年以上という時には、少し時期を待ってでも申込むようにした方が良いでしょう。もちろん点数は総合的なもので判断されますが、少しでも優位な方が良いですよね。

総量規制対象の消費者金融では、年収の3分の1以上の貸付は規制されています。他社借入限度額も含め、年収の3分の1を超えない希望限度額での申込が必要となります。また50万円を超える貸付、他社との合計が100万円を超える場合には収入証明書が必要となります。無理のない額での申込が良いでしょう。

カードローンの金利は引き下げられた!?

カードローンといえば、金利が高い、多重債務などのマイナスイメージが大きく、やっぱり怖いと考えられがちですよね。少し前の消費者金融のカードローンには確かにそんなイメージがあり、高金利の為に返済してもなかなか完済まで辿りつけず、借りては返し、返しては借りるという悪循環もありました。

そういった状況から抜け出し、健全なカードローンを目指すべく貸金業法の改正が行われ、イメージは一新されました。どのような点が改正され、どのように変わったのかを確認しましょう。

  • 利息制限法で安心の金利設定
  • 総量規制による過剰貸付の規制
  • 他社貸付の合計での貸付規制

カードローンの金利は改正前は利息制限法の上限と、出資法の上限に差がありましたが、改正後は出資法の上限金利が引き下げられ、上限利息は実質年率18%(10万円未満20%)に決められたことで安心の金利設定が実現しました。

総量規制では年収の3分の1以上の貸付が制限され、50万円以上の借入と、他社借入の合計が100万円を超える場合には、収入証明書の提出が義務付けられました。過剰貸付を規制する為の貸金業法の改正は、顧客のためといえますよね。

多重債務から顧客を守る法律のこと

前の項目でお話ししたように、貸金業法の改正により、それまでのカードローンのイメージは一新され、安心して利用できるようになりました。貸金業法は、何枚もカードを持ち借入を重ねてしまう、そんな多重債務から顧客を守る為に改正された法律なのです。

しっかりと法律で規制されているカードローンは、怖がらずに安心して利用できるのだと、分っていただけたと思います。カードローンは怖いものだと考えずに、しっかりと内容を確認した上で、安心して申込んで下さいね。

カードローンのメリットデメリット

カードローンそのものは怖いものではなく、ほんの少しだけお金が足りないという時に、心強い味方となってくれる便利なものです。

もちろんカードローンを利用する上で、気を付けなくてはいけない点もいくつかあります。続いてカードローンのメリットとデメリットをお話ししましょう。まずはメリットについてです。

  • 他人に知られず借入ができる
  • いざという時にも心にゆとりができる
  • 一括返済や随時返済など計画的に利用できる

全国の提携ATMで借入できるので、いつでも他人に知られずに利用できるのが良いですよね。今月ピンチ、と思ってもカードローンがあれば気持ちにゆとりが生まれます。親や友達に借金するのは気が引けますから。

必要な時に借りてすぐに一括返済もでき、まとまった金額を借入した場合でも、月々の返済額に加えて随時返済も可能なので、返済計画がしっかりと立てられるのもメリットといえるのではないでしょうか。

カードローンのここに気を付ける

カードローンを怖いものにしてしまうのは、その使い方に原因があると考えられます。

カードローンのデメリットを含め、カードローン使用について気を付けなくてはいけない点を確認していきましょう。

  • 借りる事があたりまえにならない
  • 完済してから次を借りるなど計画をたてる
  • 高額の借入に対しては支払利息も大きくなる

カードローンはATMで簡単にお金を引き出せるのがメリットでもあります。それだけについつい借り過ぎてしまうことにもなりかねません。借りるのだ、借金なのだという自覚を持ち、無理のない借入を心掛ける必要があります。

それにはしっかりとした借入計画、返済計画をたてた上で借入することが大切となります。くれぐれも返済しても、すぐにまた借入して完済できなくなるなどという事のないように、計画的な借入をして下さいね。

利息制限法の改正で、消費者金融のカードローンも無理のない金利設定となっています。

それでも高額の借入や重ねての借入で返済が長引くと、支払利息はそれだけ大きくなります。しっかりとした返済計画を立てることで、利息の支払を最小限に止めることが可能なのです。

カードローンを上手に使えば豊な生活が実現できる

カードローンにはメリットもデメリットもありますが、きちんと計画的に利用すれば便利で、いざという時にはとても役に立つ、そして決して怖いものではないことをお分かりいただけたと思います。怖いものではないばかりか、カードローンを上手に使うことで、よりゆとりのある生活が実現できるのです。

カードローンをよりお得に使う方法

  • 利息は借りた日数だけ
  • 楽しみは先取りしてゆっくり返済する
  • 土日に借りて月曜日に返済

多くのカードローン会社では、一括返済や随時返済が可能なので、給料日前に急にお金が必要になった場合など、カードローンで借入し、給料日に一括返済をするのなら、利息は給料日までの借入した日にちのみとなります。例えば2万円を、年率18%で7日間借りた場合の利息は次のようになります。

20,000円×18%÷365日×7日≒69円

支払利息はなんと69円です。利息は借りた日にちだけ、というのは嬉しいですよね。まとまったお金が入る予定が1ヵ月先なのに、今なら10万円の旅行ツアーが7万円などという割引ツアーがあるのなら、迷わず楽しみを手に入れましょう。

100,000万円×18%÷365日×30日≒1,480円

単純な利息計算ですが、30日後に一括返済した場合には利息は1,480円です。利息を支払ってもずいぶんお得に旅行を楽しむことができるのです。一括で返済するだけでなく、月々定額での返済に加えて、随時返済を行って早めに完済するのも、カードローンの上手な使い方といえますよ。

カードローンの借入の為のATMの使用手数料は、無料の場合が多く、銀行のキャッシュカードで自分の預金を下ろしても手数料がかかります。土日に必要になったお金をカードローンで借入して、月曜日に一括返済という事も今のカードローンでは可能だということになります。

その場合にも利息は借りた日にち分だけです。一括返済の可能なATMもあり、手数料がかからず返済できるのも大きな魅力です。カードローンを上手に利用すればよりゆとりある生活を送ることも可能なのです。カードローンは怖いと思わずに、カードローンを上手に使って楽しんで下さいね。
閉じる
閉じる