カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

複数社での借入を1社へ借り換えすることのメリットデメリット

複数のカードローンでそれぞれ借入をしていると、うっかり引落日を忘れてしまったり、余分な金利がかかったり、何とか一つにまとめられないかと考えることがありますよね。もしも高い金利で借入しているのなら、一つのカードローン会社に借り換えも良いでしょう。

こちらでは借り換えについて、メリットデメリットを含め詳しくお話ししています。おまとめローン借り換えローンを検討されている方必見ですよ。よりお得に上手に借入返済する為にぜひ参考になさってくださいね。

カードローンの借り換えとは

カードローンは限度額以内なら何度でも借入が出来る便利なものです。今では借入限度額も年収の3分の1以内と規制されていて、以前のように多重債務に悩む人も少なくなったのですが、それでも複数のカードローンでの借入をそれぞれに月々返済している人は多いです。

例えば3社のカードローンで、それぞれ20万円ずつ借入している場合、合計の60万円を一つのカードローンで借り換え、一か所だけの月々返済に切り替えることを借り換えといいます。ローンをまとめることで、おまとめローンともいわれていますよね。

ここで気を付けなくてはいけないのは、借り換えは今までの借金は返済するけれど、新たに一つのカードローン会社で借入をするという事です。

まとめて借入れすることで金利面などで本当に有利になるのかをしっかりと考えて借り換えをする必要があるのです。

借り換えには何が必要?

  • 返済期日に遅延や延滞がないか
  • 今後返済のみを行えるか
  • 月々の返済額を抑えるか返済総額を抑えるか

借り換えする場合、必要な心構えがあります。まず借り換えローンにも当然審査があります。今の借入に遅延や延滞があった場合には借り換えは不可能です。

借り換えは、借入額は返済のみを行い、通常のカードローンのように借入が出来ない場合が多いのです。おまとめローンで返済したのに、また完済したカードローンで借入したのでは同じことになってしまいますよ。

借り換えで必要なのはしっかりと計画的な返済を行うことです。月々の返済額を少なくすると利息を含めた返済総額が大きくなってしまいます。月々の返済額をしっかりと計画して、利息の額を抑える必要があります。

総量規制とおまとめローン

今借入しているカードローンが消費者金融の場合、総量規制により借入限度額は年収の3分の1以内とされています。おまとめローンを利用することは難しいのではないの、と不安に思う人もいるでしょう。

年収300万円の人で、借り換え予定の合計借入額が120万円だとしたら、総量規制の年収の3分の1を超えています。総量規制対象外の銀行のカードローンでないと借入できないのでしょうか。

実は総量規制には例外、除外があり、一方的に顧客の利益となる場合には例外として総量規制が適応されないのです。

借り換え、おまとめローンは顧客の利益となるものとして年収の3分の1を超えても融資可能となっています。

銀行の借り換えおまとめローンは金利が魅力

消費者金融で借り換えをする場合には、金利設定は今借入しているものとあまり変わらない可能性があります。もちろん高額借入の場合は金利設定も借入限度額に合せて低くはなっていますが、少額の場合は金利設定のより低い銀行のおまとめローンを利用するのがよいでしょう。

借り換えの場合には特に金利設定で総返済額が大きく変わるので、しっかりと確認した上で借り換えを行う業者を選ぶ必要があるのです。シミュレーションで返済総額が利息によってどれだけ違うかも確認して下さいね。

借り換えは本当に得?借り換えのメリットデメリット

借り換えは本当に得なのか、返済総額がどれだけになるのか、借り換えにはしっかりと確認する必要があるとお話ししました。借り換え、おまとめローンは複数社の借入をひとつにまとめ、月々の返済額や利息を抑えるというメリットがあります。

ただ、借り換えでまとめて借入れすることによるデメリットも当然あるのです。必ずしもお得にならない場合もあるということです。それではそのメリットデメリットについて詳しくお話ししていきましょう。

借り換えおまとめローンのメリット

  • 利息を抑えられ月々の返済額も減る可能性がある
  • 月々の返済額を一つにまとめられる
  • 着実に完済に向かえる

消費者金融会社での借入を金利設定の低い大手銀行での借り換えをした場合には、利息が抑えられるとともに月々の返済額も減る可能性があります。

毎月複数社への返済は同じ日にちの引落でない場合には、うっかり忘れてしまったり、返済してまた借入するなど、なかなか完済しないことが多いですよね。おまとめローンの場合、返済のみを計画的に行えるので、確実に完済に向かえますよ。

借り換えおまとめローンのデメリット

  • 借り換え先によっては返済総額が多くなる可能性がある
  • 借り換え審査はより厳重に行われる場合が多い
  • 借入したい場合には不便である

借り換えやおまとめローンは借り換え先によっては返済総額が高くなってしまうことがあります。

金利が低い設定であっても月々の返済額が少なく、完済までの期間が長くなれば返済総額は多くなりますよね。

借り換えであっても、もちろん審査は行われます。借入額が多いだけより厳重な審査となることも予想されます。

日頃から信用実績を積む努力は続けて下さいね。借り換えローンは返済のみの借入となる場合が多いので、新たな借入が出来ないのは不便といえますね。

借り換えでのメリットデメリットはいろいろあります。借り換える事で返済額にはどのような違いがあるのでしょうか。例を挙げてみますね。

借り換え以前
30万円3社合計90万円
借り換え後
銀行カードローン90万円
実質年率 18% 14%
毎月返済額 30,000円 30,000円
返済回数 41回 38回
支払い利息 304,569円 214,177円
総返済額 1,204,569円 1,114,177円

上記表は一般的な銀行のカードローンに借り換えをしたと想定したものですが、毎月同じ返済額を返済した場合は返済回数や総返済額は少なくなっていることがわかります。金利の低い銀行を選べばもっとお得な返済額になりますよ。これは借り換えのメリットですよね。

同じ金額を月々の返済額を少し減らして返済したらどうなるのでしょうか。総返済額は下記の表の額となります。条件は同じですが、同じ金額を長い月日をかけて返済する事で利息の支払い額が思いのほか多くなっています。これが借り換えのデメリットの一つです。

でもしっかりとシミュレーションすることでデメリットをメリットに変えることもできるのです。

借り換え以前
30万円3社合計90万円
借り換え後
銀行カードローン90万円
実質年率 18% 14%
毎月返済額 30,000円 20,000円
返済回数 41回 65回
支払い利息 304,569円 383,589円
総返済額 1204,569円 1283,589円

あくまでも平均的な実質年率で、わかり易くする為に1万円単位での返済で確認しています。同じ条件なら月々の返済額が少なくなるとそれだけ返済回数が多くなり、支払い利息が多くなります。当然総返済額も大きくなるのがわかります。

借り換え前の月々の返済額が少額なら借り換え前の総返済額はまだまだ大きくなるでしょう。計画的に返済していくことで、借り換え後の返済額はずいぶんお得になる場合が多いのです。

借り換えおまとめローンを上手にお得に利用しよう

カードローンでの借り換えは何といっても借り換えることでお得になることが条件といえます。

借り換えることでかえって返済額が増えてしまうというのでは困りますよね。

毎月の返済額は少ない方が良い?

借り換えで大切なのは借り換え先での返済計画です。

月々の返済額を減らしてゆとりを持ちたいのか、月々の返済額は変らなくても早か完済したいのかです。

自分で計画を立てて自分にとって得なのはどのカードローン会社なのかを見極めることが必要なのです。

毎月の返済額を少なくしたいのなら、金利設定の低い銀行カードローンで毎月の返済額を抑え、ボーナス月など余裕のある月には随時返済を併用して早めの完済を目指すなど計画することが可能ですね。

上手に計画することで、お得な借り換えおまとめローンはよりお得に利用できます。借り換えローンは厳重な審査をクリアしなくてはいけませんが、今のカードローン借入をしっかりと見直し、出来るだけ少ない利息で返済する為にも検討されることをお奨めします。
閉じる
閉じる