カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

カードローンが使えなくなった!それ住所変更忘れが原因かも!

審査に受かってカードローンを利用していたのに、急にカードが利用できなくなった、などという事があります。カードローンは申込時のみでなく、利用途中でも審査が行われると考えて下さい。

例えば、当初の申告事項に変更があった場合には、速やかに申し出なくてはいけないのですが、特に住所変更などを忘れてはいませんか。こちらでは変更事項などを審査する、途上与信についてお話ししています。

急にカードローンが利用できなくなった!?

カードローンの審査を無事通過して、もう何年も利用していたのに、突然に利用することが出来なくなった。そんな時には本当に焦りますよね。限度額もまだ十分あったのに…カードローンが突然利用できなくなる原因にはどのような事があるのでしょうか。いくつか挙げてみましょう。

  • 返済期日を遅れてしまった
  • 総量規制以上の借入となっている
  • 当初の申告内容に変更があった

返済期日を遅れて返済した。遅延の場合には、一定期間カード利用ができなくなる事があります。返済すれば、すぐに利用再開が可能な場合もありますが、二週間前後利用できなくなることが多いのです。遅延した場合にはカードローン会社に、いつからカードが利用可能かを確認しましょう。

他社への申込を新たに行った場合、限度枠の合計が100万円を超えてしまった可能性があります。年収に対して借入が総量規制以上となった場合には限度額の見直しとなります。また収入証明書の提示が必要となるので、カードローン会社に連絡してくださいね。

カードローンは申込当初と現在の状況が変わった場合には、速やかに申し出る必要があるのです。

住所、勤務先、電話番号など、変更し忘れた為にカードが利用できなくなったという例は少なくありませんよ。変更事項がどうしてカードローン会社にわかってしまったのか、不思議ですよね。

それは申込時のみでなく、カードローン会社では顧客の管理と共に、定期的にチェックを行っているからです。

カードローンの審査は申込時だけではない

カードローンの審査が行われるのは、申込時だけではないのです。何年か問題なく利用していたとしても、継続的な審査が行われると考えて下さい。申込時の状況がそのまま続くとは限りません。そのために、カードローン会社は定期的に審査を行っているのです。

そして審査の結果、限度額の見直しや、場合によってはカード自体が利用できなくなる、ということもあります。

このようにすでに審査を通過してカード利用を行ってくる顧客に関して、定期的に行う審査を途上与信と呼びます。

途上与信は顧客が返済期日内にきちんと返済を行っているか、他社での借り入れが増えていないか、などをチェックし、顧客の返済能力が申込み当初と変わりないかを確認するために行われるのです。途上与信を行う頻度は顧客のカード利用状況によって違ってきます。

貸金業法では義務付けられる途上与信

消費者金融など貸金業者の貸金業法では、法定途上与信として顧客の利用状況により、途上与信を行う頻度を義務付けています。銀行のカードローンの場合は特に途上与信を義務付けるものはないのですが、年に数回は途上与信を行っているところが多いようです。法定途上与信の頻度について確認しましょう。

借入残高が10万円以上
1か月の借入が5万円以上
毎月1回の途上与信
借入残高が10万円以上 3か月に1回の途上与信

消費者金融などでは、1か月の借入額が5万円を超えて尚且つ借入残高が10万円を超えている場合には、毎月の途上与信が義務付けられ、1か月の借入額は5万円未満でも借入残高が10万円以上の場合には3か月に1回の途上与信が義務付けられます。

住所変更などは速やかな届けが必要

途上与信は主として個人信用情報によって行われるのですが、その他電話が繋がらなくなった、郵送物が戻ってきた、という場合にも、カードを一旦凍結して、状況を確認する場合があります。申込時の状況に変化がある場合には速やかに申し出るようにしてくださいね。

その場合にはすぐに住所変更を行なったなら、カード利用条件に特に問題がなく、他社借入も増えていない場合は、カードが再利用できる可能性は高いです。何故利用できなくなったのかを、カードローン会社に問い合わせすれば与信によるものでない場合には、理由を教えてくれますよ。

信用情報によるものの場合には、与信上の問題というだけで、詳細を教えてくれない事もあるのですが、カードをふたたび利用できるようにならないかを、相談してみると解決法があるかもわかりません。まずは窓口に相談してみましょう。

途上与信は何の為にどのように行われるか

途上与信についてお話しましたが、おわかりいただけましたか。カードローンは審査に通ればそれで安心、というのではなく、カードローン会社による審査は継続的に続いているのです。当初の申告内容にしても、変動があったら必ず申し出て、変更する義務があるということも忘れないでくださいね。

それでは、途上与信はどのようにして行われるのか、確認していきましょう。まず、与信とはどういう意味なのでしょうか。与えても信用できる、ということですよね。この顧客にはこれだけの金額を貸し与えて大丈夫でしょう、と貸付枠を決めると考えてよいでしょう。

与信枠を決定するのも、もちろん審査となるのですが、この審査は融資決定後も定期的に行われ、必要な場合には与信枠の減額もありうるということになるのですね。それどころか与信枠そのものの見直しで、枠が0となってしまう場合もあります。

属性の変更も途上与信の大きな決め手となる

途上与信は、ある一定間隔で顧客の日頃の利用状況、他社のカードローンなどの利用状況も併せて確認することで行われます。個人信用情報の照会による審査が主なものとなります。

連絡の必要があるとき、電話が不通となっているため、文書を送ったところ、宛先不明で戻されてきたなどという事があると、カードローン会社は即カードを利用できなくして、顧客からの連絡を待つという事になります。

少しでも顧客に対して不安材料がある場合には、カードローン会社ではその不安が払拭されるまで、カードを凍結して最悪の事態を避けようとするのです。

毎月の返済はきちんと遅延なく行っているのに急にカードが使えなくなったのなら、もしかして電話番号や住所変更を申し出ていないということはありませんか。

途上与信で問題なく優良顧客と認められるポイントはここ!

カードローンの途上与信で、現状の与信枠、もしくは現状以上の与信枠でも問題ないと認められるためには、どのような事に注意が必要なのでしょうか。いくつかポイントがあるので挙げてみますね。

  • 申告内容に変化があれば速やかに届け出る
  • 毎月の返済期日はしっかりと守る
  • 他社への申込は極力しないこと

申告内容の変更については、速やかに申し出ることが顧客の義務となっています。カードが凍結して初めて、電話番号が変わった、住所が変わったと申し出るのではなく、変更した時点で申し出るようにしてください。独り暮らしだったものが家族同居となったなども変更が必要です。

途上与信の多くは個人信用情報によって行われるので、信用実績をどれだけ積んでいるかも途上与信では重要となります。

遅延や延滞があると信頼されることはありませんよね。

また他社への申込は、総量規制などの規制対象に引っ掛かる可能性もあるので、むやみに行わない方が無難です。

クレジットカードへの申し込みであっても、キャッシング枠がある場合には総量規制対象となるので、キャッシング枠を付けないようにする必要があります。くれぐれも注意が必要ですよ。

カードローンは申込時の審査のみでなく、利用中にも定期的に審査されていることは、おわかりいただけたと思います。日頃から信用実績を積み、信頼関係が築けられていれば、途上与信も問題なくクリアでき、増額もありうるのです。当然ですが住所変更などは忘れずに申告するようにしてくださいね。
閉じる
閉じる