カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

カードローン審査が不安でついついた勤続年数の嘘はばれる!?

カードローンの審査は特に問題ないと思っていても、何となく不安ですよね。申告内容で、少しでも審査に有利になるように、ついつい嘘の申告をしてしまったら、審査は通過できるのでしょうか。

こちらでは、勤続年数などで嘘の申告をした場合、どのような結果になるのか、お話ししています。また審査の方法や内容なども説明しています。カードローンの審査が不安と思っているなら、ぜひ参考にして下さいね。

カードローン審査は何の為にあるかを知ろう!

カードローンの申込で、心配なのは審査に通るかどうかですよね。まず審査は何の為にあるのか、当然おわかりだとは思いますがお話してみますね。

カードローン審査はごご存知のように、申込者の返済能力の有無を確認する為のものです。各カードローン会社によってその基準は多少違いますが、無担保でお金を貸し付けするのですから、しっかりと審査して融資の可否を決定するのは当然といえるでしょう。

審査は属性と信用情報によって行われる

カードローン審査は主に属性と、個人信用情報機関への照会により行われます。

属性とは申込者の現在の状況、勤務先、勤務形態、家族構成などをいいますが、この属性はあくまでも申込者の自己申告となり、各項目ごとに得点評価しているところが多いのです。

どのような評価となるのでしょうか。

高得点 低得点
年齢 30代40代 20代前半60代
勤務形態 正規社員 アルバイト派遣社員
勤続年数 3年以上 半年未満
家族構成 既婚家族同居 未婚独り暮らし

ほんの一部ですが、属性審査での評価は上記のようになります。ここで、年齢や既婚未婚については当然嘘はつけません。勤務形態や勤続年数についてはどうでしょうか。パートやアルバイトであっても正規社員と偽ったり、勤続年数3か月しか経っていないのに、1年と嘘の申告はできるかもわかりません。

このような嘘の申告は本当にばれる事はないのでしょうか。

はっきりといいます。嘘は必ずばれると考えて下さい。まず申告する内容に嘘があると、カードローン会社では違和感を感じます。

それは長年顧客の審査を行っているのですから、それほど簡単に騙されることはないと考えるべきなのです。

例えばパートなのに正規社員と偽ったとして、審査を通過したとしましょう。カードローン会社では違和感を感じれば、50万円以内の貸付金額であっても、収入証明書の提示をお願いします。そして貸付限度枠は少額となる可能性が高いです。嘘ではないかと思われた時点で、信頼関係は築けません。

勤続年数は属性でも大きなウェイトをしめる

属性の中でも、勤続年数は申込者の返済能力を確認する大きな項目となります。長年その企業に勤めているという事で、安定した収入が見込まれると判断されるからです。勤務して数か月しか経っていない場合には、いつ退職するかわからないとみなされても仕方ありません。

もしも勤続年数を偽って審査を通過したなら、どのような事になるのでしょうか。例えば3ヵ月未満を偽って1年とした場合、研修期間で早々に退職してしまうという可能性が出てしまいます。借入したお金を返済できなくなる可能性もありますよ。

嘘をつかないで、3ヵ月未満であるとはっきりと申告し、収入証明書を添えて申込むようにすべきです。そういった真摯で正直な態度の方が、審査上プラスに働くことが多いのです。当然貸付限度枠は10万円から20万円くらいになるでしょうが、無理のない金額といえるでしょう。

カードローン審査の属性の嘘はばれやすい

カードローンの審査は属性と信用情報で行われますが、信用情報に関しては個人信用情報機関への登録事項のごまかしはできません。他社での借入や多重申込なども、すべてお見通しということですね。そこで、属性の方を有利にと偽る結果となるのでしょう。

前の項目でお話した通り、属性での嘘、勤続年数を長く偽る、勤務形態を偽るなどは、結局はばれてしまいやすいものです。

嘘で審査を通過しても、後々困るのは自分自身なのです。正々堂々と嘘のない申告を心がけて下さいね。

カードローン申込時の嘘はかえって逆効果

これくらいは分からないだろう、この方が審査に通りやすいのではと、ついついた嘘かもわかりませんが、嘘は必ずばれますし、ばれた場合には審査落ちの大きな原因となりますよ。嘘の申告をした相手と、信頼関係は築けませんよね。

カードローン審査に通る為には信頼のおける人であると、思ってもらう必要があるのです。ここでもう一度カードローンの審査に通る為に必要なこと、どのようなことに気を付ければよいのかを確認しておきましょう。

  • 信用実績を積む努力をする
  • 嘘をつくのではなく、今の自分を信じてもらう
  • 申込申告内容に間違いなどないよう気を付ける
  • 収入証明書など必要な書類はあらかじめ用意しておく

何といっても信用実績を積むことで、多少勤続年数が少なくても、収入が多くなくても、今の現状のままの自分を信じて見てもらえれば、審査にも通りやすいのです。それには嘘ではなく、日頃からクレジットカードの支払い期日を守る、むやみに借入しすぎない事など信頼してもらえる行動をする必要があります。

また、勤続年数が3ヵ月未満など、属性で不安がある場合でも、正直にその旨申告して、必要なら収入証明書を用意して審査に臨みましょう。そういった真摯な態度は良い結果につながりますよ。

せっかく正直に申告したのにも関わらず、会社の電話番号やメールアドレスに間違いがあり、審査に通らなかった例もあります。必ず確認し、間違いや不備のないように気を付けて下さい。

嘘は必ずばれる!正直な態度こそ審査クリアの近道!

カードローンの申込時に、つい嘘をついたらどうなるか…おわかり頂けたでしょうか。嘘をついても、そのまま審査に通る可能性は0ではありません。たとえ審査に通ったとしても、後々返済が滞ってしまったり、遅延が続き、どうしても返済が難しくなるという結果になりがちだという事を知って下さい。

また利用途中でも、嘘がわかってしまった場合、信頼関係を失墜するのみでなく、最悪取引停止などの措置が取られる可能性もありますよ。

正々堂々と、今現在の自分を審査してもらい、自分の収入や属性の総合得点に見合った額の融資を受けるべきなのです。

勤続年数が少なくて、属性得点が低かったとしても、その他の項目で総合得点が良ければ、もちろん審査はクリアできます。信用実績をしっかりと積み、正直に申告することで、かえって審査をスムーズにクリアできる事もありますよ。正直にありのままの自分を審査してもらうようにしてくださいね。

勤続年数は長い程プラス要因!半年以上で申込むのがベスト!

勤続年数が少なくてもそのまま正直に、とお話ししました。ただ勤続年数が6か月未満の場合は、10万円から20万円と貸付金額を規制される可能性が高いのです。

勤続年数は長ければ長いほどプラス要因となります。できれば少なくとも半年以上は勤務してから申込む方が良いでしょう。

6か月から1年の勤続年数なら、貸付限度額も希望通りに設定される可能性もあるのです。

閉じる
閉じる