カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

カードローン借入金の使用目的は自由でも事業資金は不可!

カードローンの貸付条件では、借入金の使用目的については、ほぼどのカードローン会社も「自由」となっています。ただその場合でも但し書きがあり、事業資金は不可となっています。なぜ事業資金に利用するのはいけないのでしょうか。

こちらではカードローンの使用目的に事業資金が禁止されている理由などを、詳しくお話ししています。また個人事業主へ向けてのカードローン融資についてもお話ししています。事業資金の借入を検討されている人必見ですよ。

カードローンの使用目的は基本自由

カードローンの借入金は、主に生活する為の資金として使用されます。買い物や旅行に利用したり、生活費の足しにする場合もあるでしょう。その使用目的は基本的には自由となっています。それでも自動車を購入したり、子供の教育費として利用するということはあまりありませんよね。

生活に必要なことに利用するのであれば、金額的にはさほど高額にはなりません。一般的にはカードローンの限度額は50万円以下の場合が多いです。これは通常の生活の為に利用するのには充分な金額と考えるからです。

ところが事業資金となると金額的にはかなり大きくなります。しかも高額な借入額を一瞬で使ってしまう可能性が大きいのです。

返済出来なくなるという、リスクをかかえる事業資金としての使用は禁止せざるを得ないのです。

カードローンでは個人事業者の審査は通りにくい?

カードローン審査は属性と信用情報で行われます。属性の中の勤務先、勤務形態では、自営業者、個人事業者は低評価となりがちです。

理由は収入が安定していないということが一番でしょう。年収では問題なくても、毎月の収入が不安定な場合が多いと見なされるのです。

もちろん自営業者、個人事業者であっても、安定した収入が見込まれ、使用の目的が事業資金以外であれば、審査を通過し借入可能となる場合も多いですよ。

はっきりとその旨申込み時に伝えるようにしましょう。

カードローンを事業資金として使うとどうなる

個人事業者がカードローン審査を通過し、借入できたとして、それを事業資金に使用したとしたら、どのような状況になっていくのでしょうか。確認していきましょう。

  • 借入限度額いっぱい借入
  • 数社から借入してしまう
  • 毎月の返済に追われる

消費者金融のカードローンでは総量規制の為、年収の3分の1以上の借入が不可能となっています。他社との合計限度枠も総量規制の対象です。他社の限度枠をすべて足した金額が、年収の3分の1を超えての借入はできないということになります。

事業資金として借入金を使用すると、限度額すべてを借入してしまう傾向が強いです。以前なら複数社からやはり限度枠いっぱいに借入してしまい、月々の返済金額が大きくなり返済不能となってしまう事が多かったのです。金利もかなり高かったですから。

総量規制施行以前は多重債務者が多く、それを防ぐ為にも貸付額を規制する、総量規制が施行されたのです。現在は大きな負債を抱え破綻する個人事業者は少なくなりましたが、それでもやはり高額の借入を返済することにかわりはありません。事業資金として借入金を使用すると、破綻に向かう場合が多くなりがちです。

個人事業主の為のカードローン

それでは自営業者や個人事業主が、事業の運転資金としてのお金を借入することはまったくできないのでしょうか。いいえ、そんなことはありませんよ。個人事業主が、無理なく事業資金を借入する為のローン、ビジネスローンがあるのです。個人経営者の為のビジネスローンですが、代表的な貸付条件などを確認していきましょう。

信販系ビジネスローン 銀行ビジネスローン
申込条件 個人として事業所得を申告している人 業歴2年以上の個人事業者
実質年率 6%~18% 6%~14%
返済方法 リボルビング返済 
随時返済可
一括返済、毎月定額返済
随時返済可
貸付限度額 300万円以内
総量規制例外
500万円以内
必要書類 本人確認書類
所得証明書
借入計画書など
納税証明書
商業登記簿謄本など

あくまでも平均的な貸付条件ですが、上記のような内容が多いようです。貸付限度額については条件により1000万円を超える融資が可能なところもありますが、必要書類などは金額によって異なる場合があります。

個人経営者向けのビジネスローンは、使用目的はもちろん事業資金(運転資金)のみとなっています。

銀行、貸金業者それぞれで、個人経営者に向けての貸付を行っているところがあるので、ホームページなどて確認して下さいね。

事業資金以外なら自営業者もカードローンが可能

個人事業者が事業資金目的で借入する、ビジネスローンについてお話ししました。その他自営業者や個人事業者へ向けて融資を行っている、公的な金融公庫での融資という選択もありますよ。確認の上検討されるのも良いでしょう。

自営業者、個人事業者が事業資金使用目的で融資を受けるのなら、ビジネスローンでの借入となりますが、もしも事業資金以外の使用を考えているのなら、ビジネスローンの利用はできなくなります。

個人向けのカードローンに個人事業者は申込できるのかというと、結論は申込は可能です。ただ、収入が安定していない、運転資金への使用が考えられる、などの理由から、個人事業者が審査を通過することは難しいといわれています。

個人事業者がカードローン審査をクリアする為に必要なこと

それでは個人事業者がカードローンの審査をクリアするには、どのような事に気を付けるべきなのでしょうか。いくつか挙げてみましょう。

  • 使用目的をしっかりと伝える
  • 必要書類を予め用意しておく
  • 銀行ならメインバンクでのカードローンを選ぶ
  • 日頃から信用実績を積む努力をしておく

自営業者、個人事業者の申込は、運転資金に使用するのではないかと、思われがちです。通常は使い道は自由となっており、特に使用目的を伝える必要はないのですが、個人事業主、自営業者の人は、事業資金に利用しない事をきちんと伝えましょう。

本人確認書類の他に、個人事業者の場合には、納税証明書や確定申告書など、必要書類が少し違うことがあるので注意が必要です。

いざという時に慌てないように、必要書類はあらかじめ用意しておくとよいですよ。

日頃から信用実績を積む為の努力をしておきましょう。他社の返済は遅延なく行う、クレジットカードや携帯電話の利用料金も延滞などすることのないように、充分気を付けて、信用情報にプラスの履歴を残すことが大切です。

出来ればメインバンクのカードローンを選ぶと信頼関係が築きやすいですよ。

個人事業者でもカードローン審査を恐れないで

属性では確かに個人事業者は、勤務先、勤務形態の項目での得点評価は低めとなります。だからといって、申込を躊躇する必要はありません。日頃から信用実績を積み、通常の生活に必要なお金を借入するだけの、無理のない金額の融資なら、審査を恐れずに申込んで下さい。でも、もしも事業資金に使用する為の借入ならビジネスローンを検討して下さいね。
閉じる
閉じる