カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

カードローン途上与信では限度額いっぱいの借入も不安材料となる!

カードローンを利用していたのに、突然カードが使用できなくなり、困ったという声を聞く事があります。カードローンは申込時の審査を通過できれば、それで安心というのではありません。その後の利用状況が問題なのです。

カードローン会社は顧客の管理はもちろん、定期的にカードの利用状況を調べ、限度額いっぱいに借入することを繰り返していないか、他社での借入に変動はないかなどの確認を行っています。これが途上与信です。

カードローンでは限度額いっぱいの借入はしないこと

カードローンを利用している途中で、急にカードが使用できなくなることがあります。これはカードローンの利用状況に、何らかの問題があったのでは、と考えられます。カード使用不可となってしまう理由をいくつか挙げてみましょう。

  • 返済期日に遅延があった
  • 他社での借入が増えた
  • 無理な借入が続いている

一番に考えられるのは、返済期日をうっかり忘れてしまい、返済遅延が起きてしまった場合です。この場合には返済が行われれば、カードは利用可能となります。カードローン会社によっては一定期間カードが利用できなくなる場合もありますが、多くは返済確認が取れた時点でカードの再利用が可能となります。

消費者金融の場合には総量規制があり、年収の3分の1を超える貸付はできません。もしも他社への申込などで、合計の借入額が100万円を超えた場合、収入証明書での確認が義務付けられています。信用情報で他社申込が確認された場合にはいったんカードを凍結して、収入証明書の提出を希望されることがあります。

限度額いっぱいに借入をしていて、返済したらまたすぐに借入する、そういった顧客も途上与信の対象となります。

貸金業法では途上与信についても借入残高が10万円を超える場合は3ヵ月ごと、1回の借入額が5万円を超え、借入残高が10万円を超える場合は毎月の途上与信が義務付けられています。

カードローンの途上与信は義務でなくても行われる

貸金業法では必ず途上与信を行うことが義務付けられていますが、カードローンの利用状況によっては、各カードローン会社それぞれで途上与信を行う場合もあるのです。途上与信はどのように行われるのか、次の項目で詳しくお話ししていきますね。

カードローンの途上与信はこうして行われる

カードローンの途上与信がどのような内容で行なわれるのか、気になりますよね。それでは途上与信でチェックされるのはどのような事なのかを確認していきましょう。

  • 利用状況に問題はないか
  • 他社での借入状況に変化はないか
  • 収入に変動はないか
  • 現在の借入残高と返済状況

カードローンの利用に無理がないか、返済に問題がないか、これが途上与信のチェック項目で最も重要な事です。

急に借入が多くなった。返済に遅延が目立つようになった。などが途上与信が必要という信号となるのです。

信用情報を照会して、他社での借入は申込当初と変わっていないかを確認します。個人信用情報では他社への申込履歴は半年間残るので、その申込履歴も参考にされますよ。途上与信では基本的には在籍確認はありませんが、明かに収入に変化が感じられ、無理な借入を行っていると見なされた場合には確認される場合もあります。

そして借入残高が10万円以上あるのに、返済してすぐに借入をしている。

限度額いっぱいの借入をしていて、借入枠が空くとすぐにまた借入をしているなども、不安な顧客として確認対象となるので注意が必要です。

途上与信は顧客の貸し倒れを未然に防ぐ為にある

カードローンの申込時には厳重な審査がありますが、一旦審査を通過して借入をしている顧客の状況が変わらないとは言い切れません。そういった顧客の変化をいち早くキャッチして、返済不能となるリスクを減らすために途上与信は行なわれます。

カード利用に特に問題が無い場合の途上与信は、カードの切り替えや更新時に行われることが多いのですが、カードローン会社によってその方法も回数も違います。ただカードを計画的に利用し、きちんと計画的に返済を行っている以上、問題のない顧客として途上与信必要無しと見なされる場合もあるのです。

途上与信はどのように行われるか

カードローンの途上与信は、申込当初の審査とほぼ同様に行われると考えて下さい。属性に変化はないか、個人信用情報に気になる履歴は残っていないか、などが審査項目となります。明らかに他社借入が増えていると思われる場合には、年収確認の為に収入証明書の提示が求められる場合もあります。

途上与信の結果、信頼できないと判断されれば、カードは利用停止となり、返済のみを行うことになったり、利用限度枠の見直しが行われる場合もあります。そう判断されることのないように、日頃からカード利用には気を付けるようにしたいものです。

日頃から信用実績を積むことで途上与信を乗り切る

カードローンの途上与信についてお話ししましたが、途上与信の必要性をおわかりいただけたでしょうか。カードローン会社は貸付したお金が回収不能とならないように、カード利用の都度顧客の管理を行い、その利用状況によって随時審査を行っていると考えてよいでしょう。

いつ審査をされてもよいように、日頃からしっかりと信用実績を積む必要がありますが、途上与信を乗り切るには、他にも気を付けたいことがいくつかあります。どのようなことがあるのか、挙げてみますね。

  • 返済期日はしっかりと守り随時返済も行う
  • 申込時の申告内容に変化があれば早急に申し出る
  • 借入残高を減らす努力をする

途上与信を乗り切るには、不安のある顧客だとみなされないようにする事です。きちんと返済期日を守って、計画的な返済を行う。余裕のある時には随時返済を行って、借入残高を減らすことも必要です。

計画的な返済を行うことで、カードローン会社は信頼のおける顧客であると位置付けます。

申込当初の状況に変化があった場合、必ず速やかに申し出るようにしてください。たとえば、メールアドレスが変わった、電話番号が変わったという場合、変更を申し出なかった為に連絡がつかなくなり、カードの利用停止となってしまった例もありますよ。

あと重要なのは勤務先などの変更です。勤務先は収入に直結する大事な情報です。転職の場合には早急に申し出るようにしましょう。申し出ないままに勤務先を退職していることがわかってしまうと、カード停止となる可能性もあります。気を付けて下さいね。

消費者金融のカードローンは他社借入も重視

総量規制のある消費者金融では、他社の借入限度額が増えた場合、その合計が100万円を超えると、年収の確認の為に収入証明書の提示を求めることが義務付けられています。他社利用額の合計限度枠が100万円を超える場合には、収入証明書を用意して申し出ることをお奨めします。

気付かれたから提出するのではなく、先に変更があったと連絡することで、より信頼感が増す場合もありますよね。

カードローン会社はカードの利用途中で、今から途上与信を行います、などと顧客に伝えることはありません。

必要と感じた時に抜き打ちで審査し、予告なしにカード利用の停止を決める場合もあるのです。

カードローンは無理なく計画的に利用する

カードローンの途上与信のこと、おわかりいただけたと思います。せっかく審査に通ってカードを手に入れたのに、途中でも審査が行われるとは、と不安にならないでください。しっかりと計画的に無理のない借入を心掛けていれば、途上与信は怖いものではありません。

カードローンを便利に無理なく利用する為には、どのような注意が必要なのかを知った上で、カードローンを上手に使って、ゆとりのある生活を送ってください。

  • 返済期日を守り計画的な返済を心がける
  • 今ある借入残高が無くなって次の借入をする
  • 一度の借入は一括返済できる金額とする

返済計画をしっかりと立てて、借入残高を減らし完済を目指しましょう。毎月の返済だけでなく、随時返済を行えば早く完済できますよね。次の借入は完済した後に行うようにすると、限度額いっぱいの借入をしてしまうなどという事はなくなります。

完済して、次に借りる借入額は一括返済のできるくらいの額に押さえ、最大でも5万円を超えない額を心掛けるとよいでしょう。一番大切なのは、無理のないカード利用です。返済、借入ともに計画を立てて、しっかりと自分自身を管理することが、いつ途上与信が行われても大丈夫という自信につながるのではないでしょうか。
閉じる
閉じる