カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

カードローンの即日発行なら消費者金融の無人自動契約機が確実!

カードローンに申込むのなら、できるだけ早く融資してもらいたい。即日審査、即日のカード発行が理想ですよね。カードローンの即日融資については、現状では銀行のカードローンの即日融資が不可能となっています。

これは銀行のカードローンに関しては、過剰融資対策の為、審査に時間をかけるようになった事、また反社会勢力との繋がりを警察庁のデーターベースへの照会により確認することで、融資まで日にちがかかるようになった為です。

即日融資、即日発行を希望するなら、まずは大手消費者金融のカードローンを選ぶ必要がありますよ。こちらでは即日発行について詳しくお話ししています。

カードローンの即日発行とは?

カードローン申込から融資まで、どのくらいの日にちがかかるのでしょうか。大手消費者金融カードローン会社ホームページでは、即日融資可能、審査回答30分などとありますよね。まずはカードローンの申込から融資までの流れを確認していきましょう。

カードローンの申込方法によって、即日融資が可能な場合と、融資までに時間がかかる場合があります。どのような申込方法があるのか、またそれぞれで融資までの流れがどのようになるのかをみていきましょう。

インターネットでの申込

・インターネット

1インターネットで申込→2内容確認メール→3審査(メール結果報告)→4契約(ネット・自動契約機)→5融資(カード発行)

・WEB完結

1申込→2審査→3契約→4融資(振込融資)カード発行無し

インターネットでの申込には、WEB完結での申し込みもあります。WEB完結の場合、すべてをインターネットで完了するので、カードの郵送はありません。融資も振込融資となる場合が多いのです。

電話・店頭(自動契約機)にて申込

・電話

1フリーダイヤルにて申込→2審査→3審査結果連絡→4契約(来店・自動契約機)→4融資(カード発行)

・自動契約機

1タッチパネルにて申告入力→2その場で審査(結果回答)→3契約→4自動契約機にてカード発行

消費者金融のカードローンは審査状況などで多少違ってきますが、郵送以外の申込で、即日カード発行、即日融資が可能な場合が多いのです。

最初にお話ししたように、銀行のカードローンは、過剰融資の抑制の為、また反社会情勢との繋がりを確認する為に、審査に日にちをかける事となりました。

警察庁のデーターベースでの照会などで、即日融資が不可能となっているので注意が必要ですよ。

消費者金融では迅速審査による即日融資が可能

銀行のカードローンの場合、キャッシュカードをそのままローンカードとして利用する場合でも、3日から1週間程度日にちがかかると考える方がよいでしょう。

即日審査、ましてカードの即日発行となると、消費者金融のカードローンのみが対象となりますよ。

消費者金融のカードローンのみが、審査状況にもよりますが、即日審査、即日融資、自動契約機や店頭での契約で、カードの即日発行に対応しているということになります。

もちろん即日融資を受ける為には必要なことがいくつかありますが、それをお話しする前に、カードローンの審査についてふれておきますね。

即日融資に必要なのは、何といっても迅速な審査です。審査はどのように進んでいくのでしょうか。まずは審査方法と、よりスピーディーに審査を終えるにはどうすれば良いのかを確認していきましょう。

カードローン審査は属性と信用情報により行われる

カードローンの審査とは、属性審査と個人信用情報機関への照会による信用情報の審査の二つが主なものになります。

属性とは申込本人の現在の状況ですよね。年齢、家族構成、勤務先、勤務形態、勤続年数、年収などが審査されます。

特に大手消費者金融では、この審査をより迅速に行う為にさまざまな工夫をしています。属性審査は多くが得点性となっていて、項目ごとに得点評価し、総合得点で審査の可否を決定していくのです。

高得点 低得点
家族構成 既婚・家族同居 未婚・独り暮らし
勤務形態 正規社員 アルバイト・派遣社員
自営業者
勤続年数 3年以上 6ヵ月以内

一例ですが、上記のように得点評価され、総合的に判断される訳です。既婚で実家に二世帯同居していて、大手企業の正規社員。尚且つ5年同じ会社に勤務しているという人なら、この項目だけでいえば、かなりポイントが高いです。

反対に未婚で独り暮らし、派遣登録してまだ半年以内だけれど、今月はがんばって収入も多かった。という人は、残念ながら総合評価は低くなってしまいます。収入面でも、月によって安定していない収入は、その月が多くてもマイナス評価となりがちです。

評価ポイント、項目はカードローン会社によって多少異なります。ただ、安定した収入が得られ、返済能力のある人。という根本的な審査基準はどのカードローン会社もほぼ同じですよ。

日頃から信用実績を積むことが信用情報審査のカギ!

信用情報の審査は、個人信用情報機関への照会によって行われます。過去の信用情報、現在の信用情報を参考にして、融資の可否を決定するのです。この情報次第では、属性が申し分ない顧客とみなされていても、審査落ちしてしまうのです。

金融事故履歴がある場合には、即審査否決です。金融事故履歴は5年以上履歴が残る場合もあるので、過去にそのような経験がある人は、自分の信用情報を開示請求することも考えてみてください。

金融事故の登録が無くても、日頃のクレジットカード支払いで、遅延や延滞が多い、携帯電話の使用料金をいつも遅れて支払っている、など信用情報照会で、見えてくる事もあります。日頃からコツコツと信用実績を積みましょう。支払い期日を守るだけで信用実績は積めるのです。

即日融資を受ける為のポイントはこれ

審査についてお話ししてきましたが、即日融資には何といっても迅速な審査が必要です。

迅速審査に必要なことは、少しでも属性の評価を上げること、例えば勤続年数でいうなら、せめて半年以上は勤務してからカードローンに申込むなど、最低得点を避けましょう。

また、信用情報では金融事故履歴のある場合には、審査に通ることはまずありません。信用情報に過去の金融事故履歴が残っていないか、心当たりのある人は自分の信用情報の開示請求をして、確認してください。その上で、即日融資の為に気を付ける点をいくつか挙げてみますね。

  • 申告内容に不備や間違いがないように気を付ける
  • 申込は早い時間に行う
  • 無理のない借入限度額で申込む
  • 複数社への同時期申込はしない

即日発行、即日融資を希望しながら、申告内容の不備や間違いの為に連絡できない、審査に時間がかかってしまった、ということがあります。申告は間違いなく、慎重に行うようにしてください。

審査が思ったより長引いて、即日カード発行、即日融資ができなくなる可能性もあります。できるだけ早い時間に申込むようにしてください。カードローン会社によっては平日のみ即日対応、などという場合もあります。確認が必要です。

消費者金融のカードローンの場合、50万円を超える借入額は収入証明書の提出が必要です。加えて審査もより厳重になるので、即日融資を希望なら、50万円以内の無理のない金額での申込がよいでしょう。多重申込は信用情報に履歴として残ります。同時期の申込は1社に絞るようにしましょう。

カード即日発行に自動契約機は大きな味方

即日融資を希望するのなら、即日審査、即日融資可能の、大手消費者金融のカードローンを選ぶ必要があります。即日融資の場合、指定の口座への振り込み融資となることが多いのですが、即日カード発行してもらうにはどうすれば良いのでしょうか。

通常、インターネットで申込から融資まで完了した場合には、後日ローンカードが郵送されることが多いです。カードの即日発行なら無人自動契約機が便利ですよ。

自動契約機は大手消費者金融の店頭などに設置されており、タッチパネルの指示にしたがって入力します。申込からカード発行まで即日で完了します。

自動契約機のメリット

  • カード発行まで即日可能
  • 誰にも会う事なく借入できる
  • 備え付けの電話で説明を受けられる
  • 遅い時間のカード発行が可能な場合もある

カード発行を即日受けたい場合には、無人自動契約機が便利です。インターネットで申込し、審査結果を待って、自動契約機で契約、カード発行を行うとより時間を有効的に使えますよ。不明なところがあれば備え付けの電話で確認することも可能です。

もちろん、申告内容に不備などがあった場合には、即日発行ができないこともあります。また本人確認書類は、写真が確認できる運転免許証などに限られる場合もあるので、あらかじめ確認しておきましょう。出来れば早い時間に申込む方が安心ですが、遅い時間からでも十分即日カード発行が期待できます。

上手に自動契約機を利用することで、誰にも知られずに、即日カード発行ができ、即日借入もできるのです。カードの郵送を希望しない場合にも自動契約機での契約、カード発行はうれしいですよね。
閉じる
閉じる