カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

カードローン派遣社員の在籍確認スムーズに終わらせるコツはこれ!

カードローンに申込むと、まず審査に通るだろうかと不安になります。そして審査のひとつ在籍確認のことも気になりますよね。特に派遣社員にとっては、年収などよりも、在籍確認は一番の気がかりではないでしょうか。

派遣社員の場合、カードローンの在籍確認をスムーズに終わらせるには、どのような点に注意すべきなのか、こちらでは在籍確認について詳しくお話ししています。カードローン申込時の参考にして下さいね。

在籍確認は何故必要?確認の方法と流れ

カードローンでは、申込者が返済能力のある人かどうかを確認する為に審査を行います。在籍確認は審査の一環として行われるもので、申告の勤務先に間違いなく申込者が在籍しているかどうかを、確認する為のものです。

在籍確認を行わなかった場合には、大手企業の方が小企業よりも審査に通り易いだろうという理由で、嘘の申告がまかり通ってしまう危険性もありますよね。在籍確認には、その時点で確かに申告された勤務先に勤めているという事を証明するという意味があるのです。

その為に電話での確認が必要となるのです。給与明細があれば良いのではと思いますが、給与支給後に退職したという事が無いとも限りません。

その時に間違いなく在籍しているという事が確認出来るのはやはり電話という事になるのです。

在籍確認はこのように行われる

勤務先に貸金業者から電話があるのは、借金をすることが分かってしまいそうで嫌だという人は多いです。もちろんカードローン会社もそのあたりは考慮して在籍確認を行うので安心してください。大まかな流れを確認していきましょう。

1〇〇と申しますが△△さんはおられますかと架電→2取次いで貰えれば生年月日など確認・席空きの場合はそのまま終了

これだけです。会社名は当然名乗りません個人名、もしくは銀行名での架電となります。

在籍の確認が出来ればよいので、席を外しているという回答でも在籍確認完了となります。

「改めます」と電話を終了させますが、再度かかる事はありません。

  • 業者名を伏せて電話してくれる
  • ある程度の希望は聞いてくれる
  • 基本電話は一度だけ

業者名は伏せてくれるので、安心です。ただ、いろいろと詮索されやすいという事はあるかもわかりませんね。

たとえば、銀行系のカードローンであれば銀行名での架電をお願いしてみる。仕事に差し障らない時間帯の架電をお願いしてみるなど、希望を申し出ましょう。

必ず要望通りにはいかなくても、気分的には落ち着きますよね。また、時間にすればほんの数分で終わる場合がほとんどです。あまり深く考えなくても大丈夫ですよ。次の項目では、スムーズに在籍確認を終わらせる為にはどうすれば良いのかをお話ししていきますね。

在籍確認をスムーズに終らせる為に

在籍確認は、業者名ではなく個人名で電話があるので、勤務先に借金のための確認だとばれることはありません。それでも勤務先に確認の電話があるのはどうも気になる。そう考える気持ちもわかります。

在籍確認をスムーズにスマートに終わらせるには、どのようにすれば良いのでしょうか。いくつかの切り抜け方があるので、例を挙げてみますね。

在籍確認があることをあらかじめ話しておく

あらかじめ電話を取る可能性のある人に、在籍確認の電話があるかも、と話しておくとあれこれ詮索されないのではないでしょうか。

たとえば、電気製品をローンで買ったので、確認の電話が来るかもわかりません。どうぞよろしくと、お願いしておくのです。

そうしておくと、電話を取った時に、「ああ、確認の電話があると言っていたよね」と快く確認に応じてもらえる可能性が高くなります。自動車ローンを組んだから、少し値の張る美術品を買ったから、など理由はたくさんありますよ。

派遣社員の在籍確認はどうすれば良いの?

正規社員やアルバイト、パートの場合、勤務先への在籍確認は比較的容易なのですが、これが派遣社員の場合には少し状況が違ってきます。派遣社員の場合には、勤務先は派遣元の派遣会社となります。実際に今勤めている会社は派遣元の派遣会社から斡旋されて勤めているということですよね。

この場合には、基本的に在籍確認は派遣元の派遣会社への電話によって行われるのです。ところがこの派遣元には、登録だけでも膨大な人数の派遣社員がいます。そんな派遣元へ電話して申込者の在籍を確認しても、在籍していることを証明してもらうのはとても難しいといわざるをえません。

派遣社員がカードローンに通りにくいのは、在籍確認がうまくできないのも原因の一つといえるでしょう。

派遣社員であっても、ひとつの会社に長く派遣され、勤務している場合は、在籍確認を派遣先でしてもらえる事もあるので、その旨申し出るようにしてください。

派遣社員が在籍確認をクリアする方法

派遣社員は基本的に、在籍確認が難しいとお話ししましたが、派遣社員がカードローン審査に通りにくいのは何故なのでしょう、そして派遣社員が在籍確認を通過する為にはどうすれば良いのでしょうか。まず派遣社員がカードローン審査に受かりにくい理由を挙げてみますね。

  • 数日間だけなど短期間派遣される場合が多い
  • 複数社へ派遣勤務している事がある
  • 継続して安定した収入が見込めない

派遣社員は1日だけ、あるいは数日間だけ企業に派遣される場合も多いです。月によっては派遣される日数が多く、収入もかなり多くなることもありますが、反対にまったく無収入ということもありうるのです。

カードローンへの申込条件は、安定した収入が見込める人、となっています。この点で派遣社員の人はその条件から外れてしまうことになりますよね。また人によっては、複数の派遣先に派遣されている場合もあるでしょう。そういった事も安定とはいえないと見なされる元となります。

カードローンの審査に派遣社員は通りにくいというのは、このような点が理由になるのですが、もちろん派遣社員であっても、カードローン審査をクリアして融資を受けられる人も多くいます。どのような人たちでしょうか。

  • 1つの企業に1年以上継続して勤務している
  • 毎月安定して一定額の収入が見込まれる
  • 1つの派遣会社に長い年月登録し収入を得ている

派遣社員であっても、派遣会社から1つの企業に派遣され、何年間も同じ企業に勤務している人もいます。

当然派遣先側の意向で契約を打ち切られる可能性があるのは事実ですが、長く勤務している実績で審査を通過できる可能性も大きいです。この場合、在籍確認も派遣先で行う場合も多いです。

一つの派遣会社に長年登録していて、毎月安定した額の収入を得ていると見なされると、カードローンの審査に通る可能性も高くなります。

派遣会社での評価も高くなれば、在籍確認もスムーズに行われることが期待できますよね。そして大切なのは日頃から信用実績を積み、返済能力があると信頼されることです。

カードローンの審査と在籍確認のまとめ

カードローンの在籍確認、特に派遣社員の在籍確認についてお話ししてきましたが、お分かりいただけたでしょうか。カードローンの審査は在籍確認を含め、申込者に返済能力があり、融資をしても大丈夫だと見極める為に行われます。

カードローンに申込して、融資を受けるまでの流れはどのようになっているのでしょうか。大まかな流れを確認していきましょう。

1申込(インターネット・電話・自動契約機など)→2審査(在籍確認)→3契約(インターネット・自動契約機など)→4借入(カード発行)

上記のような流れで、カードローン融資は行われます。審査、在籍確認はカードローンで融資を受けるためには、どうしても避けることのできないことです。審査を無理なく通過し、在籍確認をスムーズに完了し、速やかな融資を受けるためのポイントを最後にもう一度挙げますね。

  • しっかりと信用実績を積む
  • 申告事項に間違い嘘のないよう気を付ける
  • 在籍確認があることをあらかじめ話しておく
  • 派遣社員は1つの企業で安定した収入を得る
審査も在籍確認も、ポイントを押さえて臨めばおそれることはありません。派遣社員の場合には確かに、カードローン審査を通過するのは難しいことは事実です。それでも出来るだけのことをした上で、審査に臨んで下さいね。

在籍確認も、カードローン会社にある程度の希望を伝え、有利に進められるようにしてください。派遣元の派遣会社や、派遣先である勤務先での信頼を積めば、派遣社員であっても、在籍確認はスムーズに場合が多いですよ。可能なら、実績を積んだ派遣先への在籍確認を希望しましょう。

閉じる
閉じる