カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

カードローンで今すぐお金を借りる為にはスムーズな審査が必要!

今すぐにお金が必要!カードローンへの申込みをしたいけれど、即日融資してもらえるの?カードローンの即日融資にはスムーズな審査が必要になります。審査で融資可能となれば、もちろんその日の内に借入が可能ですよ。

こちらでは迅速な審査で即日融資が可能なカードローンについて詳しくお話ししています。迅速な審査の為にはどのようなことが必要なのかもポイントをあげて説明しています。即日融資を可能にする為に、ぜひカードローン申込みの参考にして下さいね。

今すぐお金が借りたいならカードローン

すぐにお金が必要だけれど、家族には心配をかけたくないし、どうしよう。そんな時には安心して利用できるカードローンが便利ですよ。でもお金を借りることに抵抗のあるという人もいますよね。カードローンについて貸付条件などを確認してみましょう。

カードローンには消費者金融系のものと銀行系のものがあります。迅速な審査なら消費者金融、と以前はいわれていましたが、大手消費者金融が大手銀行のグループ会社になるなど現在ではほとんど大きな差がなくなったと考えてよいでしょう。

ただ、即日融資に関しては銀行のカードローンで、原則自粛することが決定したようです。その事もふまえて消費者金融と銀行のカードローンを比較してみましょう。

消費者金融カードローン 銀行カードローン
実質年率 上限18%
(10万円以下は20%)
上限は14%くらいが多い
貸付限度額 最高500万円くらい
総量規制あり
最高800万円くらい
総量規制対象外
専業主婦 本人無収入の場合は不可 配偶者に収入あれば申込可
(限度額規制あり)
即日融資 状況により即日融資可能 即日融資不可の場合が多い

銀行のカードローンは金利設定の低さに定評がありますが、貸金業法改定以来、消費者金融のカードローンの金利も実質年率の上限が18%と、決して高い金利設定ではありません。その点も安心して利用できますね。

総量規制の為、消費者金融では年収の3分の1以上の貸付が不可となっています。

他社との借入合計が年収の3分の1以内ということなので、限度額に関しては最高額は銀行と変らなくても、実際の貸付額は申込者の年収によることになります。

当然ですが無収入の専業主婦の場合は消費者金融のカードローンに申込むことは出来ません。配偶者に収入がある場合には銀行のカードローンへの申込みは可能な場合もありますよ。ただ、現状では銀行のカードローンは即日融資が難しくなっていることも事実です。

今すぐ借りたいに対応するカードローン

銀行のカードローンは即日対応が難しくなったのですが、銀行のカードローンでも、すでに口座を持っている人には迅速な貸付を行ったり、自動契約機を備えている銀行もあるので、その日の内に融資が可能かどうかの確認をして下さいね。

消費者金融のカードローンの場合には、大手では即日融資に対応しているところがほとんどといってもよいでしょう。

自動契約機での申込みを受け付けているところも多く、インターネットで申込み、自動契約機で契約する方法を選ぶ人も多いようです。

即日融資には迅速な審査結果が必要!

今すぐ融資を期待している場合には即日融資の可能なカードローンを選んで申込む必要がありますが、即日融資には迅速な審査が必要になります。迅速な審査の為にはどのようなことが必要となるのでしょうか。

  • 申告内容に間違いや不備のないようにする
  • 希望融資額は高額にしない
  • 必要書類などはあらかじめ用意しておく

何よりも迅速な審査に必要なことは、不備の為に余分な時間を使わないということです。

申告内容に間違いがあると確認に時間がかかってしまい、即日審査回答が難しくなる場合があります。また会社の電話番号や部署名に不備があり、在籍確認が取れず審査否決となった例もありますよ。

消費者金融の場合は総量規制の為に、50万円以上の貸付に関しては収入証明書提出が義務付けられています。言いかえれば50万円未満の場合は本人確認書類のみで収入証明書が不要な場合が多いということになります。迅速な審査を希望なら融資額は抑え目にした方がスムーズに審査が進む可能性が高いです。

もしも50万円以上の金額を申込む場合、収入証明書などの必要書類は早めに用意しておくと慌てずにすみます。審査をスムーズにクリアする為のポイントは何といっても不備のない申込みを心掛けるということですね。

借入までの流れを確認しよう!

それでは続いて申込みから借入までの流れについて確認していきましょう。即日融資に対応できる申込み方法や契約方法についてもお話ししていきますね。

1申込(インターネット・自動契約機・電話)→2審査結果連絡(メール・自動契約機・電話)→3契約(インターネット・自動契約機)→4融資

即日融資の場合、インターネットで申込し来店、自動契約機で本契約というのが一般的の流れですが、インターネットのみで完結する方法もあります。融資は口座への振込融資、または自動契約機でカード発行後、カードにて借入というのが一般的でしょう。

まず、申込するカードローンが即日融資に対応しているかどうかを確認しましょう。その上で、インターネットで申込ます。もちろん近くに営業店や自動契約機がある場合には出かけていって申込みから融資までを完了するのが手っ取り早いのですが、自宅に居ながらというのならインターネットでの申込みが便利です。

インターネットでは審査結果もメールで連絡を受けられます。特に急ぎで無い場合はインターネット契約、または契約書類等を郵送し、カードが手元に届いてから借入することになります。自宅にいながらカードを受け取ることが出来るので一番多く利用されている申込み方法ですよね。

契約方法によって可能な即日融資

どうしてもその日の内に借入したいというのであれば、お話ししたように、インターネットで申込み、審査結果を受けて来店する、または自動契約機で契約すれば、即日融資が可能ということになります。

インターネットで契約まで済ませた場合には、カード発行され手元に届くまで日にちがかかるのですが、契約後口座への振込融資が可能な方法もあります。

電話の申込みでも即日融資希望と伝えることで審査状況にもよりますが、即日に指定口座に借入金を振込んで貰える場合が多いので確認して下さいね。

審査を無理なく通過するコツ

即日融資の為には即日融資が可能なカードローン会社を選ぶ事、そして迅速にスムーズに審査を完了する事が必要になります。

続いて審査をスムーズに無理なく通過するためのコツについてお話ししていきましょう。

  • 日頃から信用実績を積む努力をしておく
  • 年収に対して無理のない借入額を希望する
  • 同時に複数社への申込みをしない
審査は申込者の返済能力の有無を確認する為に行うものです。何といっても信用のおける人でなければいけません。信用情報に金融事故の履歴がある場合は即審査否決となるでしょう。同様に遅延や延滞は信用を失墜させます。日頃から支払期日に遅れないなど、信用実績を積む努力が必要です。

消費者金融では総量規制の為、年収の3分の1を超える貸付はできません。年収が240万円の人なら80万円以内となります。もしも他社での借入が30万円あったとしたら50万円以内となりますよ。申込金額は50万円以内にする必要がありますよね。

審査を恐れるあまりに、何社かへ同時に申込をする人がいますが、これはかえって審査を通り難くする原因となります。

申込の履歴は半年は残るので注意して下さいね。

計画的に借入!無理なく返済!

カードローンは今すぐお金が必要になった時、カード1枚で簡単に借入や返済ができる便利なものです。計画的な利用でより豊かな暮らしを手にいれることが可能です。そして返済期限を守り利用することで信用実績もしっかりと積むことができるのです。

閉じる
閉じる