カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

カードローンの即日融資は銀行は不可!急ぐのなら消費者金融!

急にお金が必要となった時、いつでもATMで借入れができるカ―ドローンは、本当に便利ですよね。今すぐお金が必要になった場合に、その日の内に融資可能なカードローンを探したい。即日融資希望なら、カードローン選びも迷いますよね。

こちらでは即日融資可能なカードローンについてと、即日融資を受ける為には、どのようなことに気を付けて申込む必要があるのかなど、詳しくお話ししています。カードローンで、迅速な審査と借入を希望している人必見ですよ。

今すぐ借りたい!それなら消費者金融のカードローン!

今月は余分な出費が多く、給料日まで少しお金が足りなくなった。結婚式の招待を受けたので、急遽お金が必要になった。様々な理由で、至急お金が必要になった時、カードローンがあれば、他人に迷惑を掛けることなく、お金を借りることができます。

今すぐに借りたいのなら、即日融資に対応できるカードローンへの申込を行わなければいけません。カードローン会社はどこもすぐに貸付してくれるという訳ではないのです。まずはカードローンの申込から融資まで、どのような流れになっているのかを確認してみましょう。

1申込(インターネット・電話・無人契約機など)→2申込確認の電話→3審査→
4審査結果連絡→5契約(インターネット・窓口・無人契約機)→6カード発行→7融資

融資までには、おおまかに上記のような手順が必要となります。即日の融資を希望となると、申込方法や契約の方法を選ぶ必要がありますよ。

まず、カードローン会社のホームページなどで、即日融資が可能かどうかの確認をした上で、申込むことが大切です。

今、即日の融資に対応しているのは、大手消費者金融という事になります。大手消費者金融のホームページには、即日審査、即日融資可能と明記されている場合が多いので、即日融資希望と伝えた上で、申込方法などを相談するのもよい方法といえるでしょう。

即日融資に対応の申込方法

大手消費者金融のカードローンでは、即日融資が可能な場合が多いですが、申込方法と契約方法によっては即日融資のできない事もあります。即日融資が可能なのは、どういった申込方法なのか確認しましょう。

  • インターネットでの申込
  • 無人契約機での申込
  • 電話での申込
  • 店頭での申込

即日融資を受ける為には、上記の方法での申込を選ぶとよいでしょう。ただし、どの場合でも時間に余裕を持って申込む必要があります。

審査状況によっては融資まで日にちのかかる場合もあることは知っておいてくださいね。

即日融資で多いのは、インターネットで申込をし、無人契約機で契約からカードの発行、カードを利用して借入という方法です。またインターネットのみで借入までを完了する方法も選ばれています。電話や店頭での申込も無人契約機での契約とカード受取りで即日融資が可能となりますよ。

消費者金融のカードローンより、銀行のカードローンの方が金利が低いので、銀行のカードローンで即日融資を受けたいと思う人もいるでしょう。銀行のカードローンは現状では即日融資に対応していません。即日融資が可能なのは、消費者金融のカードローンのみとなっています。

銀行のカードローンが即日不可となった訳

以前の銀行カードローンは、保証会社に消費者金融会社を置き、迅速な審査を可能にしていました。もちろん即日融資も可能となっていたのです。ところが迅速な審査融資で、今度は銀行のカードローンの過剰融資が社会問題となってきました。

そこで銀行のカードローンでは審査に時間をかけるようになったのです。

その上警察庁のデーターベースと照会し、反社会的勢力との関係を確認後の融資を義務付けられたのです。

この為に、銀行のカードローンでは融資までに1週間前後の日にちがかかるようになったのです。

特に即日融資を希望ではなく、できるだけ低金利で安心のカードローンに申込みたいのなら、もちろん銀行のカードローンへの申込をお奨めします。多少日にちはかかりますが、カードで便利に利用できるのには違いありません。これも安全にカードローンを利用する為には必要な日数なのかもわかりませんよ。

カードローンで即日融資を受ける為のポイント

銀行のカードローンは即日融資不可となりましたが、大手消費者金融では小口融資のノウハウを駆使して、厳重でしかも迅速な審査結果により、即日融資対応しています。

ただし、即日融資を確実に受ける為にはいくつかのポイントを押さえる必要があります。それはどのような事なのか、確認していきましょう。

即日融資を受ける為の5つのポイント

  • 即日融資可能か確認する
  • 時間に余裕を持って申込む
  • 必要書類をあらかじめ用意しておく
  • 申告内容に不備や間違いの無いよう気を付ける
  • 高額希望は避ける

まずは申込むカードローン会社が、即日融資に対応しているかを確認する必要があります。大手消費者金融では、即日融資可能な会社が多いのですが、中にはあまり積極的でない会社もあるようです。ホームページなどで、即日融資可能と明記の会社を選ぶようにしましょう。

インターネットで申込んでも、無人契約機で申込んでも、審査上問題がなければ即日に融資を受けることが可能ですが、ただ指定の口座への振込で融資を受ける場合には遅くとも午後2時までに契約を完了する必要があります。在籍確認の時間なども考慮して、平日のできるだけ午前中に申込むと良いですよ。

余裕を持って申込するようにして下さいね。その際、必要な書類などはあらかじめコピーをとるなどして、用意しておくと慌てませんよ。当然ですが、申込に不備があると迅速な審査は望めません。間違いなどの無いように、充分気を付けて下さい。

消費者金融のカードローンは総量規制対象

貸金業法で、年収の3分の1以上の貸付を規制する総量規制対象の、消費者金融のカードローンでは50万円を超える借入には収入証明書の提示が必要となります。他社借入限度枠の合計が100万円を超える場合も同様です。

収入証明書が必要という事は、それだけ審査にも時間がかかる可能性もありますよね。少額であっても審査はしっかりと行われますが、高額の場合と比べるとやはり迅速な審査が期待できます。即日融資希望なら、50万円以内の希望額での申込をお奨めします。

審査を無理なく通過する為にしておきたい事!

カードローンで即日融資を受ける為に必要なことをお話ししましたが、即日融資にはスムーズに審査を通過する必要があります。審査をスムーズに無理なくクリアする為にはどのようなことに注意が必要なのでしょうか。

  • 日頃から信用実績を積む努力をする
  • 過去に金融事故が無いか確認する
  • 同時に複数社への申込はしない
審査は属性審査と信用情報により行われ、返済能力があると見極められれば融資決定となるのです。属性審査は現在の状況なので、今現在安定した収入があり、勤務状況などに問題がなければ審査も問題なく通過できるはずです。信用情報に関しては過去にさかのぼって、マイナスの履歴が無いか、遅延延滞が多くないか確認されます。

過去の金融事故履歴は、5年以上は残ってしまいます。長期延滞の事故履歴が残っていることを忘れてしまっている人は、案外多いのです。

履歴があるうちはカードローンの審査には通りません。クレジットカードなどの支払いは期日を守って支払う。心配な場合には個人信用情報機関への開示請求をして確認する事が可能です。

履歴確認し、マイナス履歴登録とならないように、日頃から信用実績を積む努力をしていれば、審査は問題なく通過できるでしょう。

むやみに心配して、同時に複数社への申込するのは、多重申込みとして信用情報への登録となるので、かえって逆効果です。

申込は1社に絞るようにして下さいね。多重申込みの履歴は半年間残ります。即日融資には迅速な審査が必要ですが、しっかりと信用実績を積み臨めば、審査を恐れる必要はありませんよ。

閉じる
閉じる