カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

カードローンの申し込み履歴は審査可否の大きな決め手となる!

カードローンを申込む時、心配なのは審査に受かるかということですよね。1つのカードローン会社だけでは不安なので、いくつか複数社のカードローンに申込めば、どこか1つは審査に通るのでは、と考える人がいます。それは返って逆効果になってしまいますよ。

同時期のカードローンへの複数社申込は、多重申込として信用情報の履歴となることをご存知でしょうか。しかもこの履歴は半年間は消えないのです。そして多重申込の履歴があるうちは、審査に通ることは難しくなるのです。

多重申込が審査に不利になる理由

カードローンに申込むと、まず審査が行われます。お金を貸して、無理なく返済してもらえるかどうかを確認する為の審査です。カードローン会社は審査で顧客の返済能力の有無をしっかりと確認した上で、融資可能かどうかを見極めるのです。

同時に複数のカードローン会社へ申込をした場合、どのような点で返済能力に疑問があると考えられるのでしょうか。いくつかの理由を挙げてみましょう。

  • 総量規制の規制対象となる
  • よほどお金が必要な状況だと考えられる
  • 多重債務者可能性ありと見なされる

特に消費者金融会社の場合、総量規制による貸付規制の対象となるため、他社の借入限度額が大きくかかわってきます。

複数のカードローン会社に申込した場合にはそれだけ厳重な審査となる可能性が大きいのです。

例えば1社の場合には、50万円を超える貸付には収入証明書が必要となりますが、複数社の場合は、合計で100万円を超える貸付には収入証明書な提出が義務付けられています。3社に申込した場合には50万円以内であっても収入証明書の提出を求められます。

複数の会社に借入を申込むのは、よほどお金が必要なのだと見なされ、もしかしたら経済的に返済は無理なのではないか、そして、すでに多重債務者なのではと考えられます。多重債務者の場合、破綻される可能性が高い為に、融資を見合わせられる場合が多くなるのです。

申込者の充分な返済能力が審査通過の鍵

カードローン会社は、申込者に融資を行うかどうかを、厳重な審査を行って決定します。

審査は各カードローン会社の基準で行われるのですが、一番重要なのは申込者が滞ることなく、貸したお金を返済してくれるかどうかということです。

申込者にきちんと返済能力がある事を見極めるのが審査なのです。

返済能力の有無は、もちろん毎月一定した収入を得る事ができる勤務先へ勤務しているか、その年収は規定年収に達しているか、など様々な項目を確認した上で決定されるのですが、同様に、他社での借入についてもしっかりと審査されると考えて下さいね。もう少し詳しく審査内容を確認していきましょう。

カードローンの審査はこのように行われる

カードローンの審査は、主に申込者の属性と、個人信用情報によって行われます。属性とは申込本人の現在の状況、年齢や家族構成、勤務先、年収などによる審査です。属性の審査は項目別の点数評価となっている場合が多く、総合的に得点が高いほど有利となります。項目による得点評価を確認しましょう。

高評価 低評価
家族構成 既婚 家族同居 未婚 独り暮らし
勤務先・勤務形態 大手企業 正規社員 自営業 派遣社員
勤続年数 3年以上 6ヵ月未満
年収額 月々安定した収入がある 年収額はあるが安定していない

上記のように各項目別に評価され、総合得点が高いほど、審査を通過する可能性も高くなります。未婚で独り暮らしであっても、勤続年数も規定を満たし、月々安定した収入の見込まれる正規社員の場合には、審査をクリアできる可能性が高いということになりますよね。

信用情報の審査は各信用情報機関への照会による

個人信用情報の審査とは、文字通り申込者の過去や現在における情報、例えば過去に金融事故の情報がないか、クレジットカードなどの支払いや返済に遅延や延滞がないかを確認する審査です。これは個人信用情報機関への照会によって行われます。

金融事故の履歴が確認されれば、属性審査で高得点評価であっても、当然融資不可となります。

返済や支払に遅延が多いなどの情報も審査落ちの原因となる場合があります。反対に期日を守るなど日頃から信用実績を積むことで、審査をクリアする可能性がぐんと高くなるのです。

カードローン申込は1社に絞る!

信用情報の登録履歴には、金融事故の他に他社カードローンなどへの申込履歴も含まれます。

個人信用情報には、A社申込時に、同時にB社C社へ申込んだという履歴がはっきりと残るのです。

そしてこの多重申込は融資を断られる大きな原因の一つとなるのです。

前の項目で、多重申込が審査落ちの原因となる理由についてはお話ししましたが、ついつい審査が不安な為に、何社かに申込すれば何処かのカードローンで融資をしてもらえるのでは、と考えてしまいがちです。それは逆効果であることを知って下さいね。

カードローンへ申込む時は、しっかりと1社に絞って申込をする方が審査をクリアしやすくなるのです。これは総量規制対象の消費者金融のカードローンだけでなく、銀行のカードローンにもいえる事で、信用情報は各社で照会でき、この多重申込の履歴も共有情報となるので、注意が必要となります。

カードローンの審査をスムーズにクリアする為に必要なこと

カードローンの審査のこと、また多重申込についてお話ししてきました。カードローンに申込むと必ず審査があり、審査によって融資の不可、または融資額が決定しますが、その審査を怖れて複数のカードローン会社へ申込をすることは、絶対に避けるべきだとお分かりいただけたと思います。

それではカードローンの審査を無理なく、スムーズに通過する為には、どのようなことに気を付けなくてはいけなのか、またどのようなことが必要なのか、いくつかのポイントを挙げてみますね。

  • 年収の多さよりも安定した収入が必要
  • 総量規制による規制額無内の借入に注意する
  • 日頃から支払い期日を守り信用実績を積む
  • 複数社への申込を同時期に行わない

属性では年収額よりも、月々の安定した収入が大切になります。どんなに年収が多くても、月によって収入がある月、まったく無い月、などばらつきがあるのは、返済能力が有るとは見なされない場合が多いのです。自営業者の属性でのポイントが低いのはその為なのですよね。

消費者金融のカードローンでは、総量規制の為に年収の3分の1以内の貸付はできません。

これは他社の貸付限度額の総合計が規制対象となるので、他社の借入限度額に注意が必要となります。

申込の借入希望額は総量規制以内になるように気を付けて下さいね。

信用情報では、日頃から支払い期日を守ることが、プラスの信用情報履歴となります。信用実績を積むことは返済能力が十分にあると見なされることに繋がります。少しくらい良いだろうと、支払い期日の遅延が重なったり、延滞することは、信用を失墜することになりますよ。十分な注意が必要です。

多重申込は避けてまずは無理のない借入を

カードローンの審査は、クレジットカードや通販での購入金額などを遅延なく支払う。申込は1社に絞って、無理のない金額での融資を希望することなどで、スムーズにクリアできるのです。決して必要以上に恐れることはありませんよ。

どうしても複数のカードローンへ申込む場合には、むやみに申込むのではなく、しっかりと信用実績を積んだ上で、数か月は間を空けて、あらたに申込をすることをお奨めします。消費者金融への申込を行う時は、総量規制のことも考慮し、申込の希望額を規制内にする必要があるので気を付けて下さいね。
閉じる
閉じる