カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

カードローンの審査に通りやすい人通りにくい人の差はここにある!

カードローンの申込で、心配なのは審査に通るかどうかですよね。審査の内容や基準は各カードローン会社によって多少違ってきますが、審査に通りやすい人、通りにくい人にはどのような特徴があるのでしょうか。

こちらでは、カードローンの審査に通りやすい人と通りにくい人の差を、わかりやすく説明しています。審査に臨む上で気を付けるべきこと、日頃からしておかなくてはいけないことなど、審査をスムーズにクリアする為の参考にして下さいね。

カードローンでは何を審査するの!?

カードローンの申込で不安に思う事に、審査に通るかどうか心配ということを挙げる人が多くいます。カードローンの審査について少し詳しくお話ししていきましょう。まず審査は何の為に、どのように行われるのでしょうか。

カードローンは通常、担保無しで便利に簡単にお金を借りれるものです。

顧客を信用して融資する以上、返済能力の有無をしっかりと確認するのは当然のことですよね。その為の審査なのです。

審査は主に属性と信用情報によって行われます。

属性審査は得点評価!総合点によって融資が決まる

属性審査とは、申込者の現在の状況を審査することです。年齢や家族構成、勤務先や勤続年数などによって返済能力があるかどうかを確認します。

この属性の審査は項目ごとに得点評価し、総合得点で融資が可能かどうかを決定するのです。

高得点、低得点の一例を挙げましょう。

高得点 低得点
年齢 30代40代 20代前半60代
家族構成 既婚 家族同居 未婚 独り暮らし
勤務形態 正規社員 公務員 派遣社員 自営業者
勤続年数 1年未満(特に6ヵ月未満) 3年以上(長いほど高得点)

カードローン会社により多少の違いはありますが、ほぼ上記表のようにポイント評価され、総合得点が高い程、審査をクリアしやすいという結果になります。信用情報に問題がなければ返済能力有りとみなされ、融資可能となるのです。

信用情報では、申込者の過去の履歴に金融事故の履歴がないか、クレジットカードなどの支払い状況に問題はないかなどが確認されます。信用情報は各社で照会でき、金融事故の履歴は共有されるので、たとえかなり以前の事故であっても、履歴がある限り、カードローンでの融資は不可となってしまいます。

カードローンに何度申込んでも審査に通らない、という人がいます。もしかしたら、ずっと以前の金融事故の履歴が残っている可能性もありますよ。

信用情報は開示請求して自分で確認することが出来るので、もしも不安なら請求して確認するとよいですよ。

金融事故があっては審査には通らないですが、それ以外でも審査に通りにくい人がいます。詳しくお話ししましょう。

カードローンの審査に通りやすい人通りにくい人

カードローン審査には通りにくい人と、反対に通りやすい人がいます。どのような人なのでしょうか。確認していきましょう。

審査に通りにくい人はこんな人

審査に通りにくい人とは、融資してもきちんと返済をしてくれないのでは…と不信に思われる人ですよね。カードローン会社では、それぞれの基準で審査を行い融資の可否を決定します。融資出来ないと見なすのはこのような人です。

  • 金融事故履歴がある
  • 日頃の支払い状況で遅延延滞が多い
  • 他社での借入が多い
  • 同時に数社への申込をしている

信用情報では上記のような履歴が確認されると、カードローンの審査に通ることは難しいです。金融事故履歴が有る場合はまず融資不可ですが、消費者金融では総量規制に伴い他社での借入枠も考慮されます。他社借入枠が大きい場合には審査には通りにくくなりますよね。

また、同時期に複数社への申込があった場合には、個人信用情報の照会で、申込をしたという情報のみが共有されます。多重申込はよほどお金に困っているのか、と思われる可能性もあり、審査に通らない大きな原因のひとつになってしまいます。

こうすればカードローンの審査に通りやすくなる!

それでは審査に通りやすい人とはどのような人をいうのでしょうか。間違いなく返済してもらえるだろうと、信頼してもらえれば、審査には通りやすくなりますよね。どのようにすればカードローン審査に通りやすい人になれるのか、説明しますね。

  • 勤続年数が3年以上
  • 日頃から信用実績をしっかり積んでいる
  • クレジットカードなど適度に利用している

カードローンの審査に通りやすい人は、何といっても安定した収入が見込まれる人になります。

収入は多いに越したことはありませんが、額よりも月々安定した収入があるかどうかが重要視されます。

今月は30万円の収入があっても来月は無収入となる可能性があるのでは、返済能力があるとは見なされません。

またクレジットカードなどの支払いは、必ず期日までに支払い、適度にカード利用をしている人は、きちんと返済をしてもらえると見なされて、カードローンの審査にも通りやすくなるでしょう。現金主義で、クレジットカードは1枚も持っていない、というよりも上手にクレジットカードを利用している人の方が信頼され易いということもあるのです。

審査を恐れず万全を期すこと

しっかりと信用実績を積む努力をしていれば、決して審査を恐れることはないのです。クレジットカードだけでなく、携帯電話の利用料金の支払い、ネット通販での商品購入の支払い、なども期日を守って支払うことが大切です。しっかり信用実績を積んで、返済能力ありと認めてもらうことで、無理なくスムーズに審査を通過する事が可能になりますよ。

日頃から信用実績を積むというのは、個人信用情報にマイナスの履歴を残さないということです。毎月遅延などなく支払いをしていることは、信用情報に良い情報として残ります。

どれだけの支払いを遅延なく毎月行っているかという情報は、返済能力の有無を確認する手立てとなります。

少なくとも半年以上は、しっかりと信用実績を積み、カードローンに申込む必要があります。もちろん日頃からきちんと返済や支払を行っている場合は問題ありませんが、信用実績を積むことで、むやみに審査を恐れることなく、カードローンに申込むことができるのです。

スムーズにカードローンの審査を通過する為に

カードローン審査に通りやすい人、通りにくい人について、審査の内容なども併せてお話ししましたが、おわかり頂けたでしょうか。カードローンの審査をスムーズに通過する為に、必要なことを再度確認していきましょう。

  • 属性での得点を少しでも高くする
  • 信用情報に事故履歴などがないか確認する
  • 審査が不安だからと複数社に申込まない

審査の内、属性については得点評価とお話ししました。例えば勤続年数などは1年未満と1年以上では評価ポイントが違ってきます。せめて1年以上経ってから申込むようにするなど、少しでも評価を高くすることが審査に通りやすくなるコツでもあります。

個人信用情報に事故履歴があった場合、カードローン審査には通りません。もしもかなり昔であっても、金融事故を起こしたことがある。長期延滞の経験があるなど、不安な場合には、各個人信用情報機関への開示請求が可能です。自分の信用情報を確認して、マイナス履歴が残っていないかを確認して下さい。

誰しも、カードローンに申込む時には審査に通るかどうか、不安になります。何社かに申込むと、どこかで借入が可能になるかもわからないからと、同時に複数社に申込を行う人がいますが、これは逆効果となります。

多重申込みとして審査落ちの大きな原因となるのです。多重申込みも金融事故履歴と同様、信用情報履歴として残り、各社で共有されます。その履歴は半年の間消えません。

審査に通りやすい人はあっても通りやすいカードローンは無い

カードローンに申込む時には、できるだけ審査に通りやすいカードローンに申込もうとも考えがちです。ずいぶん昔には銀行のカードローンよりも消費者金融のカードローンの方が審査に通りやすいということも確かにありました。ただ、現在では消費者金融も銀行も同じように慎重な審査が行われています。

審査に通りやすいカードローンを探すのではなく、カードローン審査に通りやすい人になるように、しっかりと信用実績を積み、出来るだけ属性の評価を高くすること、それがカードローンの審査をスムーズにクリアする為には何より必要なことなのです。
閉じる
閉じる