カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

カードローンの増額審査。スムーズにクリアする為には信頼が鍵

カードローンでの借入中だけど、もう少し限度額を増額して欲しいと考えることがありますよね。カードローン限度額を増額するにはどのようなことが必要となるのでしょうか。限度額増額の為には借入当初と同様に審査が必要です。

こちらでは限度額を増額してもらう為にはどのようにすればよいのかを、わかり易くお話ししています。またスムーズに増額審査をクリアする方法なども併せてお話ししているので、そろそろ限度額の増額を検討しているという人必見ですよ。ぜひ参考にして下さいね。

限度額の増額はどうすれば申込める?

カードローンを利用していると、当初の限度額を少し増額して欲しいと思うことがあります。増額はどのように申込めばよいのでしょうか。また増額してもらうにはどのようなことに気を付ければよいのでしょうか。増額の申込方法と増額についてどういった点に気を付けるべきなのかをそれぞれ確認していきましょう。

カードローン増額案内と増額申込

カードローンを利用し始めて半年以上経つと、カードローン会社から何等かの形で増額案内が来ることがあります。今の限度額から増額を促す内容の案内ですが、書面や利用カードローン会社のホームページの会員ページ、利用後のATMなどで案内されることがあるので、増額を希望する場合には気を付けておきましょう。

もちろんすべてのカードローン会社が増額案内をしている訳ではないので、増額案内が来なくても増額に応じてもらえる場合も当然ありますよ。その場合には増額について利用しているカードローンの窓口に問合せして下さいね。

増額案内があった場合でも、必ず増額に応じてもらえるわけではありません。増額を希望する旨の申込と増額に伴う審査をうける必要があります。

増額の申込から増額までの流れを確認しましょう。

ATMで増額案内があった場合

1ATMで増額手続き→2そのまま契約→3増額融資可能

ATMで増額が可能という案内があった場合には、比較的簡単に増額の手続きを完了することができます。もちろん増額審査はありますよ。増額の場合収入証明書が必要な場合もあるので用意しておくと良いでしょう。

通常の増額申込から増額までの流れ

1電話、ネットの会員ページより申込→2増額審査→3増額融資可能

まずカードローン会社の受付窓口へ電話で申込むか、ホームページの会員ページで増額申込をして下さい。申込を受けて増額が可能かどうかの審査が行われます。審査の結果増額可能となれば、増額限度額での融資が可能となります。

増額審査に受かる為には日頃から返済に遅延や延滞のないことが必要条件となります。

また消費者金融の場合には総量規制があるので、年収の3分の1以内の限度額に抑える必要があります。年収に応じて増額の希望金額を考えるようにして下さいね。

増額案内があっても無くても、増額には審査があるとお話ししました。どのような審査内容になるのか、またスムーズに増額してもらうにはどういう事に気を付ければよいのか、次の項目で詳しくお話ししていきましょう。

増額審査は当初の申込時より厳重審査になる?

カードローンの増額には増額の為の審査があります。

申込当初に審査は通っているので簡単な審査なのでは、と考えがちですが、申込当初の審査通過は今の限度額に対してのものとなります。

この限度額を増額するのですから、申込当初と同様な審査が行われると考えた方がよいでしょう。

属性に関しては当初と変更がなければ、ほぼ同様な総合評価となります。属性の内収入は、総量規制による貸付限度額に大きくかかわってくるので、収入に変化があった場合にはしっかりと申告する必要がありますよ。問題なのは信用情報です。どういう点に注意が必要なのでしょうか。

  • 毎月の返済に遅延や延滞がない
  • 他社での借入が増えていない
  • 最低でも6ヵ月以上の利用実績がある
  • 適度な借入実績があり計画的な返済をしている

毎月の返済期日をきちんと守っているかどうかが、増額審査のポイントとなります。しょっちゅう遅延したり延滞があるのでは増額審査には通らないですよね。毎月の返済期日に忘れず返済することが、信用実績を積む結果になるのです。

信用情報で確認されるのが他社での借入状況です。で他社のカードローンなどでも増額の申込をしていたり、他社利用での延滞も重要な目安となります。クレジットカード支払なども遅延しないように支払いましょう。

増額申込はカードローン利用の実績も大きな審査ポイントとなります。最低でも6ヵ月以上の利用が必要です。また適度な利用や随時返済を含む計画的な返済を行っている場合には、信頼関係が築けていると見なされる可能性が高くなります。

カードローン増額申込で反対に減額になることも!

限度額の増額には審査があり、審査を通過すれば今の限度額よりも多い金額での設定での契約となるのですが、この審査によって、反対に限度額が0になってしまったり、減額される可能性もありますよ。それはどのような場合なのか、確認していきましょう。

  • 以前の勤務先を退職していた
  • 収入が減少している
  • 他社を含む限度額が総量規制を超えている

当初の申込み時に申告していた勤務先を退社していた、などは増額審査の否決のみでなく、現状の限度額も一旦0となり利用不可になる場合があります。もしも勤務先の変更があった場合には速やかに届け出る義務がありますよね。それを怠っているのは信頼を失う結果となってしまうのです。

アルバイトやパートで申告時に比べて収入が減ってしまった場合。

増額審査の時には金額によっては収入証明書が必要となる場合があります。収入によっては現限度額から減額となる可能性もありえます。

また総量規制の関係で、他社の限度額が増えていたり、他社との取引が増えた場合には限度額が無くなる可能性もあると知っておいて下さいね。

希望する限度額が総量規制を超えていないかをしっかりと確認して増額申込をして下さい。

カードローンの増額は無理のない金額設定に!

カードローンを半年以上利用していると、カードローン会社の方から増額を案内されることがよくあります。問題なくカード利用をしている顧客に対しての案内とはなりますが、案内があったからといっても必ず増額に応じてもらえるかというと、そうではありません。

お話ししてきたように、増額審査をクリアして初めて増額されるのです。そしてその金額により、新たに収入証明書の提出が必要となる場合もあるのです。これは総量規制を受ける消費者金融だけでなく、銀行のカードローンにもいえるので、高額への増額を希望される時には充分注意して下さいね。

消費者金融では、他社の限度額も含めて年収の3分の1以内の貸付を義務付けられています。銀行のカードローンは総量規制対象外ではありますが、やはり年収に見合った限度額設定となっています。当初の限度額から大幅な増額ではなく、必要に応じた無理のない金額設定をお奨めします。

現限度額と増額限度額

無理のない増額とはどの位をいうのでしょうか。増額を希望し、どれくらいの金額なら審査をクリアし易いかを確認してみましょう。

消費者金融の場合、年収300万円であれば、他社利用が無ければ100万円までの貸付は可能となります。ただし、現在30万円の限度額なら、一気に100万円まで増額となると少し難しいのではと考えます。20万円増額して50万円の限度額くらいが妥当ではないでしょうか。

50万円を超える限度額の場合には収入証明書の提出が必要となるので、あらかじめ用意した上で申し込むようにして下さいね。

また、当初よりも収入が増えたという場合には、その旨申し出ると審査時に有利です。その場合にも収入証明書を用意するとよいですね。

閉じる
閉じる