カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

カードローンは無理といわれるブラックとは?金融事故あれこれ!

カードローン審査では、現在の信用情報だけでなく、過去の履歴もしっかりと審査の対象となります。過去にブラックといわれる金融事故の履歴が登録されていると、まず審査には通りませんよね。

こちらではこのブラックといわれる金融事故について、ブラックとはどのような事をいうのか、どのくらいの年月履歴が残るのかなど、詳しくお話ししています。審査が気になる人の為に、どうすれば審査に通るのかも併せてお話ししていますよ。

カードローンの審査は属性と信用情報で行われる

カードローンに申込むと審査があります。

申込者が貸付した金額を、間違いなく返済するだけの能力があるかどうかを見極める為に行われるのが審査です。

通常は申込者本人の現在の状況、属性と、過去の情報も含めた信用情報での審査となります。属性は項目ごとに得点評価となります。属性にはどのような項目があるのか、また特にポイントの高いもの、低いものは何なのかを確認していきましょう。
高ポイント 低ポイント
職業 大企業正社員
公務員
自営業者
派遣社員
年齢 30代~50代前半 20代前半60代
居住形態 本人所有持家
家族所有持家
賃貸アパート
公営住宅
家族構成 既婚子ども有り
未婚家族同居
未婚独り暮らし

一部ですが、上記のような得点評価が多いようです。

もちろんこれはあくまでも目安であり、総合的に判断されるので、ひとつの項目で低評価だったとしても、がっかりする必要はありませんよ。

属性での審査は、それぞれの項目の総合得点が審査可否の目安となる訳ですが、それでは信用情報の審査ではどのような点が重視されるのでしょうか。

  • 過去に金融事故履歴がないか
  • クレジットカードなどの支払に遅延や延滞がないか
  • 同時期に複数のカード申込をしていないか

上記が主な信用情報照会による審査の目安です。

属性と違って、例えば過去に金融事故の履歴が確認された場合には、属性の総合得点がどんなに高くても、審査には通りません。

また、日頃から支払に遅延が多い、複数社への同時申込があるなどは、金融事故の履歴がなくても、まず審査には通らないと考えるべきでしょう。

信用情報というのは、文字通り申込者が信用のおける人間かどうかを確認し、見極める為の情報です。担保なしでお金の貸付をおこなうのですから、信頼できる人にのみ融資を行うのは当然のことですよね。

カードローンの審査に影響するブラックとは?

審査の大きなかなめになる信用情報ですが、カードローンの審査落ちの原因のひとつに挙げられ、よく耳にする「ブラックリスト」「ブラック履歴」というのはどのようなものなのでしょうか。

ブラックとは過去の金融事故履歴をいう

ブラックとは、金融事故を起こした履歴があるということになります。金融事故というのは過去に借りたお金の返済ができなくなったり、物品を購入した支払が長期にあたり延滞してしまったということをいいます。

金融事故履歴はかなり長い期間登録されます。返したしたから、支払ったからよいではないかという事にはならないのです。各個人信用情報機関での金融事故登録について、どのくらいの期間履歴が残るのかを確認しましょう。

3社の個人信用情報機関と金融事故履歴について

  • CIC(シー・アイ・シー)
  • JICC(日本信用情報機構)
  • JBA(全国銀行個人信用情報センター)

カードローンの審査では、上記3社の情報が照会されますが、金融事故履歴に関しては相互照会が可能となります。銀行のカードローンで起こした金融事故なので消費者金融ならわからないだろう、と申しこんでも、必ず審査落ちするのはその為です。

それでは、金融事故はどのような種類があり、それはどのくらいの年月履歴として残るのかを、3社で比較してみましょう。

CIC JICC JBA
自己破産 5年 5年 5年から10年
債務整理 5年 5年 5年以上
長期延滞 5年 1年から5年 5年
多重申込 6ヵ月 6ヵ月 6ヵ月

どの信用情報機関でも、金融事故の履歴は長い年月残ってしまうことがわかります。この履歴が残っている間は、カードローンに申込んでも審査には通りません。何度申込んでも審査落ちするのには、こういった履歴が原因している事もあるので確認して下さいね。

一旦失墜してしまった信用は、回復するまで、長い年月をかけて信用実績を積み上げていく以外には仕方がありません。

信用はそれだけ大切なものだといえますよね。

ブラック履歴が消えればカードローンに申込める?

うっかり支払の長期延滞の為に、金融事故登録となってしまった場合でも、5年間は履歴が残ってしまい、カードローンへの申込はあきらめる他ありません。

それなら5年経って履歴が消えたら、カードローンに申込をして、審査に通ることが出来るのでしょうか。

もちろんカードローンに申込は出来ますし、審査を無事にクリアする可能性はあります。

ただ履歴が消えた後の信用情報は、クレジットカードなどの支払い履歴もなく、まったく真っ白な状態となっています。

これはクレジットカードなどをまったく利用していないか、金融事故の為に利用出来なかったか、という事だとカードローン会社は考えるでしょう。どうしても信用度は低くなってしまうのも事実です。

信用情報にクレジットヒストリーを残す

クレジットヒストリーとは信用情報に残る、クレジットカード支払などの情報です。期限内に遅延なく支払いが行われているという情報が信用となるのです。もちろん金融事故履歴が消えたから、すぐにクレジットカードが利用できる訳ではありません。

ただ、自分の信用情報にプラスの情報を残せるように努力する必要はあるでしょう。作りやすいクレジットカードに申込み、しっかりと期日を守り支払を行う、携帯電話を購入し月々の機種代金と利用代金を遅延なく支払う、クレジットヒストリーを築く努力をして下さいね。

カードローンへの申込は、信用実績をしっかりと積みあげた上でも遅くはありませんよ。特に金融事故の履歴が消えたばかりなら、尚更自分の信用回復に充分な時間をかけることが何よりも必要となるのですから。

自分の信用情報は開示請求で確認できる!

ブラックとは、過去の金融事故履歴をいいます。その履歴は5年から10年間残ってしまうのです。そして履歴が消えてからも、自分の信用回復の為にまた長い時間をかける必要もあるのです。一度失墜した信用を回復させるのは本当に大変です。

信用ということを軽く考えてしまい、少しくらい支払が遅れてもよい、払えないからそのままにしてしまおう。そんな気持ちがブラックという金融事故履歴を生んでしまうのです。履歴が消えたら、もう二度と信用を失墜するようなことはやめて下さい。

過去に金融事故を起こしたけれど、履歴はもう消えているか気になる。自分の信用情報はどのようになっているのか、心配な人は信用情報機関に開示請求して、確認することが可能です。CIC、JICCは、インターネットでも開示請求が可能ですよ。
閉じる
閉じる