カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

カードローン審査はコツを押さえてラクラククリアしよう!

カードローンには審査があります。審査に落ちるのが心配で、カードローンへの申込をためらっている人も多いですよね。カードローンの審査はどのように行われるのでしょうか。また審査に通るためにはどのような事が必要なのでしょうか。

こちらでは、カードローンの審査を無理なくクリアする為のコツをお話ししています。カードローンへの申し込みを考えている人、審査が不安としり込みしている人、必見ですよ。コツを押さえて審査に臨めば、審査は怖くありませんよ!

カードローンの審査はこうして行われる

カードローンに申込すると、まず申込者の返済能力の有無を確認する為の審査が行われます。消費者金融も銀行のカードローンも、ほぼ同様の審査内容で審査されるのですが、もちろんカードローン会社によってその内容は多少違ってきます。

消費者金融と銀行の平均的な審査内容を例にあげて、カードローン審査がどのような順序と内容で行われるのか、確認していきましょう。

カードローンの申込から借入まで

1申込→2審査→3審査結果連絡→4契約→5カード発行(借入)

申込はインターネット、電話、無人契約機などで行えます。即日の融資を希望するのなら、消費者金融のカードローンに申込、即日借入希望と申し出ましょう。申込の時間、審査状況にもよりますが、相談に乗ってもらう事も可能ですよ。

審査は主に属性審査と信用情報の審査により、申込者に返済能力があるかどうかを見極め、融資可能かどうかを決定します。

また貸付可能額も審査により確定、カード発行となります。カードはATMで自由に借入が出来るので、便利ですね。

属性の審査は項目ごとのポイント評価!

属性というのは、申込者の現状です。年齢や家族構成、勤務先や勤続年数なども属性審査の対象です。

どのような生活をしているか、収入は安定しているかなどを審査し、返済能力の有無を確認するのです。この属性では融資可能と見なす条件は各社で多少違います。

当社規定条件を満たす人という、申込条件のあるカードローン会社がありますが、年収は150万円以上、勤続年数は1年以上、などのボーダーラインを定めて審査を行う所もあるのです。もちろん細かい規定については表には出ないので、一概にはいえません。

属性については、多くのカードローン会社で、得点評価により融資の可否の目安にする方法を取入れているようです。

項目別に得点評価し、その総合点での判断です。どのような得点評価となっているのか、項目別に得点評価が高い、低いで確認してみましょう。

高い 低い
年齢 20代後半~40代 20代前半 60代
家族構成 既婚 家族同居 未婚の独り暮らし
勤務先勤務形態 大手企業正規社員 自営業派遣社員
勤続年数 3年以上長い程高 半年未満3ヵ月未満低
年収 毎月安定収入 不安定な収入

得点はカードローン会社によりそれぞれ異なるので、一概にはいえませんが、おおむね上記のような評価となります。もちろん上記以外にも評価対象の項目がたくさんあり、あくまでも融資するかどうかの目安として審査されるのです。属性と共に信用情報についても審査されます。

信用情報は各個人信用情報機関への照会により審査される

信用情報では、申込者の過去の履歴を確認します。個人信用情報機関では過去の金融事故履歴は相互に確認することが出来るので、金融事故の履歴があれば審査には通りません。金融事故とは自己破産、任意整理、代位弁済、長期延滞などの返済不能となった案件の事で、この履歴は長期間残るのです。

その他、個人信用情報で確認できるのは、クレジットカードなどの支払に関して遅延や延滞がないか、他社へ同時に申込を行っていないかなどです。審査は属性と信用情報により、申込者の返済能力の有無を見極め、間違いなく返済してもらえると見なされれば、返済に無理のない限度額を決定して融資を行うためのものといえるでしょう。

カードローンでの即日審査と即日融資

カードローンの審査についてお話ししてきました。それでは続いて、審査にはどのくらいの時間がかかるのか、急にお金が必要になった場合、即日融資を受けることができるのかについて確認してみましょう。

カードローンでは出来るだけ迅速な審査を行い、最短での融資を目指していますが、現状では即日融資が可能なのは消費者金融のカードローンのみとなっています。

銀行のカードローンの場合、警察庁のデーターベースとの照合を行い、反社会的勢力ではないことの確認が必要になった事と、銀行の過剰融資の見直しなどの為に即日融資は不可能となったのです。

消費者金融では今までの即日審査による迅速な融資も可能となっているので、いますぐお金が必要という場合には、消費者金融のカードローンへの申込をお奨めします。銀行のカードローンは最短でも2~3営業日、長い場合には1週間以上融資までの日にちがかかることがあります。余裕を持って申込むようにして下さいね。

カードローンで即日融資を受けるには

消費者金融のカードローンでは、審査を問題なくクリアできれば、即日融資も可能です。

もちろん即日融資を受ける為には、注意しなくてはいけない事があります。即日融資の為に必要な事をいくつか挙げてみますね。

  • 申込は平日の早い時間帯に行う
  • 必要書類はあらかじめ用意しておく
  • 申告内容に不備や間違いがないよう気を付ける

即日融資を受けるには、インターネットでの申込、自動契約機での契約などが必要となりますが、インターネットですべて完了させる場合には、指定口座への振込融資となります。どの方法であっても、時間に余裕を持って申込むようにして下さい。特に振込融資の場合、平日の午前中に審査を完了すると安心です。

消費者金融のカードローンでは50万円を超える申込には収入証明書が必要となります。50万円以内であっても審査状況によっては収入証明書の提出を求められる事もあるので、本人確認書類と共に事前に用意しておくと慌てませんよ。

申告内容に不備などがあると、確認の為に余分な時間がかかり、即日審査とならない場合もあります。不備、間違いには充分注意をして、申込するようにして下さい。電話番号やメールアドレス間違いで、連絡が付かず審査落ちする事もあるので気を付けましょう。

カードローン審査をラクラク通過するポイントはココ!

カードローンの審査を通過する為には、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか。審査をクリアする為のポイントがあります。ポイントを押さえて審査に臨めば、審査を恐れることはありませんよ。

  • 属性は少しでも高得点を狙う
  • 日々信用実績を積む努力をする
  • 同時に他社への申込はしない

先にお話ししたように、属性は得点評価で審査されます。例えば勤続年数は1年以上と1年未満では評価が違ってきます。あと少しで1年以上という時には、1年経ってから申込をするようにしましょう。

日頃から信用実績を積むことが大切です。クレジットカードや携帯電話、通販での物品購入の支払いに遅延や延滞がないようにすることです。しっかりと期日を守って支払をする事が信用実績を積む事となります。

気を付けたいのは、審査が不安だからと、同時期に複数社へのカードローン申込をしてしまうことです。これは多重申込みとして信用情報に履歴が残り、審査落ちの大きな原因のひとつとなるのです。申込は1社に絞ってするようにして下さいね。

金融事故履歴は無いか確認する

カードローンに申込んだのに審査に落ちてしまった。どこが悪かったのかわからない、という人がいます。

属性にも何の問題も無いのであれば、信用情報に金融事故の履歴があるのではと疑う必要があります。

念の為に信用情報の開示請求をして自分の信用情報を確認しましょう。

4年前に通販会社で物品を購入し、クレジットカード払いにしていたはずが、後払いの振込用紙での支払となっていて、支払わないままに3ヵ月以上たってしまった。督促状に気付いても支払済と思い込んでいて、文書が届いてやっと支払を終えた。2000円の支払いのために金融事故履歴となった例があります。

もしも過去に長期延滞をしたのでは、と不安があるのなら、開示請求して、自分の信用情報にマイナス履歴がないか確認する必要がありますよ。インターネットでも信用情報開示請求は可能です。金融事故の履歴は5年は残ります。忘れてしまっていた延滞が金融事故となっていた、などという事も有り得るのです。

カードローンを無理なく上手に利用するコツ

カードローンの審査をスムーズに通過する為に、気を付ける点やポイントについてお話ししましたが、おわかり頂けたでしょうか。次に、カードローンを無理なく利用する為のコツをお話ししますね。

  • 必要な金額での申込をする
  • 計画的な利用を心掛ける
  • 随時返済を行い早い完済を目指す

貸付限度額もまた、審査によって決まります。高額の申込を行わずに無理のない金額での申込をする事で、審査も通りやすくなる場合があります。まずは必要な金額での申込をしましょう。

融資が決定したら、返済借入ともに充分な計画を立てて利用することを心掛けて下さいね。ついつい使い過ぎてしまって、返済出来なくなったのでは元も子もありません。

返済計画もしっかりと立てて、借りたお金は出来るだけ早く完済するようにしましょう。上手に利用すれば、利息も最小限に抑えられ、必要な時に簡単に借入ができるのがカードローンの利点です。豊かな生活の為にカードローンを上手に利用して下さいね。
閉じる
閉じる