カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

専業主婦もカードローン利用可!申し込みにピッタリな借入先は?

専業主婦も急にお金が必要になることがあります。子どもの教育費やママ友との食事会、趣味の習い事で少しだけお金が足りなくなった、そんな時にカードローンで簡単に借入することが出来ると、便利ですよね。

専業主婦でもパートやアルバイトをして収入を得ているのなら、もちろんカードローンの申込は可能です。無職の専業主婦の場合は総量規制の為に消費者金融のカードローンへの申込は不可となっています。無職の専業主婦が申込めるカードローンはないのでしょうか。

カードローン専業主婦が申込むには?

アルバイトやパートの主婦ならもちろんカードローンへの申込は可能です。限度額は少なくなりますが、主婦が少し不足するお金を借入するのには充分ですよね。無職の専業主婦の場合、総量規制の為、消費者金融のカードローンには申込む事ができません。

年収の3分の1以内の貸付を禁止するのが総量規制です、無収入の場合には貸付不能となりますよね。

それでは専業主婦はカードローンに申込めないの?というと必ずしもそうではありません。

銀行のカードローンは貸金業者ではない為に貸金業法の総量規制は対象外となります。

専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば銀行のカードローンには申込が可能です。

銀行によっては専業主婦の申込は不可としている所もあるので申込の前に専業主婦の申込が可能かどうか確認が必要です。

専業主婦の借入限度額には制限がある

専業主婦でも銀行のカードローンには申込が可能とお話ししましたが、専業主婦の借入には限度額に制限がある場合が多いです。各銀行によりその限度額は多少違ってくるので確認が必要です。

当然ですが、配偶者に安定した収入があることで申込可能となる銀行のカードローンです。利用状況はそのまま配偶者の信用にも繋がります。期日にきちんと返済することはもちろん、無理なく計画的に利用するようにしてくださいね。

配偶者に内緒でカードローンに申込したい?

専業主婦のカードローン申込で心配なことのひとつに、配偶者や家族に知られたくないということではないでしょうか。お金を借りることがわかってしまったら心配をかけるというのがその理由ですよね。

専業主婦の申込の場合、配偶者の勤務先への電話や配偶者の同意書を必要とする銀行はほぼ無いと思われます。本人確認の電話はありますが内緒でカードローンへの申込は可能なのです。もちろん返済遅延や延滞があった場合には当然配偶者へ連絡が行くこともあるので気を付けて下さいね。

安心してカードローンに申込む為に

何の為にカードローンに申込むのか、例えば子どもの教育費にお金がかかって生活費が少し足りない時に借入れしたい、計画的な借入返済をしっかりと行うことなどを配偶者に話し、了解を得た上でカードローンに申込む方が安心して申込めるのではないでしょうか。

あくまでも無理な借入はしないこと、きちんと早めに完済することをあらかじめ話しておくことで、気分的にもずっと楽にカードローンへの申込ができますよ。また専業主婦の場合は比較的少額の限度額に限定されることが多いということも家族に話して安心してもらいましょう。

専業主婦のカードローン審査ここを注意!

カードローンの審査は不安なものです。まして専業主婦の場合は尚更心配ですよね。審査についてどのような事に注意しなくてはいけないのか、どのようなことが必要なのかをお話ししていきましょう。

  • 日頃から信用実績を積む努力をする
  • 複数の銀行に同時申込をしない
  • 専業主婦の申込が可能か確認しておく

クレジットカードでの支払期日、通信販売での支払い期限などをうっかり忘れることなく、遅延せずに守ること、公共料金の支払いも延滞しないこと、そういったことが信用実績を積むこととなるのです。

公共料金の支払いが遅れたことがすぐに信用情報の履歴に残るわけではありませんが、普段から支払いに几帳面な気持ちでいるという心構えが大切なのです。

申込もうとしている銀行のカードローンが専業主婦の申込を受け入れているかどうかを確認する必要があります。銀行のカードローンでも専業主婦の申込不可の場合があるからです。また複数の銀行への申込も多重申込みとして信用情報に登録されます。絶対にやめましょう。

カードローン審査の方法と内容

カードローンの審査は各カードローン会社の基準で行われますが、その内容は属性と信用情報の照会によります。

属性は本人に関する情報、年齢や家族構成、居住形態などです。専業主婦の場合は配偶者の勤務先、年収なども対象となります。信用情報は全国銀行信用情報センターやCIC、JICCの情報機関で照会され、履歴状況によって融資の可否が決定します。

主婦でも即日融資可能?

無職の専業主婦の場合、総量規制の為に消費者金融のカードローンには申込ができません。

銀行のカードローンは総量規制の対象外なので、無職の専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば申込が可能な場合もあるのです。

以前は専業主婦の申込に積極的だった大手銀行の中にも本人に収入があることを重視する銀行が増えているので確認が必要です。また銀行のカードローンは過剰貸付を防ぐ為と、反社会勢力に対する確認等に時間をかけることが義務づけられ、実質即日融資に対応が出来なくなりました。

銀行のカードローンでは、専業主婦のみでなくすべての顧客に対して審査に時間をかけることになったのです。アルバイトやパートで少しでも安定した収入のある主婦なら、消費者金融のカードローンで即日融資を受けることはできますよ。無職の専業主婦の場合には即日融資は難しいと考えられます。

最短での融資を受ける為に必要なこと

無収入の専業主婦は即日融資を受けることは難しいとお話ししましたが、それでもスムーズにいけば最短での融資は目指せます。

スムーズな融資にはどのようなことが必要となるのでしょうか。

  • ゆとりを持って午前中に申込を行う
  • 貸付条件を確認し条件にあっているか確認する
  • 必要書類を用意し申告内容に不備のないように注意する
  • メインバンクでの申込など口座のある銀行を選ぶ

申込は平日午前中に行うと、何か不備があっても連絡が取りやすいでしょう。ゆとりをもって申込むようにして下さい。

メインバンクなど本人名義の口座取引のある銀行を選ぶのもそれまでの信頼関係が認められる大きな目安になるので有利ですよ。

大切なのは貸付条件に配偶者に収入のある専業主婦可と明記されているかどうかです。

専業主婦可と明記されていない場合、問合せ窓口に確認する必要がありますよ。条件付きで申込める場合もあるのであきらめないで下さいね。

地方銀行の場合など、申込条件に居住地域限定となっていることがあるので、気を付けましょう。申告内容に不備や間違いのないように注意するのは当然のことですね。うっかり記入間違いをしたために審査に手間取ったり、審査否決となることがあります。注意して記入入力しましょう。

専業主婦は少額限度額で無理なく計画的な借入を

銀行のカードローンは2018年春から、貸付についてじっくりと審査を行うようデーター照合を義務付けられたこともあり、専業主婦のカードローン申込は厳しくなったといわざるを得ません。それでも信頼関係の結べている銀行なら少しでも早い融資が期待できる場合もあるのです。

しっかりと確認の上、申込んで下さいね。また少額の限度額で申込むことでより早い融資が可能となることもあります。専業主婦の場合は少額限度額で申込、計画的な利用をお奨めします。

閉じる
閉じる