カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

カードローンの審査は属性と信用情報!信用実績を積む為には!?

カードローンに申込むと、どのように審査されるのか気になりますよね。審査は属性と信用情報によって行われます。審査をスムーズにクリアする為に必要なのはどのような事なのでしょうか。

こちらではカードローン申込から融資までの流れに添いながら、審査をスムーズに通過する為のコツなどをわかり易くお話ししています。属性はどのように審査されるのか、信用実績はどのように積んでいけばよいのかを知って、カードローン審査にのぞんで下さいね。

カードローンの申込から借入までの流れ

カードローンへの申込で気になるのは、無事に審査に通るかどうかですよね。特に問題がなくても審査がどのように行われるのか、どのような基準で可否が決定するのか大いに気になりますよね。審査は何の為に必要なのでしょうか。

審査の一番の目的は、申込者に返済能力があるかどうかを見極めることにあります。返済能力というのは文字通り返済する力を持っているかどうかということです。ホームページでは当然申込条件なども明記されているので、まずはその条件を満たす必要があります。

カードローンの貸付条件

銀行カードローン 消費者金融カードローン
申込条件 20歳以上65歳未満
安定収入のある人
保証会社の保証が受けられる人
制限ありで専業主婦可
20歳以上69歳以下
安定収入のある人
保証会社の保証が受けられる人
実質年率 上限14%前後
貸付限度額により変動
上限18%(10万円未満20%)
100万円超上限15%
限度額 800万円位 500万円位
総量規制あり
返済方法 リボルビング返済
随時、一括返済可
リボルビング返済
随時、一括返済可

申込の前に各条件を確認しましょう。銀行の申込条件の中には、地域を限定していたり、口座を持っている人が優遇される場合もあるので注意が必要です。

65歳なのに65歳未満の条件の所への申込はその時点で不可となってしまいますよ。

その他消費者金融では総量規制の為に年収の3分の1以上の借入は出来なくなっています。

当然無職の専業主婦では申込そのものが不可となっているので、これも注意が必要です。

銀行のカードローンの中には条件付きで専業主婦でも申込める所もあるので確認して下さいね。

申込するカードローンを決めたら、申込から融資までの流れを確認して、スムーズに借入が出来るようにしたいものです。申込から融資までのおおまかな流れを確認していきましょう。

1申込(インターネット・電話・自動契約機など)→2審査・審査結果連絡→3本契約→4カード発行→5融資

上記のような流れとなりますが、できるだけ迅速な審査と審査結果を受ける為に必要なことを挙げてみましょう。

  • 申告内容に不備や間違いのないようにする
  • 必要な書類をあらかじめ用意しておく
  • 銀行ならメインバンクのカードローンを選ぶ

申込時の内容に不備のないようにすることが大切なのはいうまでもありません。間違いの為に審査が否決となったり、嘘の申告をしたととらえられる可能性もあります。

消費者金融のカードローンでは総量規制の為、50万円を超える限度額を希望した場合には収入証明書が必要となります。クレジットカードのキャッシング枠を含める他社との借入限度枠の合計が100万円を超える場合もやはり収入証明書の提示が義務付けられています。

あらかじめ用意しておくと慌てません。銀行のカードローンでは口座を持っているとWEB完結など、借入までスムーズに行われる可能性が高いです。メインバンクを選ぶという選択もありますよ。

大切なのは審査に臨む前からの心掛け

カードローン申込で一番気になるのは審査の可否ですが、審査に通るか通らないかは日頃から信用実績を積むことが出来ているかどうかで決まってきます。信用実績はどのようにして積むことができるのでしょう。

信用実績を積むことは決して難しいことではありません。例えば毎月の公共料金やクレジットカードの支払いをきちんと期日に行うこと。遅延や延滞は個人情報の履歴に残ってしまいます。公共料金の支払いが個人情報の履歴に残ることはないのですが、家賃や携帯電話など保証会社が関係する場合には審査に影響します。

個人情報照会で履歴が確認できるクレジットカードや通販で物品を購入した支払だけでなく、支払いは必ず期日を守るという姿勢が信用実績を積む結果となるのです。日頃から、少しくらい遅れてもとかついうっかり支払を忘れたなどという事の無いように気を付ける必要があるのです。

信頼関係が返済能力のみきわめにもつながる

日頃から支払期日にはきちんと支払を行うことを長年続けていると、クレジットカード会社や自動引落を行う銀行との信頼関係が築けますよね。この信頼関係はカードローンの審査でも可否の大きなみきわめの一つになる可能性があります。

少しくらい遅れても払えばよいではないかなど、遅延が多い人は返済を遅れても平気な体質になってしまっているのではとみなされてしまいます。日頃からの心掛けが大切ということですね。

審査内容とスムーズな審査クリアの為に必要な事!

信用実績を積むことがカードローンの審査の上で大切であるとお話ししました。

カードローンの申込から融資までの流れの中で、迅速な審査はスムーズな融資にとって一番大切なものです。

それでは続いてカードローンではどのようなことをどうやって審査するのかを詳しくお話ししていきましょう。

審査は属性と信用情報によって行われます。属性というのは申込者本人に関する事柄についてです。年齢や家族構成、勤務先、年収などですね。信用情報は信用情報機関への照会により申込者の過去の信用情報の履歴を審査するものです。金融事故の履歴もしっかりと確認されます。

属性はほとんどの場合が点数制で評価され、総合点が高いほど審査をクリアしやすくなります。

いくつか例を挙げてみますね。

高得点 低得点
年齢 30代~50代前半 20代前半、60代
家族構成 既婚家族同居 独身ひとり暮らし
勤務先 大手企業 公務員 自営業 中小企業
勤務形態 正規社員 アルバイト パート
派遣社員
勤続年数 3年以上長い程高 3ヵ月未満

必ずしも上記の通りではありませんが、属性では得点が高いほど返済能力ありとみなされます。もしも勤続年数が3ヵ月未満なら、せめて1年以上たってからカードローンに申込むことをお奨めします。

信用情報はかなり昔に金融事故の経験があるけれど、などという場合には信用情報開示請求をすることが出来ます。

金融事故の履歴は5年以上残ります。事故履歴がある場合、まず審査をクリアする事はできないので、心配な場合は確認してくださいね。

しっかりと準備すれば審査は怖くない!

カードローンの申込から借入までの流れの中で、迅速に借入をする為には審査をスムーズにクリアしなくてはいけないことをお話ししてきましたが、おわかり頂けたでしょうか。

審査というと不安になる人も多いのではと思います。申込条件にあっているかどうかをまず確認しカードローンに申込むこと、そして日頃から信用実績を積むようにこころがけること、しっかりと準備して申し込めばカードローン審査を恐れることはありません。

申込前から支払い期日を守る体質を作っておくこと、公共料金や税金なども履歴には関係ないと遅延や延滞などすることのないようにして下さいね。少しの心掛けが返済能力の充分にある人という評価につながることもあるのです。

閉じる
閉じる