カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

カードローンでの借入で返済地獄に陥らない為に気を付けたい事

カードローンを利用した事のある人なら、その便利さはわかりますよね。カードでいつでも好きな金額の借入が可能で、年中提携のATMで利用できるのですから、カードローンを多くの人が所有しているのも肯けます。

ただ、カードローンは便利なだけに、そのデメリットにも注目しなければいけないのです。好きなだけお金が借りられる、もちろん限度額はありますが、自分のお金を下ろすように、ATMでの出金が可能なので、ついそれが借金であると忘れてしまいがちです。

借金が多くなり、返済地獄に陥ってしまったというのは、決して昔の話しだけではないのです。こちらでは計画的に、上手にカードローンを利用する方法などをお話ししています。

カードローンのメリットデメリット

今月は出費が多く、給料日までお金が少し足りない。そんな時、カードローンが手元にあるとすぐにお金を引出せて、便利です。コンビニのATMでも簡単に借入ができるので、お金が足りないとドキドキする事もなくなります。

カードローンはいざという時の強い味方になってくれますよね。

でも、そのカードローンも利用の仕方を間違ってしまうと、返済地獄などというピンチに陥ってしまいます。カードローンには便利というメリットだけではなく、デメリットもあるのです。

カードローンを上手に利用する為に、デメリットについても知っておかなくてはいけませんよね。どのようなメリット、デメリットがあるのか確認してみましょう。

カードローンのメリット

  • 手数料がかからずいつでもATMを利用できる
  • 使った日数だけの利息で利用できる
  • 随時返済で計画的な返済ができる

全国の提携ATMで、いつでも希望の金額が引出せるのは大きなメリットといえるでしょう。カードローン会社によっては、ATM使用手数料がかからず借入できるのもうれしいですよね。

以前のカードローンでは、金利面での不安などもありましたが、利息制限法の改正によって、消費者金融の実質年率も上限がはっきりと決められたので、その心配も無くなりました。

借りた日数だけの利息で借入できるというのも安心できるメリットのひとつです。

今のカードローンのイメージは、豊かな生活の為に借入して、計画的に返済していくという感じで、借金に追われるというイメージではなくなりました。

無理のない借入と計画的な返済が可能なカードローンとなり、それもカードローンのメリットといえるのです。

カードローンのデメリット

カードローンのメリットについてお話ししましたが、便利なカードローンでも、使い方によっては今でも返済地獄に陥る人がいるのは事実です。これはカードローンのデメリットというよりも利用の仕方が悪いともいえますよね。他にどのようなデメリットがあるのでしょうか。

  • 簡単にお金が引出せるので借金という感覚がない
  • 重ねて借入する為どれだけの借金があるか把握できない
  • 返済の為に借入する生活になってしまう

カードローンのメリットでお話しした、簡単にいつでもお金を引出せる、というのは言いかえれば、借金という意識がなく、自分のお金を引出しているような感覚で借入してしまう、ということになります。

借入したお金を完済する前に、限度額まで重ねて借入してしまい、返しては借りるという事を繰り返してしまうと、どれだけの借金になるのかが把握できないという事になってしまいます。

いつか借入が出来なくなってしまった時、返済もまた滞ってしまう可能性も出てきます。これはカードローンをあまりに簡単に無計画に利用してしまった事でのデメリットといえるでしょう。

返済不可能になった場合どうなる?!

カードローンのデメリットである、返済ができない程借入してしまい、返済不能となってしまった場合、どのような状態になるのでしょうか。それは今後の信用情報にどう影響するのでしょうか、確認していきましょう。

期日までに返済出来ない。これは遅延となります。督促の電話などがありますが、返済すれば大きな問題にはなりません。ただ、度重なって遅延がある、督促をしてもなかなか返済してくれない、延滞状態が続く場合には信用情報に登録され、3ヵ月以上の延滞は金融事故としての登録となります。

金融事故の履歴が登録されてしまうと、長い年月履歴が消えないので、何年か経ったので大丈夫だろうと、他社のカードローンに申込んでも、審査に通る事はできません。この情報は各カードローン会社や銀行などでも照会される為、カードローンだけでなく、すべてのローンでの審査落ちの原因となるのです。

信用情報のクレジットヒストリーは審査の大きな目安となる

信用情報に登録されるのは、金融事故だけではありません。クレジットカードや通販での物品購入の支払い状況なども、登録されるのです。

申込者のクレジットヒストリーは審査可否の大きな目安のひとつとなります。どうせ返済するんだから、少し遅れてもかまわないだろう。そういう気持ちが信用を失墜するのです。

カードローンで返済地獄に陥るというのは、カードローンの使い方に問題があるのです。

そういった無理な借入をした事のある人が、何の審査であっても通過することはまず無いといって間違いはないでしょう。

何度もいいますが、しっかりと計画的に利用すれば、カードローンは便利なものです。

次の項目では、返済地獄に陥らない為にどのような事に注意が必要なのか、どのような利用を心掛けるべきなのかをお話ししていきますね。返済に追われる日々を送らない為にも、信用情報にマイナス履歴を残さない為にも、上手なカードローン利用を心掛けましょう。

返済地獄に陥らない為のカードローンの使い方

カードローンで返済に追われる、返済地獄に陥る、それはどのような事から起こってしまうのでしょうか。またどうすればそれを回避することができるのでしょうか。

  • 借りた金額を完済してから次の借入を行う
  • ATMで引出しているのは借金だと自覚する
  • 返済計画は随時返済をまじえながらしっかり立てる

カードローンは限度額までは、重ねての借入が可能です。それでも一旦、借りたお金は完済するまで返済のみを行いましょう。それには返済計画が大切になります。毎月の返済額に加えて、余裕のある月には随時返済、一括返済なども視野にいれて完済を目指しましょう。

完済してから、次の借入を行うようにすれば、借金がいくらあり、いつ完済予定なのかが明白になります。

返済に追われるという事にはならないですよね。期日にしっかりと返済していく。これは信用情報にプラスの履歴として登録されますよ。

そして最も大切なのは、カードローンはあくまでも借金であるという自覚を持つことです。簡単に現金が引き出せる便利さで、借金と自分のお金の区別がつきにくくなってしまうのです。借金であると自覚した上での計画的な借入が、返済地獄などないカードローン生活を送る基となるでしょう。

信用情報に返済地獄の履歴を残さないようにしよう

カードローンを上手に利用して計画的に返済を行い、信用情報に良い履歴を残す事もあれば、返済地獄の為に延滞してしまい金融事故履歴を残してしまう場合もある。カードローンは利用の仕方で、まったく対照的な結果をもたらしてしまうのです。

一度信用を失墜したら、長い年月信頼を取り戻すことは出来ないのです。新たにカードローンに申込んでも審査には通りません。カードローンの使い方ひとつで人生が変わってしまうといっても大げさではない程です。

カードローンでの借入は借金であることと自覚し、返済、借入を繰り返さない。また返済計画をしっかりと立てることで、一日も早く完済することや、無理のない返済も望めます。どうぞ計画性のある利用を心掛けて下さいね。
閉じる
閉じる