カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

銀行のカードローンより消費者金融のカードローン審査は甘い?

カードローン申込での心配点に、審査に通るかという事を挙げる人が多いです。カードローンに申込むと、審査は避けて通れませんよね。こちらでは、審査をクリアするためのポイントを、分かり易くお話ししています。

何故審査が必要なのか、また消費者金融の方が銀行のカードローンよりも審査が甘いのか、などの疑問にも答えています。カードローンの申込を検討されているなら、ぜひ参考にして下さいね。

カードローンの審査は何故必要?

カードローンの申込で心配なことの一つに審査があります。カードローンの審査は何故必要なのでしょうか、またどのようにして行われるのでしょうか。それぞれについて詳しくお話ししていきましょう。

審査は、申込者が貸したお金を滞ることなく、返済してくれるかどうかを見極める為に行われます。無担保でお金を貸すのですから、厳重な審査の上貸付を行うのは当然のことですよね。また審査によって、それぞれの申込者の貸付限度額も決定します。

カードローンに申込むと、まずさまざまな項目に自分自身のことを記入します。その内容に基づいて審査が行われるのです。審査は申込本人に関する状況である属性と、過去の信用情報を含む個人信用情報を照会することで行われます。

属性審査は得点評価されることが多い

属性の審査は項目別に得点評価される場合が多いようです。

細かく分かれた項目ごとに点数が付けられ、総合的に評価が高いほど審査に通り易くなります。

どのような評価内容となるのか、ほんの一部ですが挙げてみましょう。

高評価 低評価
勤務先
勤務形態
大手企業
正規社員
自営業・派遣会社
アルバイト・派遣社員
収入 月々安定収入の高年収 月々の収入が不安定
勤続年数 3年以上 半年未満
(特に3ヵ月未満)
居住形態 持ち家(マンション) 賃貸アパート・公営賃貸住宅
家族構成 既婚・両親同居 独身一人暮らし

あくまでも一例ですが、申告内容に沿ってそれぞれ得点評価され、総合得点が審査合否の目安となるのです。勤続年数など、半年未満ならせめて半年以上勤めてから申込むようにしてくださいね。

信用情報の審査は各個人情報機関への照会による

信用情報とは過去を含め、日頃の他社返済、クレジットカードなどの支払情報などの情報をいいます。

申込者を信頼できるかどうかを見極める為の情報照会によって審査は行なわれます。

個人信用情報機関は銀行の情報機関を含め3社ありますが、過去の金融事故履歴などはどの個人情報機関に於いても確認できるのです。かなり昔であっても金融事故を起こしたことがある、という場合は履歴が残っている限り審査に通ることはありません。

属性審査と信用情報審査、そして在籍確認が行われ、返済能力ありと見なされた場合のみ、カードローン審査を通過できるのです。

借入できる限度額についても、この審査によって決定しますよ。

銀行と消費者金融のカードローンはここが違う

少し前までは、銀行のカードローンの方が消費者金融のカードローンよりも審査に受かりにくい、といわれていました。金利面などで、銀行のカードローンの方が安全と思う人が多く、それだけに審査もより厳重に行われるというイメージがあるからでしょう。

消費者金融では貸金業法の改正後、実質引き下げになった金利や、貸付の規制である総量規制によって、より厳しく顧客の審査を行うようになっています。銀行のカードローンも消費者金融のカードローンも審査に差は無いといえるでしょう。

カードローンの審査の違いについては、次の項目で詳しくお話ししますが、銀行のカードローンと消費者金融のカードローンにはいろいろと相違点があるので、まずはその違いについて確認していきましょう。

消費者金融ではカードローン限度額に年収が大きくかかわる

貸金業法の改正で施行された総量規制は、年収の3分の1を超える貸付をしてはいけないという法律です。

この為に本人に収入が無い場合には申込そのものが出来なくなったのです。例えば専業主婦(専業主夫)は消費者金融のカードローンへの申込はできません。

また、50万円を超える貸付や他社との合計貸付が100万円を超える場合には、収入証明書の提出が義務付けるなど、厳しい規制で、今まで多重に貸付を受けられた人が、申込すら出来なくなってしまいました。

銀行のカードローンでは即日融資は不可能

利息制限法の改正により、消費者金融の上限利息が実質の引き下げとなり、無理のない金利設定となってはいるのですが、やはり金利面では銀行のカードローンの方が低金利なのは事実です。少しでも金利の低いカードローンを希望する人は確かに多く、その分審査も厳重にはなっています。

また、銀行のカードローンは過剰貸付を防ぐ為に審査内容の見直しがなされ、時間をかけて審査を行うことになりました。反社会的勢力との繋がりが無い事を警察庁のデータベースと照会し、確認することも義務付けられました。

総量規制対象外の銀行のカードローンなら、年収に関係なく借入できるという、顧客への貸付を行った結果社会問題ともなった過剰貸付。それを食い止める為の策として、即日融資は行なわない、審査には日にちをかけて顧客に適正な額の融資を行うと決められたのです。

カードローンの審査に厳しい甘いはあるか

銀行と消費者金融のカードローンの違いについてお話ししましたが、お分かり頂けたでしょうか。銀行のカードローンが審査に時間をかけるようになったのは、総量規制対象外の銀行のカードローンへの申込が多くなった事による、過剰貸付に歯止めをかける意味もあるのでしょうね。

銀行のカードローン審査は、確かに厳重なものとなっていますが、それでは消費者金融の審査は甘いのかというと、決してそうではありません。カードローンの審査に甘い、厳しいということは無いと考えて下さい。年収に対しての借入希望額が大きい場合などは、消費者金融での借入審査は不可となるでしょう。

銀行のカードローンの場合でも、複数社での借入がある時には、審査には通りにくくなります。まして即日融資を希望しているのなら、銀行のカードローンでの融資は不可となります。

厳しいとか甘いとかではなく、申込者の状況とカードローン会社の申込条件が合えば、審査に通り易いということになるのです。

銀行も消費者金融も厳重審査で優良顧客を獲得する

過剰貸付が問題となっている今、銀行のカードローンも消費者金融のカードローンも、審査を甘くして顧客の数を増やすのではなく、厳重な審査で優良顧客を獲得するようになっています。審査の甘いカードローンを探すよりも、しっかりと信用実績を積み、信頼おける顧客だと認められる事が大切なのではないでしょうか。

カードローンの審査を乗り切るために

銀行のカードローン審査は厳しく、消費者金融のカードローン審査は甘い、一概にそうはいえないこと、お分かりいただけたと思います。どのカードローンもしっかりと審査し、リスクを抱えない為に無理のない貸付額を貸付るのです。

カードローンはどのような目的で借入をするのか、現在の収入額にはどのカードローンが合っているのか、などを考えて選ぶ必要があります。カードローン選びと、審査を楽にクリアする為のポイントを挙げてみますね。

自分に合ったカードローンを選ぶ

カードローンを選ぶ時には、自分が今必要としているのはどのようなカードローンなのかを見極めることが必要です。例えば大至急お金が必要になったという場合には、即日融資が可能な大手消費者金融のカードローン。少し高額な借入が必要なので金利は出来るだけ低くしたいというのなら、銀行のカードローンがよいでしょう。

一括返済が可能なカードローン、ATMで随時返済が可能なカードローンを選ぶ。利用目的によって短期間借入したいのなら、借りた日数分だけの利息支払が可能なカードローンもありますよ。ホームページなどで目的や状況に合ったカードローンを選ぶようにしてくださいね。

審査を無理なく乗り切る為のポイント

カードローン会社を選んだら、審査に必要なことを、しっかりと準備をして臨みたいものです。どうすれば審査を無理なくクリアできるのか、審査を乗り切る為のポイントを挙げてみましょう。

  • 日頃から信用実績を積む努力をする
  • 無理のない借入額を選ぶ
  • 申告内容に不備などが無いように気を付ける
  • 同時期に複数社への申込はしない

日頃からクレジットカードや通販会社などの支払期日を守り、しっかりと信用実績を積むようにして下さい。

遅延が多い、延滞があるというマイナスの履歴が確認されると、審査には通りにくくなってしまいます。

収入に見合った借入額を選ぶべきなのですが、消費者金融では50万円を超える貸付の場合、収入証明書が必要となります。あまり高額ではない借入額を希望する方が審査をクリアしやすくなりますよ。

申告内容に間違いや不備のないように気を付けましょう。うっかり間違った事でも、嘘の申告をしたと思われかねません。また審査が不安だからと、同時期に複数社への申込を行うと、多重申込として信用情報に履歴が残ります。申込は1社に絞る方が無難です。

閉じる
閉じる