カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

カードローン専業主婦の審査と在籍確認はどのように行われる?

専業主婦でもカードローンに申し込みたいと思うことってありますよね。家事一般を仕事としている専業主婦には、当然ながら収入と呼ばれるものはありません。無収入である専業主婦の申し込めるカードローンは限られます。

専業主婦の申し込めるカードローンは少ないのですが、それでも申し込み可能なカードローンはありますよ。ただ、カードローンに申し込みをした場合、専業主婦への審査や在籍確認はどうなるのかと不安に思いますよね。こちらではそんな不安に詳しくお答えしています。

専業主婦は銀行のカードローンのみ申込が可能

カードローンには消費者金融など貸金業者のカードローンと銀行にカードローンがあります。貸金業者のカードローンは貸金業法の総量規制対象となり、無収入の専業主婦は申込むことができません。

総量規制とは年収の3分の1以上の貸付を規制するものなので、収入のない専業主婦は申込条件からはずれます。

銀行のカードローンも、申込条件に安定した収入のある人を挙げていますが、総量規制対象外のため、本人に収入がなくても配偶者に安定した収入があれば、専業主婦の申込を受け付けている銀行もありますよ。専業主婦の申込が可能かどうかを確認の上申込むようにしてくださいね。

専業主婦であっても、審査は通常通り行われます。そして返済能力があるとみなされれば融資は行われるのです。ただし本人に収入が無いのですから、借入限度額についてはカードローン側のリスクの少ない上限での設定となっています。これは配偶者の年収額には関係なく一律の限度額となることが多いのです。

勤務先のない専業主婦への在籍確認

通常、仕事を持っている人への在籍確認は、勤務先への電話によって行われます。現時点で申告の勤務先へ申込者が間違いなく勤務しているかどうかを確認するのが、在籍確認ですよね。

専業主婦には勤務先がありません。申告時にはっきりと無職であると伝えているのですから、当然勤務先への在籍確認は行われません。ただし、間違いなく申込者が本人であるという確認は行われますよ。

専業主婦の申込の場合、在籍確認、本人確認としては自宅への電話での確認が一般的です。

それでは在籍確認としての本人確認はどのようにして行われるのでしょうか。次の項目では一般的に在籍確認は何故必要なのかも併せて、詳しくお話していきましょう。

在籍確認の必要性と審査について

専業主婦の在籍確認についてお話する前に、在籍確認はなぜ必要なのか、そしてどのような流れで行われるのかをお話ししましょう。在籍確認が必要な理由を挙げてみますね。

  • 現時点での申告した勤務先への勤務を確認する
  • 申告された勤務先が間違いなく実在するか確認する

在籍確認は文字通り、申込者が勤務先に間違いなく勤務していることを確認するためのものです。もちろん、勤務先やその電話番号が実際に実在するものであるという確認のためにもあります。

在籍を確認する為だけのものなので、本人が電話口に出なくても、席を外しているという電話応対で、充分確認されたことになるのです。勤務先に電話をされると、お金を借りることがバレないかと不安になりますが、在籍確認の電話は個人名でかかります。会社名は出しませんから安心してください。

勤務先に個人名でも電話があるのは不自然、何かかんぐられそうで心配という人もいるでしょう。それなら、あらかじめ「在籍確認の電話があるのでよろしく」とお願いしておきましょう。大きな家電をローンで購入した、クレジットカードを作った、など理由にすれば、いろいろと勘ぐられることもありませんよ。

審査は専業主婦も同様に行われる

審査は属性審査と信用情報による審査が主なものとなります。これは専業主婦も同様です。

属性とは申込本人の現在の状況、居住形態や家族構成、勤務先など、申告内容による審査、信用情報での審査は個人信用情報機関への照会により行われます。専業主婦の場合は勤務先は無し、となります。

配偶者の勤務先は申告の必要がありますが、配偶者の勤務先への電話連絡などは審査時には行われないと考えてよいでしょう。審査を無事通過し、借入したのに、返済を長期延滞するようなことがあれば、最悪配偶者の勤務先に連絡をする可能性はありますが、通常では連絡することはありません。

専業主婦への在籍確認はどのように行われるのでしょうか。専業主婦には勤務先はありませんが、だからといって、配偶者の勤務先へ在籍確認が行くのではと心配しなくても大丈夫です。配偶者の勤務先への連絡は審査時の確認と同様に無いと考えてよいでしょう。専業主婦の勤務先はあくまでも自宅ということになります。

専業主婦の在籍確認の方法

専業主婦の場合には在籍確認の電話は、主婦の仕事場である自宅への電話によって行われます。本人確認がそのまま在籍確認となるという事です。そのためには申告時の電話番号は携帯電話よりも固定電話を記入することをお奨めします。在籍確認としての電話なので、携帯電話だけではやはり少し弱いように思えます。

固定電話があるのなら、固定電話を申告してください。固定電話と共に携帯電話番号も記入しておけばより良いでしょう。自宅の場合には会社と違い、どの時間でも家にいるという訳にはいきませんよね。〇時から〇時くらいは買い物の時間で不在にしていると、あらかじめ話しておくと良いでしょう。

家族が電話に出る可能性もあり、できれば携帯電話への連絡を希望する場合には、その旨相談してください。ただ、基本的には固定電話での本人確認、在籍確認が好ましいということになります。もちろん会社名を名乗って電話はしませんよ。個人名もしくは銀行名での架電となるので安心してください。

専業主婦でも収入があるなら消費者金融への申込も可能

無職の専業主婦が申込めるカードローンは、総量規制対象外の銀行のカードローンのみとなります。銀行のカードローンであっても、専業主婦の申込めるカードローンは少なくなっています。それでもまったく申込めない訳ではないので、専業主婦可と明記された銀行カードローンを選んで申込んでくださいね。

専業主婦の場合には、貸付金額も20万円以内などに制限されることが多いのですが、主婦がちょっとした急な出費の穴埋めにしたり、生活を楽しむのには十分の金額ですよね。特に規制がない場合でも、金額は10万円から20万円以内で申込むようにされるとよいでしょう。

もしもパートでお勤めを始めた、アルバイトをしているというのなら、専業主婦としてではなく、収入に見合った貸付を消費者金融のカードローンでも貸付可能となります。

もちろん審査を通過してという事になりますし、この場合には在籍確認はお勤め先、パート、アルバイト先への電話となりますよ。

専業主婦がカードローン審査に受かるためのポイント

専業主婦のカードローン申込についてお話ししてきました。年収の3分の1位内の貸付を規制した貸金業者のための法律、総量規制の施工で、専業主婦のカードローンへの申込みは、間口がぐっと狭まってしまいました。

それでも配偶者に安定した収入が見込まれる場合には、銀行のカードローンの中に専業主婦の申込可能と明記のカードローンもあります。専業主婦であっても、所定の審査をクリアすれば、もちろん融資は可能なのです。

無収入の専業主婦なので、大手企業に勤める、年収も充分ある人と比べてはいけませんが、専業主婦ならではの注意点、審査を無理なく通過するためのいくつかのポイントについてお話ししてみますね。

  • 取引のある銀行のカードローンを選ぶ
  • 年収が無い主婦だからこそ信用実績をしっかりと積む
  • 限度額は上限よりも少額で申込むようにする

配偶者の給与振り込みがある、公共料金の引き落としをしている、できればそういった取引のある銀行のカードローンを選ぶと、スムーズに審査を通過できることがあります。

カードローンを扱う銀行と信頼関係が築けていることが専業主婦の場合特に重要となるのです。

もちろん、引落し時に残高不足で引落せなかった、など支払い期日を守れない、と見なされてしまうと、逆効果になるので、注意してください。信頼関係は築くまでかなりの時間を要しますが、失墜するのは一瞬ですから。

専業主婦の場合、貸付限度額の上限が決まっていることが多いです。30万円から20万円くらいが多いのではないでしょうか。

申込時に、若干少なめに借入金額を希望する方が審査をクリアしやすいのではないでしょうか。もちろんあくまでも審査状況にもよるので、一概にはいえませんが、無理のない限度額を希望しましょう。

不備のない申告で自宅への在籍確認もスムーズに!

専業主婦の申込めるカードローンのこと、そして審査と在籍確認についてお話しました。専業主婦の場合、在籍確認は自宅への確認となるのです。申告時に万が一電話番号の記入間違いなどがあると、スムーズな確認作業は行われません。充分に気を付けて下さい。

また、配偶者の安定した収入のおかげで、審査に通った場合、カードローンの利用状況は即配偶者であるご主人の信用にも繋がります。計画的な利用と遅延や延滞のない返済を心がけて、銀行との信頼関係を築くことが大切です。
 

閉じる
閉じる