カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

カードローンは総量規制外でも審査で限度額を決められる!

カードローンは、必要な額を何度でも借入できる便利なものです。ただ、借入額は顧客それぞれに限度額が決まっていて、その限度額内となっていますよね。限度額はどのようにして決められるのでしょうか。

こちらでは、限度額を決定する審査について、詳しくお話ししています。限度額は総量規制対象の消費者金融と総量規制外の銀行とでは審査基準が少し違います。どのように違うのかもお話ししているので、参考にして下さいね。

年収により決まる総量規制でのカードローン限度額

カードローンに申込むと、返済能力の有無を見極める為の審査が行われます。

審査を通過すればカードが発行され、借入が可能となるのです。どのような内容で審査は行われるのか、まずはカードローン審査について確認していきましょう。

  • 属性による審査(在籍確認)
  • 信用情報照会による審査
  • 貸付限度額を決める為の審査

カードローンの審査には、属性による審査と個人信用情報機関への照会による審査があります。属性は申込者の現在の状況、勤務先や年収、家族構成などですが、項目別に点数で評価し総合点による審査となる場合が多いようです。

信用情報による審査は、個人信用情報機関への照会により行われます。日頃のクレジットカードなどの支払状況に問題はないか、過去に金融事故を起こしていないかを審査します。この時、かなり昔であっても金融事故の履歴があれば審査には通りません。

貸付限度額も審査によって決められるのですが、その審査基準は消費者金融のカードローンと銀行のカードローンでは、少し違ってきます。どのような点が違うのか確認していきましょう。

消費者金融は総量規制で貸付額が制限

消費者金融のカードローンの場合、総量規制の為に年収の3分の1以上の貸付は出来なくなっています。

総量規制は貸金業法の中の法律なので、貸金業者である消費者金融や信販会社のキャッシングなどすべての合計貸付が規制対象となるのです。

クレジットカードのキャッシングについても同様です。年収300万円の人の場合、合計の貸付額が100万円を超えることは出来ないということです。クレジットカードを2枚持っていて、キャッシング枠がそれぞれ30万円だとしたら、新たにカードローンで貸付可能なのは、40万円以内となります。

銀行のカードローンは総量規制対象となりません。年収に対しての貸付規制はないのです。これが消費者金融と銀行のカードローンの大きな違いの一つですよね。消費者金融では無収入の専業主婦の申込は不可能となっていますが、銀行のカードローンでは配偶者に安定収入があれば、専業主婦の申込を受けるところもありますよ。

総量規制で限度額規制のほかに義務付けられている事

前の項目でお話ししたように、総量規制は貸金業者の法律である貸金業法での規制で、年収の3分の1以上の貸付を禁止した法律です。多重債務による破綻を無くすことを目的に施工され、顧客が返済しきれないほどの借入金に苦しむことは少なくなりました。

審査では限度額により収入証明書の提出も求められます。原則として、義務付けられているのは50万円を超える貸付額の時ですが、審査状況によっては50万円未満であっても提出を求められることがあります。また、他社借入枠を含めた合計金額が100万円を超える場合にも、収入証明書の提出が義務付けられています。

総量規制には除外と例外がある

貸金業法の総量規制についてお話ししましたが、総量規制には除外と例外として規制の対象とならない貸付があります。どのような貸付なのか、確認してみましょう。

総量規制除外 総量規制例外
住宅購入(リフォーム含)ローン
自動車購入ローン
高額医療費の為の貸付
有価証券担保の貸付
顧客にとって一方的な有利となる纏めローン
緊急医療費の為の貸付
個人事業者の為の貸付
配偶者貸付

主なものは上記表のような貸付となります。

これら除外、例外の貸付の場合は、年収の3分の1以上の貸付が認められているのです。

もちろんその場合にも厳重な審査の結果の貸付となることは言うまでもありません。

銀行のカードローンは貸金業者ではないので、総量規制対象外となります。年収による制限が無いのなら、消費者金融のカードローンよりも、銀行のカードローンを選ぶ方が良いと考える人もいるでしょうが、総量規制外なら顧客の希望した限度額を借入出来るのか、確認していきましょう。

総量規制外でも限度額は顧客の希望額にはならない

銀行のカードローンは貸金業法ではなく、銀行法で律されている為、総量規制対象外となります。それなら希望通りの限度額になるのかというと、必ずしもそうではないのです。限度額については消費者金融のカードローンも銀行のカードローンも、審査によって適正な限度額を決定されます。

特に現状では銀行のカードローンでの過剰貸付を防ぐ為、今まで以上に厳正な審査が必要となっています。

総量規制外なので、融資額に制限が無く高額の借入が可能という訳ではないのです。消費者金融と銀行のカードローンの貸付条件をそれぞれ比較してみましょう。

消費者金融カードローン 銀行カードローン
申込条件 安定した収入の見込まれる人
20歳~69歳
専業主婦不可
安定した収入の見込まれる人
20歳~65歳
配偶者に収入あれば専業主婦可
貸付限度額 上限300万円くらいが多い
年収の3分の1以内
上限800万円くらいが多い
年収により審査で決定
必要書類 本人確認書類
50万円以上収入証明書要
本人確認書類
審査状況に応じて収入証明書要

このように総量規制外の銀行のカードローンも、年収により無理のない貸付額を審査で決定するのです。

必要書類も以前は300万円を超えた場合必要などという銀行が多かったのですが、現在では少額であっても審査状況によっては収入証明書が必要となります。

大きな違いは専業主婦であっても、総量規制外の銀行のカードローンなら、配偶者に安定した収入がある場合には申込が可能という点ですよね。もちろん銀行によっては専業主婦の申込は不可となっているところもあるので、確認が必要です。また専業主婦の貸付限度額は少額一律となっている所が多いようです。

年収に応じた貸付限度額は顧客の為でもある

カードローンの貸付限度額は、顧客の返済能力を審査で確認し、無理なく返済可能が金額を決定することをお話ししてきました。これはカードローン会社のリスクを防ぐことが大きな目的ですが、顧客にとっても無理な借入を重ねることなく、カードローンを利用できるので安心ですよね。

総量規制は数社のカードローンを利用し、返済の為にまた別のカードローンを利用するという、多重債務による破綻者を出さないことを目的として、施工された法律でもあります。年収に見合った借入額で、計画的にカードローンを利用することで、顧客はより便利に安全にゆとりのある生活を楽しむことが出来るのです。
閉じる
閉じる