カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

カードローン審査にアルバイトでも受かる為のコツ教えます!

カードローンを申込む場合、審査クリアの為に重要なのは、勤務先や勤務形態だと思う人も多いでしょう。もちろん大手企業に勤める正規社員の場合など、属性のポイントが高くなるのは事実です。それではアルバイトの場合はどうなのでしょう。

アルバイトの場合でも、もちろんカードローンへの申込は可能です。ただし、毎月ほぼ同額の収入が見込まれることが必要です。アルバイトで単発な仕事しかない、月によって収入にバラつきがあるというのでは、審査も通りにくくなりますよ。

カードローンの申込条件とは

カードローンは急な出費に備える為にも、とても便利に利用できるものです。

もちろんカードローンは誰でも簡単に申込めるものではなく、申込条件に合った人のみが申込めるものですよね。

カードローンには消費者金融会社のものと銀行が発行するものがあります。それぞれに申込条件も多少の違いがあるのです。平均的な申込条件を消費者金融と銀行のカードローンで確認してみましょう。

消費者金融 銀行カードローン
申込可能年齢 20歳~69歳 20歳~65歳未満
総量規制 総量規制対象 総量規制対象外
専業主婦 申込不可 申込可能
アルバイト・派遣社員 申込可
(年収により限度額規制あり)
安定収入あれば申込可
消費者金融と銀行のカードローンの大きな違いは、総量規制対象か対象外かということではないでしょうか。消費者金融の場合は総量規制対象の為、年収の3分の1以内の貸付に貸付額が規制されるのです。

その為、無収入の専業主婦では申込を行うことが出来ないのです。

アルバイトや派遣社員の場合、安定した収入があれば消費者金融も銀行も申込は可能となります。ただ収入により規制があるので、限度額は少額となる場合が多いです。

年齢制限も消費者金融と銀行では多少違っている場合があるので、注意が必要ですよ。このように申込には条件がありますが、安定した収入があれば正規社員以外のアルバイトやパート社員でも、限度額は少なくなりますが、申込は可能となります。

カードローン審査はこうして行われる

アルバイトでも申込は可能とお話ししましたが、カードローンは勤務形態以外でも審査で返済能力の有無が確認されます。

総合的に間違いなく返済して貰えると見なされれば、アルバイトでも派遣社員でも融資は可能なのです。審査についてもう少し詳しくお話ししましょう。

審査は属性と信用情報確認で行われる

審査は基本的に申込者の属性について、そして個人信用情報機関への照会による審査となります。属性とは申込本人に関する事柄、勤務先や勤務形態、家族構成などをいいます。ほとんどのカードローン会社では属性審査は項目ごとに得点評価され、総合点が審査可否の目安となっています。

高ポイント 低ポイント
勤務形態 正規社員 派遣社員
自営業
勤続年数 3年以上長い程高い 1年未満(6ヵ月未満より低)
年収 安定して高収入 月によりばらつきがある

属性の審査は得点での評価となり、特に高ポイント、低ポイントに分けるなら上記表のようになります。収入が月によって変動するであろう、自営業者や派遣社員はどうしても低評価となってしまうのです。

アルバイトやパート社員であっても、毎月ほぼ決まった額の収入が見込まれ、尚且つ勤続年数が3年以上など高ポイントとみなされれば総合評価は高くなる可能性もあるのです。

アルバイトでも審査に受かるコツ

  • 勤務時間を毎月変動しないよう安定させる
  • 日々の支払い等で遅延延滞はしない
  • 借入額は少額を希望する

単発や短期のアルバイト、派遣社員の場合はカードローンへの申込は難しいのですが、たとえアルバイトであっても1年以上同じ勤務先で勤務し、毎月決まった額の収入がある場合にはそれをしっかりと伝えて下さいね。

個人信用情報に関しては、どのような勤務先、勤務形態であっても、信用のおける人物であると見なされなくてはいけませんよね。

クレジットカードやネット購入代金の支払いは遅れずに支払っていますか。遅延延滞のない支払で信用実績を積みましょう。

消費者金融のカードローンは総量規制対象なので、年収の3分の1以上の借入はできません。

アルバイトの場合には年収の3分の1以内であっても、限度額の規制のあるカードローンもあります。10万円位の借入希望が望ましいでしょう。

カードローンの申込から融資まで

アルバイトの人がカードローン審査に受かるには、日頃から信用実績を積むこと、同じ勤務先で毎月の勤務時間も変動のないようにする事などが必要となります。カードローン申込から融資までの流れを確認していきましょう。

1申込(インターネット・電話・自動契約機)→2審査→3審査結果連絡→4契約(インターネット・自動契約機)→5融資(カード発行)

大まかには上記のような流れとなります。これはどのような勤務形態でもほぼ同じ内容となるのですが、年収90万円のアルバイトの場合、30万円の借入限度額を希望した時と10万円借入限度額を希望した時では、審査にかかる時間が変ってくる可能性がありますよ。

アルバイトのうちは、多額の借入をしないで、給料日前にどうしても1万円だけ足りなくなった、結婚式のお祝いが必要になったなど、返済も無理なく出来るだけの金額を借入れるようにすることが大切なのではないでしょうか。インターネットで申込して自動契約機で契約をすれば、その日の内にカード発行融資が可能です。

アルバイトであっても収入が安定していて、過去の信用情報に問題がなければ迅速な審査も即日融資も可能なのです。

もちろん正規社員と比べると属性での得点は低くなってしまいますが、とにかく収入を安定させること、借入額を少額にすることなどで、スムーズに審査をクリアする可能性は充分にありますよ。

収入に見合った借入で計画的に無理なくカードローンを使おう

アルバイトの人がカードローンに申込、審査に通るためには、どのような事に気を付けるとよいのかをお話ししてきました。アルバイトならその収入に見合っただけの借入をし、計画的に返済するようにして下さいね。

無理のない計画的な利用をするなら、カードローンは生活にゆとりを与えてくれることでしょう。また、アルバイトから正規社員として勤務するようになったなど、勤務形態に変更があった場合には速やかに変更届けを提出しましょう。その時にはまた審査はありますが、限度額の増額も期待できます。
閉じる
閉じる