カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

カードローンの必要書類収入証明が必要なのは銀行?消費者金融?

カードローンの申込で、審査上必要な書類は、高額な借入でない場合本人確認書類です。申込本人に間違いがないかを確認するための書類、運転免許証やパスポート、健康保険証などですよね。

その他、審査で必要とされる書類に、収入証明書があります。この収入証明書はどのような場合に必要なのでしょうか。また必要なのは消費者金融?銀行?こちらでは、必要書類の収入証明について詳しくお話ししています。

カードローン審査で収入証明はなぜ必要?

カードローンでは契約時に必ず本人確認書類が必要になります。

本人確認書類とは間違いなく申込者本人であることを証明する為の書類です。運転免許証、健康保険証などがよく使われますよね。

本人確認書類を確認することで、名義貸しやなりすましのカードローン申込を防ぐことができます。それでは収入証明はなぜ必要なのでしょうか。必要な理由を挙げてみますね。

  • 年収は自己申告なので実際の額を把握するため
  • 消費者金融では貸金業法に基き確認が必要な為
  • 審査中不審に思う要素があれば確認される

カードローン申込時、たくさんの項目内容の申込書に記入しますよね。

申告はすべて自己申告です。すべては申込者を信用して、申告内容をもとに審査が行われるのです。住所や年齢、在籍確認で確認できる勤務先以外は、すべて自己申告のものをもとにしているという事になります。

年収も当然自己申告となりますが、審査の途中でどうしても実際の年収を確認する必要ありと見なされた時には、収入証明書の提示を求められる場合があります。特に消費者金融では総量規制の為、50万円を超える貸付には収入証明書の確認が義務付けられています。

銀行のカードローンは、金額による収入証明書の提出義務はありませんが、必要と思われれば、少ない金額であっても提出を求められます。消費者金融も銀行も収入証明書が必要な場合があると考えて、あらかじめ用意しておくとよいでしょう。

消費者金融では限度額と年収は大きく関わる

前の項目で少し触れましたが、消費者金融のカードローンは貸金業法の総量規制の対象となり、年収の3分の1以上の貸付は出来ません。そのため、年収額を確認する必要があるのです。ただ、50万円以内の貸付は、自己申告の年収額をもとに審査され、融資の可否を決められます。

50万円を超える融資の場合には、収入証明書を提出してもらい、実際の年収額を確認した上で、融資可能かどうかを見極めるのです。

また、他社での借入限度額の合計金額が100万円を超える場合には、50万円未満の貸付であっても、収入証明書が必要になるので注意してくださいね。

他社の借入限度額の中には、クレジットカードのキャッシング枠も含まれます。クレジットカードを2枚持っていて、それぞれに30万円のキャッシング枠がある場合、50万円未満の40万円の借入を申込んだとしても、30万円+30万円+40万円=100万円となり、収入証明書の提出が必要となるのです。

銀行のカードローンが年収にこだわる訳

総量規制は消費者金融など貸金業者の法律となるので、銀行のカードローンは規制対象外となります。そのために、以前は収入証明書の提示は各銀行の審査基準で決められ、A銀行は300万円を超えた場合、B銀行は100万円を超えた場合という風に銀行によって違っていました。

比較的高額な貸付額が多い銀行のカードローンですが、過剰貸付を防ぐ意味でも、現状では規制に近い貸付状況となっています。

それまでも銀行のカードローンは属性の審査においては、年収を重要視する傾向にあり、消費者金融のような貸付規制はないものの、年収を確認し返済に無理のない貸付限度額の設定を行っています。

銀行によっては、申込条件に一定の年収以上であることを掲げているカードローンもあるほど、銀行のカードローンは申込者の年収確認に重点を置いています。年収が充分にあり、返済能力も充分にあると見なされた顧客は多重債務や金融事故のリスクの少ない優良顧客として期待できるという事ですよね。

10万円でも収入証明書が必要な場合もある

消費者金融のカードローンは、総量規制のために、50万円を超える融資には収入証明書が必要ですが、審査状況によっては10万円であっても収入証明書の提出を求められることがあります。銀行のカードローンの場合も、確認が必要な場合には少額でも収入証明書の提出を求められます。

カードローンの融資までの流れと必要書類

カードローンの審査で求められる、収入証明書についてお話ししましたが、高額な融資のみでなく、審査状況によっては少額な貸付の場合でも収入証明書が必要となることを、おわかりいただけたでしょうか。それでは続いてカードローンで必要となる書類や、融資までのおおまかな流れについてお話ししていきますね。

カードローンの申込方法はインターネット、電話などがありますが、一番多いのはインターネットでの申込でしょう。条件に合えば、インターネットで融資まですべてを完了できる、WEB完結での申込も人気です。どのような流れで融資が行われるのか確認しましょう。

1インターネットで申込→2審査結果(メール)→3契約(メール)→4口座へ振込融資

WEB完結の場合は、契約もメールで完了、必要書類の提出もアプリを利用して書類を送ることが出来るので便利です。スマホのカメラを利用して必要書類を写真で送ることも出来ますよ。利用しやすい方法を選んでくださいね。

ただWEB完結での申込は、指定銀行の口座を開設している、社会保険証または組合保険証を持っている、などの条件を満たした人のみ可能なのです。条件を満たしていない場合には、インターネットで申込、自動契約機で契約からカード発行という方法が多く利用されているようです。

WEB完結では必要な書類が多くなる場合もある

通常カードローンで必要な書類は、本人確認書類(運転免許証・健康保険証・パスポートなど)のみという場合が多くなります。

審査状況にもよりますが、消費者金融の場合50万円を超えない借入の場合は収入証明書は不要となっているからです。

WEB完結での申込の場合には、本人確認書類の他に、社会保険証(もしくは組合保険証)の写し、収入証明書が必要となる場合が多いです。

必要書類が多いのは、カードローンで必要な在籍確認、本人への確認電話など無しで審査を進めるということもあるのでしょう。WEB完結であっても在籍確認は行なわれるカードローンもあるので、必要書類も併せて確認が必要です。

収入証明提出なしで審査をクリアする為に

カードローンの申込をWEB完結で行った場合には、契約時に収入証明書が必要な場合もありますが、通常の申込で50万円を超えない借入であれば、必要となるのは本人確認書類のみが一般的です。

審査状況で、収入証明書の確認が必要と見なされたときは、収入証明書を提出する旨、カードローン会社より申し出があります。どのような場合に確認が必要と見なされるのでしょうか。

  • 他社での借入が多い場合
  • 信用情報の履歴で遅延がたびたびある
  • 申告内容に不明瞭なところがある

他社からの借入が、申告した額よりも多いのではと感じられた場合や、クレジットカード支払などに延滞ではないものの遅延が多く、申告された年収確認が必要だと感じられた時などに、収入証明書の提出を求められることがあるようです。申告内容が不明瞭という場合にも給与明細などで勤務先や年収が確認されますよ。

消費者金融のカードローンは、申告内容に特に問題もなくスムーズに審査が終了すれば、貸付限度額が50万円を超えず、他社での借入枠の合計が100万円を超えなければ、収入証明書の提示を求められることはまずないでしょう。

銀行のカードローンは、収入証明書提示の基準が銀行によって違ってくるので、貸付限度額に限らず審査上確認が必要と思われないように、やはり日頃から支払実績をきちんと守り、信用実績を積む努力をする必要がありますよ。

いつでも対応できるように収入証明書を用意する

お話ししてきたように、銀行のカードローンも消費者金融のカードローンも、必要に応じて収入証明書の提示を求めます。収入証明書不要で審査を通過するのが一番ですが、いつ求められても対応できるようにしておくと慌てませんよ。収入証明書にはどのようなものがあるのかを挙げておきますね。

  • 源泉徴収票
  • 納税証明書・確定申告書
  • 給与明細(直近1ヵ月)

源泉徴収票は年末に勤務先で配布されるものですが、再発行も可能です。給与明細は直近1ヵ月のものを用意しましょう。給与所得者以外の人は納税証明書、確定申告書が収入証明書となります。

カードローンの審査は、本人確認書類だけでスムーズに完了したいものです。

消費者金融のカードローンは、貸金業法の法律で借入金額により収入証明書の提示を義務付けられていますが、審査状況によっては少額でも収入証明書が必要となります。

銀行のカードローンも各銀行での審査状況で収入証明書が必要となるのです。

日頃から信用実績を積み、申告内容に不備や嘘がないように注意して、無理のない借入金額で申込めば、消費者金融のカードローンも銀行のカードローンも、審査に必要な書類は本人確認書類のみとなる可能性は高いです。
閉じる
閉じる