カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

カードローン人気は消費者金融?銀行?その違いを徹底調査!

カードローンにもいろいろあります。いざ申込もうと思いたっても、どのカードローンにしようかと迷いますよね。消費者金融会社のカードローン、銀行のカードローン。人気なのはどのカードローンなのでしょう。

こちらでは、消費者金融、銀行、それぞれのカードローンについて、その特徴を比較し、どのようなところが人気なのかをお話ししています。カードローンの申込に迷っている人必見ですよ。

比べると分かるカードローンの特徴

カードローンには、大きく分けると消費者金融と銀行のものがあります。申込金額や用途によって、申込むカードローンを選ぶのが良いのですが、どのような違いがあるのか、それぞれの特徴を比べてみましょう。

銀行カードローン 消費者金融カードローン
申込条件 20歳以上
安定した収入のある人
専業主婦可能な場合あり
20歳以上
安定した収入のある人
専業主婦不可
貸付限度額 800万円前後が多い 年収の3分の1以内
上限500万円くらいが多い
実質年率 上限14%前後 上限18%(10万円以下は20%)
即日審査・融資 即日融資不可
融資まで1週間前後
即日審査融資可能

おおまかな違いは上記表のようなものです。カードローンで気になるのは金利が高いのではないか、ということですよね。消費者金融と銀行で比較してみると、やはり銀行のカードローンが低金利なのが分かります。

金利を出来るだけ抑えたい人に人気なのは、やはり銀行のカードローンになるでしょう。

ただ、現在の消費者金融は上限利息が18%と、貸金業法改正前に比べると、ずいぶん低金利で安心して借入が出来るようになっていますよ。

専業主婦の申込めるのは銀行のカードローンのみ

貸金業者である消費者金融のカードローンは、総量規制対象の為、無職の専業主婦の申込は不可となっています。

その為に専業主婦に人気なのは銀行のカードローンの中でも、専業主婦の申込が可能なカードローンとなりますよね。

銀行のカードローンでも、専業主婦が申込めないカードローンもあるので、申込前にしっかりと確認する必要があります。また専業主婦可能と明記されていても、当然ですが、配偶者に安定した収入のある主婦に限ります。

申込その日の借入なら消費者金融のカードローン

急にお金が必要になった、そんな時に申込むのがカードローンです。申込んだその日に借入したい。即日融資を希望するなら消費者金融のカードローンに申込みましょう。

銀行のカードローンは、貸金業法の総量規制対象外ということもあり、過剰貸付が問題化されていました。その為に審査に時間をかけ、貸付額の縮小をはかっています。その上に金融庁のデーターベースと参照の上、反社会勢力との関わりについても要確認となりました。

最短審査であっても、融資までは1週間前後かかり、銀行によっては2週間以上かかる場合もあるのが現状です。即日融資は消費者金融のカードローンでのみ可能ということです。

消費者金融と銀行のカードローンそれぞれここが人気

消費者金融と銀行のカードローンについて、それぞれ借入した人の、カードローンを選んだ理由や、ここが良かったという人気の理由を確認してみましょう。

大手消費者金融は審査の速さと即日融資が人気

  • 即日審査即日融資が可能
  • 借入金額に規制があるので無理な借入を防げる
  • WEB完結で融資が受けられる

消費者金融、特に大手の消費者金融では、即日融資に対応しているカードローンが多いので、すぐに借入したいという人には人気となっています。

もちろん審査状況にもよるのですが、その日の内に借入できるのは嬉しいですよね。

消費者金融では総量規制のために、年収の3分の1以内の貸付金額となり、尚且つ50万円を超える場合には収入証明書の提出が必要となります。申込者は50万円以内の貸付を希望する人が多くなっており、必要以上の金額を借入しないので安心という声もあるようです。

WEBのみで申込から融資までを即日で完了する、WEB完結の申込も人気です。誰にも知られずに、出かけることもなくカードローンに申込めるので、便利で安心という声も多いですよ。

根強い人気銀行のカードローンは低金利と安心感

  • 低金利で安心
  • キャッシュカードをローンカードとして使える
  • 取引状況によって優遇される場合がある

銀行のカードローンはやはり低金利ということが、安心に繋がるようです。消費者金融の利息も上限が決まっており、高金利というわけではないのですが、銀行のカードローンはそれ以上の安心感があるということでしょう。

取引のある銀行なら、キャッシュカードをそのままローンカードとして使用できる、取引状況により、金利の優遇などの可能性があることも、銀行のカードローンが人気な原因のひとつとなっていますね。

カードローンでそれぞれ違う審査方法

銀行と消費者金融のカードローンについてお話ししてきましたが、それぞれに選ぶ基準や特長があり人気の原因となっているのがわかります。それではカードローンで重要な審査については銀行と消費者金融ではどう違うのでしょうか。審査について比較してみましょう。

銀行カードローン 消費者金融カードローン
審査所要時間 審査に時間を要する 最短での審査可
審査方法 属性による審査信用情報による審査
金融庁のデーターベース照会要
属性による審査信用情報による審査
必要書類 本人確認書類
限度額により収入証明書
本人確認書類
総量規制により収入証明書

審査において、銀行カードローンは以前のような至急審査が難しくなっています。

銀行のカードローンの貸付過剰を抑制するために、より審査は厳重に行われることになったのに加え、反社会勢力との繋がりの有無を、金融庁のデーターベースと照合し確認する必要がある為です。

消費者金融では最短での審査が可能となっており、審査状況にもよりますが、最短30分などと、至急審査回答をうたっているカードローン会社もありますよね。銀行のカードローンも消費者金融のカードローンも貸付金額によっては収入証明書が必要となります。

それぞれ審査基準も多少違ってきますが、早く審査を完了して、早急な借入を必要としている人には、やはり消費者金融のカードローンが人気となっています。もちろん消費者金融のカードローンでも審査状況や申込、契約方法によって、即日融資が出来ない場合もあるので、注意してくださいね。

人気カードローンの審査を楽々クリアする為に

銀行のカードローンは低金利と安心感、消費者金融のカードローンは最短での審査回答、即日融資可能という点で、それぞれ人気が二分しています。

どちらのカードローンも審査をしっかりとクリアすることで、より速い融資を受けられるということに違いはありません。

審査を問題なく通過する為には、いくつかのポイントを押さえる必要があります。どのような点に気を付けなくてはいけないのか、詳しく確認していきましょう。

  • 日頃から信用実績を積む
  • 申込時の申告内容に不備のないようにする
  • 同時に複数社への申込はしない

審査に通るには、日頃からクレジットカード支払いなどの支払い期日を守り、信用実績を積む努力をすることが大切です。

審査は属性と信用情報により行われるのですが、どちらも返済能力の有無を確認する為に行われます。信用のおける顧客だと見極められる必要があります。

金融事故情報が登録されている場合には、当然審査には受かりません。もうずいぶん昔に長期延滞をしたことがある、など気になる場合には、履歴が残っていないか自分の個人信用情報の開示請求をして確認する必要もあるでしょう。

申込時にメールアドレスや電話番号に申告間違いがあり、連絡が出来なくて審査に受からなかったということもあります。また、同時期に複数社への申込を行うことは多重申込として審査には不利となりますよ。これも気を付けるポイントのひとつです。申込は1社に絞りましょう。

自分に合うカードローンを選び利用は計画的に!

人気のカードローンにはやはり大手消費者金融のカードローンや大手銀行のカードローンが挙げられるのでしょうが、それぞれのカードローンの違いについてはお分かりいただけたでしょうか。

即日融資を希望するなら、即日融資に対応の消費者金融カードローンで、インターネットで申込をした上で自動契約機で契約、カードを発行してもらう。安心の銀行でのカードローンなら、日頃から利用している銀行のカードローンに申込む事で、より低金利設定が期待できる場合もありますよ。

目的や特長で、自分に合うカードローンを見つけたら、審査を無理なく通過できるように、ポイントをしっかりと押さえて審査に臨んで下さい。そして無事に審査をクリアしてローンカードを手にしたなら、計画的な利用でゆとりのある生活を楽しんでくださいね。
閉じる
閉じる