カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

カードローン審査どうすれば所得証明不要になる?に答えます!

カードローンは借入の限度額によって所得証明書が必要となります。所得証明不要でカードローンを申込むには限度額だけ気を付ければ大丈夫なのでしょうか。実は少ない限度額でも所得証明が必要な場合もあるのです。

こちらではカードローン申込で所得証明書不要となるのは、限度額がどのくらいまでなのか、どのような場合に所得証明書が必要なのかなど、わかり易くお話ししています。カードローンの申込書類を出来るだけシンプルにしたい方必見ですよ。

消費者金融と銀行では所得証明書要不要の基準が違う?

カードローンの申込には必要書類の提出が必要となります。これはどのカードローン会社であっても同じです。

必須は本人確認が出来るもの、一番推奨されるのが運転免許証ですよね。これは顔写真があるので本人に間違いがないと確認するには最も確実なものです。

運転免許を所得していない場合には、健康保険証やパスポートでも確認書類にはなりますが、併せて住民票など、他の書類の提出を求めるカードローン会社もあるので、事前に確かめる必要がありますよ。

消費者金融と銀行のカードローンでは、この必要書類の提出基準が違うといわれていますが、本当にそうなのでしょうか。必要書類について消費者金融と銀行のカードローンを比べてみましょう。

消費者金融 銀行カードローン
総量規制 対象 対象外
必要書類 本人確認書類(運転免許証など)
50万円以上は収入証明書要
本人確認書類(運転免許証など)
収入証明書提出基準 50万円超える借入の場合
他社借入限度枠合計100万円以上
各銀行基準の限度枠を超えた時
50万円以内でも収入証明書要の場合あり

上記の通り、消費者金融と銀行のカードローンの提出書類には多少違いはありますが、基本的な必要書類は本人確認書類と同じです。

間違いなく申込者本人であるという証明になるものですから、当然のことですよね。

総量規制は貸金業者へ向けての法律、貸金業法での規制なので、銀行のカードローンは対象外となります。総量規制では年収の3分の1以内の貸付額と規制されており、50万円を超える貸付額、もしくは他社合計100万円以上の場合は、収入証明書の提示が義務付けられています。

その為に消費者金融会社ではその法律に則り、50万円を超える借入を希望する顧客には収入証明書の提示を求めています。申告で他社との合計限度枠が100万円を超える場合も同様です。銀行のカードローンでは、各銀行では、それぞれの基準を設けて収入証明書の提出が必要となっています。

所得はカードローン審査にどう影響するのか

所得、年収はカードローンの審査においては、属性審査の対象となるものです。勤務先や勤続年数などと同様に、融資の可否を決定する為の大きな目安となります。

審査項目としての属性には、どのようなものがあって、どれくらいの影響があるのかを確認してみましょう。

消費者金融 銀行カードローン
勤務形態 アルバイト・パート可
安定した勤務地なら派遣社員も可
正規社員が望ましい
勤続年数 長い程有利(1年以上) 長い程有利
年収 額よりも安定しているかどうか
総量規制により貸付は年収の3分の1以内
年収制限の銀行もある
安定して尚且つ一定額以上が望ましい
専業主婦 総量規制の為不可 配偶者に収入あれば可

それぞれの業者、銀行により多少の違いはありますが、属性に関してはほぼ上記のような審査基準となります。

年収は毎月安定していることが重要です。無職の専業主婦が申込めるのは銀行のカードローンのみとなります。

総量規制では年収の3分の1以上の貸付はできなくなっています。消費者金融での借入に年収が大いに関わってくるのはこの為ですよね。

そのかわりに、限度額を少額にするのなら、消費者金融のカードローンでは安定した収入さえあれば、アルバイトでもパート社員でも借入可能となる事は多いのです。

カードローン審査で提出書類を最小限にする為に

総量規制では50万円を超える融資額の場合には、収入証明書が必要となるとお話ししました。出来ればカードローン申込での提出書類は最少限にしたいですよね。最小限というのは運転免許証のコピーなど本人確認書類のみということになります。

それなら、50万円以下の借入にするだけでよいのではと考えがちですが、必ずしもそうではないのです。

もちろん審査状況で問題がなければ、50万円以内の貸付限度額の場合は収入証明書は不要となっています。もちろんそれは他社の借入限度枠が無い場合に限ります。

総量規制では、他社の借入限度枠を合計して100万円以上となる場合にも収入証明書の提出を義務付けています。もしもクレジットカードを2枚持っていて、キャッシング枠が合せて60万円あった場合、新規のカードローンの限度額が40万円を超えた場合には収入証明書が必要となるのです。

審査の状況次第で収入証明書が必要となることもある

借入額50万円を希望で、他社借入枠も30万円、それなら本人確認書類のみで良いだろうと思っていたのに、収入証明書を提出するように言われた、という例もあるのです。

申告内容では300万円の年収とあるけれども、個人信用情報ではクレジットカードの支払い遅延が時々見受けられる。延滞ではないけれど、収入にバラつきがあるのではないか、など気にかかる点がある時には、収入の確認をされることもあると知っておいて下さい。

本人確認書類のみで審査通過をする為には、信用実績をしっかりと積んでおく必要もあるということです。銀行のカードローンの場合も同様に、金額に関係なく収入を確認される場合があります。また運転免許証を持っていない場合には健康保険証と住民票、公共料金の領収証などの提出が必要な場合もあります。

カードローンの審査をスムーズに終える為のコツ

カードローンでの提出書類についてお話ししてきましたが、審査がスムーズに通過できれば、おのずと提出書類も本人確認書類のみで済むことが多いということになります。審査をスムーズにクリアする為に必要なことをいくつか挙げてみましょう。

  • 申告内容に不備や間違いのないようにする
  • 申込金額は高額を避ける
  • 信用情報に不安な履歴を残さない

申告内容に不備や間違いがあると、審査する側では不信に感じられることがあります。単なる間違いであっても嘘の申告と捉えられることもあるのです。充分に注意をして入力するようにして下さい。

申込金額については、他社のキャッシング枠がある場合には合計が100万円を超えることのないようにして下さい。銀行の場合は総量規制対象外ですが、希望金額が高額になるとやはり収入を確認されることがありますよ。

日頃から支払に遅延や延滞はしないことです。信用実績を積んでいれば、審査はスムーズに通過できる可能性が高いのです。信用実績を積み希望金額を少な目にすることで、所得証明書を提出することなく、カードローン審査をスムーズにクリアする可能性が高くなりますよ。
閉じる
閉じる