カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

気を付けて!カードローンでの多重申込みは審査落ちの目安になる!

カードローンの審査に通らなかった、何が原因なのかわからないという人がいます。カードローンの審査はどのように行われるのでしょうか。また審査に落ちたのは、何が原因となっているのでしょうか。

こちらではカードローンの審査について、詳しくお話ししています。審査が心配だからと複数社に同時申込した時には、審査落ちとなってしまいます。多重申込についても説明しています。カードローン申込時の注意点として参考にして下さいね。

カードローンの審査はこうして行われる

カードローンに申込むと、必ず審査があります。審査は、申込者が返済できる人かどうかを見極める為に必要なものなのです。しっかりと審査がどのように行われるのかを知った上で申込を行うことが必要です。

まず審査はどのように行われるのかを、お話ししていきましょう。審査の基準は各カードローン会社でそれぞれ違いますが、基本的な内容にはそれ程差は無いと考えてよいでしょう。

  • 属性による審査
  • 個人信用情報による審査
  • 在籍確認

大まかには属性と信用情報によって、返済能力の有無を確認するのが審査なのです。

審査内容については借入希望額や、申込者個人個人で多少違いますが、多くは属性はポイント評価、信用情報は各個人信用情報機関への照会により審査可否が決められます。

属性のポイント評価というのは、属性を項目別に得点評価し、その総合得点(ポイント)で返済能力の有無を確認するということです。

各カードローン会社での合格ラインに達した申込者が審査を通過できるという訳ですね。

在籍確認は、申込者の勤務先へ電話をして、間違いなく申込者が勤務先に今現在勤務しているかを確認します。この在籍確認を不安に思う人は多いですよね。会社に電話をされるのは嫌と思われる人もいるでしょう。在籍確認はしっかりと配慮の上、行われるので安心して下さい。

審査も在籍確認も必要以上に恐れない事!

日頃から信用実績を積み、嘘の申告をしていないのなら、カードローンの審査を必要以上に恐れることはありませんよ。在籍確認もただ、在籍を確認する為のものです。カードローン会社名での電話ではもちろんありません。個人名で「○○さんはいらっしゃいますか」と確認するだけです。

心配なら、電話を取るであろう人に、クレジットカードに申込んだので確認の電話があると思う、とあらかじめお願いしておくのもよいのではないでしょうか。その他審査を恐れなくてもよいように、気を付ける点をいくつか挙げてみますね。

  • 日頃から支払期限を守るようにする
  • 過去に金融事故が無いこと
  • 同時期に複数社に申込をしない
信用情報は過去の金融事故だけでなく、クレジットカードなどの支払い状況も確認出来るので、日頃から遅延、延滞などのない支払を心掛けましょう。過去に金融事故履歴が有る場合には、審査に通ることはまずありません。長期延滞など、気付かないままに金融事故履歴となっている場合もあります。

不安な人は各個人情報機関へ開示請求して確認しましょう。5年近く前に、2,000円の支払いが3ヵ月以上の延滞となっていた事があり、すっかり忘れてしまっていて、カードローンの審査に落ちてしまったという例もあります。属性に問題が無いのに審査に落ちた経験のある人は注意が必要です。

カードローン審査に通る人落ちる人

勤務先も同じくらい、勤務形態も収入もほぼ同じなのに、カードローンの審査に通る人、落ちる人がいるのは何故なのでしょうか。属性を項目別に確認してみましょう。

高ポイント 低ポイント
年齢 20代後半~40代 20代前半 60代
勤続年数 3年以上 6ヵ月未満
家族構成 既婚 家族同居 未婚 一人暮らし
居住形態 本人、家族持家 賃貸アパート・公営住宅

各カードローン会社で内容は多少違いますが、勤務先、収入、勤務形態以外にも、さまざまな項目があり、それぞれで得点評価されます。

たとえば既婚、未婚でも得点は違うのです。同じくらいの収入でも勤続年数が半年未満と5年なら、得点は大きく違ってきますよね。

属性の得点が審査に通った人と、ほとんど変らない場合や、これといって他に問題がない場合でも、カードローンの審査に落ちるのなら、やはり過去の金融事故履歴が関係している可能性がありますよ。

意外と長く残る金融事故あれこれ

カードローンの審査に何度も落ちてしまう人は、自分でも把握出来ていない金融事故の履歴が個人信用情報に残ってしまっている可能性があります。金融事故のこと、また、その他審査落ちしてしまう原因について確認していきましょう。審査落ちの原因には次のようことが考えられます。

  • 金融事故の履歴が残っている
  • クレジットヒストリーがまったく無い
  • 同時期に複数社への申込をしている

個人信用情報には申込者の信用情報が登録されています。例えばクレジットカードでの物品購入の支払い状況、携帯電話の使用料金の支払い状況などが登録されているので、遅延や延滞があれば、即カードローン審査にひびくという結果になります。

当然金融事故の履歴が登録されている場合には、審査をクリアする事は出来ません。

また、金融事故履歴が消えても、一定期間残るべき履歴がまったく無い、クレジットヒストリーが無いという場合も、審査落ちの原因となるので注意が必要です。

いつも現金主義で、クレジットカードは使わない、という人でも携帯電話の機種代金は使用料金と一緒にローンで支払っているのではないでしょうか。

そういった登録も無いとなると、カードローン会社としては、信用情報に問題ありと考えて融資は不可となってしまうのですね。

金融事故の履歴はこんなに長く残る

CIC JICC KSC
自己破産 5年 5年 10年
任意整理 登録無し 5年 5年
長期延滞 5年 1年 5年
多重申込 6ヵ月 6ヵ月 6ヵ月

個人信用情報機関への金融事故登録は、上記のように長い年月履歴として残ります。そしてその金融事故履歴は各機関への照会で、共有されるのです。その為に金融事故履歴のある申込者は、どのカードローンに申込んでも審査に通る事は無い、という結果になるのです。

多重申込が審査落ちの目安となる訳

金融事故と同様の扱いで、信用情報に登録されるのが、同時期に複数社への申込を行ったという情報です。

審査が心配だからと、何社かに申込すればどこかに通るだろうと考えて申込んだことはありませんか。これは多重申込としてカードローン会社では審査落ちの原因となるのです。

そしてその情報は半年間消えずに残ります。カードローン会社は申込者の信用情報を照会し、審査の目安にするのですが、カードローンへの申込も個人信用情報機関に登録されます。その情報はカードローン会社への申込、という情報だけで、審査に通ったかどうかの情報ではありません。

カードローン会社では、複数社への申込を行っている、という情報だけが確認できるという事になります。何社へも申込をするほどお金に困っているのか、とマイナス評価されてしまいます。複数社への申込が容認されるのは、せいぜい2社までだと考えられます。できれば1社にしぼりましょう。

もしも審査落ちしてしまったら

もしもカードローン審査に落ちてしまったら、考えられる原因を取り除き、信用実績を積む努力をした上で、半年以上経ってから改めて申込を行うようにして下さい。

不安な場合には、自分の信用情報を開示請求して、確認する事もできますよ。申込の履歴が残っていないかもしっかりと確認した上で、次回カードローンへの申込を行う時には、決して複数社への申込を行ったりしないように、1社のみへの申込は守って下さいね。
閉じる
閉じる