カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

消費者金融カードローンの在籍確認なしは実在する?に答えます!

消費者金融のカードローンの中には、在籍確認無しで融資を受けられる会社があると口コミなどで目にすることがあります。これは本当なのでしょうか。こちらで消費者金融の在籍確認無しについて検証しています。

カードローンの在籍確認について、必要性や方法も併せてお話ししています。カードローンの在籍確認は無い方が良いと思っているなら、ぜひ最後まで読んで下さい。そして在籍確認について正しく知って下さいね。

カードローンの審査と在籍確認

カードローンに申込をしたら、必ず審査があり、その審査の一環で在籍確認が行われます。カードローンは無担保でお金を融資するものです。それも面識のない顧客にお金を貸すのですから、きちんと返してもらえるかどうかを審査するのは当然ですよね。

返済能力があるかどうかを確認するのが審査です。審査には属性審査と信用情報による審査がありますが、属性の審査は顧客本人の申告事項により行われます。家族構成や居住形態、勤務先や勤続年数、年収などは申告内容を元に審査し、融資の額なども決定されるのです。

カードローンの審査は、あくまでもその内容に嘘が無いとした上での審査です。属性に関しては申込者の自己申告ですよね。

例えば年収や勤務形態、勤続年数など申告された内容を信頼して、申込者の返済能力の有無を見極めます。

もしも収入の元となる勤務先に本当は在籍していないとしたらどうでしょう。

在籍確認は審査の総仕上げ

本当は自営業だけど、審査に通り易いだろうから大手企業を勤務先にしてしまおう。そういった嘘の申告を防ぐ為に、在籍確認はあるのです。基本的には申込時点で勤務先に電話をして、間違いなく申告された勤務先に勤務していることを確認します。いわば審査の総仕上げのようなものですね。

もしも在籍確認が取れなかった場合には、当然審査には落ちる結果となります。収入の元となるのは勤務先です。その勤務先に確かに在籍しているという確認が取れないのでは、やはりお金を貸す側としては不安ですよね。

反対に間違いなく勤務先に勤めているのなら、在籍確認を恐れる必要はありません。不安に感じるのは、勤務先に借金をしようとしていることが分かってしまうのでは、という事ではないでしょうか。在籍確認の方法について確認していきましょう。

在籍確認は申込者に配慮して行われる

在籍確認は電話で行われますが、もちろん会社名は伏せて個人名での電話となります。

在籍が確認できればそれで良いので、席を外していると言われればそれだけで、何度も電話をすることはありません。ほんの数分で終わりますよ。

また、勤務に差し障りのない時間帯を希望するなど、相談することで、ある程度の希望は考慮してもらえるので、担当者に伝えるようにしてください。

それでも心配なら、あらかじめ在籍確認の電話があることを、電話を受ける人に話しておくと、よりスムーズです。

少し高額な買い物をローンで購入したので、確認の電話があると思う、その時はよろしく。と明るく言っておけば、あれこれ詮索されることもありませんよ。

在籍確認無しのカードローン

それでもやっぱり、会社に電話がかかるのは嫌というのなら、大手消費者金融が在籍確認なしとうたっている、WEB完結でのカードローンの申込があります。ただし、在籍確認の電話なしというのはあくまでも異例と考えて下さい。

WEB完結での申込には、細かい条件があり、また審査状況によっては架電による在籍確認がされる場合もあるのです。どのような条件なのか確認していきましょう。

  • 指定銀行の口座を利用している
  • 社会保険証組合保険証など所持している
  • 収入証明書・直近の給与明細を提示できる

WEB完結利用には振込融資、返済で利用する指定銀行の口座を所持していることが条件になっています。口座があり、その利用状況を確認することで、申込者が信頼できる人かどうかをここでも審査していると考えられます。

社会保険証や組合保険証を所持していることで、大手企業の社員であることが確認できます。収入証明書と直近の給与明細があれば、ほぼ間違いなく申告の勤務先に勤務していると見なされます。それでWEB完結では在籍確認の電話がない、とうたわれているのです。

WEB完結での申込でも在籍確認はしている

上記のように、WEB完結での申込では、口座や必要書類によって在籍確認を行っているのです。在籍確認なしというのではなく、電話での確認はないという事になります。その為、WEB完結でのカードローン申込は、条件を満たした場合に限って利用できる申込方法なのです。

WEB完結以外で書類の在籍確認は出来ないの?

在籍確認は原則電話で行われ、例外的にWEB完結での申込では書類による在籍確認が行われるけれど、利用には条件があるとお話ししてきました。WEB完結以外には書類で在籍確認してもらえないのでしょうか。またそれはどのような理由からなのでしょうか。

結論をいうと、原則在籍確認は電話で行われるので、WEB完結の申込以外、書類での在籍確認はできないということになります。

なぜ在籍確認は電話でなければいけないのでしょうか。いくつか理由を挙げてみましょう。

  • 直近の給与明細では現時点との時間差がある
  • 電話をする事により企業の状況も把握できる
  • 書類での確認よりも早く簡単に確認できる

給与明細での確認は、今現時点での確認とならないという不安があります。給与支給の後すぐに会社を辞めてしまったということが絶対に無いとはいえませんよね。

電話での確認なら、今の時点で申込者が勤務先に在籍しているという証明になります。

また、これはあくまでも一つの考え方ですが、在籍確認の電話を掛けた時の応対で、企業として信頼できる会社かどうかもある程度把握できるというメリットにもなるのではないでしょうか。

在籍確認の電話は時間にしてほんの2、3分で完了します。何種類もの書類を提出してもらい、それを確認するよりもずっと早く簡単なのが、電話での確認です。その為に各カードローン会社では在籍確認は原則電話で行っているのです。どうしても正当な理由があり電話は無理という場合には個別相談してくださいね。

審査も在籍確認もスムーズにスマートに切り抜けられる

カードローンの在籍確認は原則電話で行われますが、WEB完結など、書類のみでの在籍確認が可能な申込方法もあります。

もちろんその場合でも電話が勤務先にかからないというだけで、在籍確認がないという訳ではありませんよ。在籍確認無し、というのは在籍確認の電話は無し、ということなのです。

審査も在籍確認も、申込者の返済能力の有無を確認する為に必要なものです。カードローンに申込む時の心配事に挙げられる審査と在籍確認ですが、無理なくスムーズに通過する為にはいくつかのポイントがあるのです。そのポイントを押さえて、臨めば審査も在籍確認もけっして恐れる必要はありませんよ。

審査は属性と信用情報で行われる

審査は属性と信用情報により行われ、総合的に返済能力が有ると見なされれば融資可能となります。審査をスムーズに通過する為にはどのような点に注意が必要なのかを挙げてみましょう。

  • 属性では少しでも高得点を狙う
  • 日頃から信用実績を積む
  • 申告内容に間違いがないようにする

属性審査とは、申込者の今現在の状況についての審査で、年齢や勤務形態、勤続年数などにより審査されます。この属性審査は項目別の得点評価になっていることが多いのです。少しでも高得点になるようにしたいですよね。

例えば、勤続年数は長い程高得点ですが、1年未満よりも1年以上の方が得点が高くなります。反対に半年未満では低得点となってしまいます。出来れば1年以上勤めて申込む方が良いのです。急ぎで融資を受けたい場合は仕方がありませんが、そうでない場合にはせめて半年は勤務してから申込ましょう。

信用情報は各個人信用情報の照会により審査されます。日頃からクレジットカードなどの支払い期日をしっかりと守るなど、信用実績を積むことで、信用情報による審査はスムーズにクリアできるのです。

在籍確認をスムーズに切り抜けるために

在籍確認をスムーズに終らせる為に必要な事は、申告内容に不備がないようにする事です。部署名をしっかりと記載していなかったり、電話番号が間違っていた為に確認できず、審査に落ちてしまったなどということのないように、充分注意してくださいね。

また、在籍確認については、申込時に相談しておけば、ある程度の希望には、添うようにしてくれる場合が多いようです。通常個人名での架電を、銀行系なら銀行名にしてもらう、女性からの電話を希望ならその旨申し出るなど、希望を伝えるとよいでしょう。

勤務先では電話を受けるであろう人に、在籍確認があることを話し、あらかじめお願いしておくとよいでしょう。クレジットカードを作ったので確認の電話があるとか、カードローンといわなくても理由はいろいろありますよね。恐れるのではなく、スマートに乗り切って下さいね。

結論は在籍確認無しではなく在籍確認の電話無し

カードローンで、在籍確認無しというのは在籍確認そのものが無いというのではなく、書類等で在籍確認を行い、勤務先に在籍確認の電話は無いということなのです。条件を満たすことが出来れば、WEB完結での申込を行うことで、在籍確認は書類による確認になります。

条件を満たす事が出来ない場合で、どうしても勤務先への電話は避けたい場合には、必要書類を揃えて、書類での在籍確認を希望する旨、担当者に相談することをお奨めします。在籍確認無し、は有り得ませんが、在籍確認の電話無しでの審査通過は有り得ます。無理なく上手に切り抜けて下さい。

 

閉じる
閉じる