カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

カードローンの正確な審査と年収の嘘がもたらす事実を知ろう!

カードローンに申込む時、どうせ分からないからと年収を多めに記載してしまう。そんな嘘の申告をしてもばれやしないと思っていませんか。消費者金融の場合も銀行のカードローンの場合も収入証明書は50万円までの借入では原則不要です。

それなら200万円を300万円と記入しても別に構わない?いえいえ、嘘はきっとばれてしまいますよ。50万円以下での借入限度額で、万が一審査に通ったとしても、それは決して正確な審査で借入出来た訳ではありません。嘘がもたらす現実についてお話ししましょう。

カードローン申告の嘘は必ずばれる

カードローンを申込む場合、申込方法はいろいろありますが、どの場合でも申込書に申込者の現状を書き込みます。勤務先、勤続年数、家族形態、年収など多項目に渡って申告しますよね。

申告内容の年収や他社借入額などは、どうせ分からないだろうと正確に書かない人がいます。

例えば100万円の年収のパート社員なのに、年収350万円の正規社員と偽る。他社で100万円の借入があるのに借入無しと申告する。これは必ずばれますよ。

まず他社借入額については各カードローン会社では、審査時個人信用情報への照会を行うので、他社借入の有無についてはかんたんにわかってしまいます。年収にしても、審査中におかしいと感じられると、50万円以内の限度額であっても収入証明書の提示を求められる場合もあるので、嘘はダメです。

カードローン審査で年収を確認する理由

カードローン審査では年収は融資可否の大きな決め手のひとつではあります。もちろん多いに越したことはありませんが、年収を確認する一番の理由は、どのくらいの借入額なら無理なく返済できるかを決める、大切な目安になるという事なのです。

消費者金融会社では総量規制の為、年収の3分の1以内の貸付となりますが、年収100万円で貸付可能な金額はいくらになるのか、他社の借入額も考慮して決定するのです。単純に年収の3分の1なら借りられるという訳ではないのです。

この年収を350万円と嘘の申告をして、万が一審査に通ったとしても、返済出来なくなってしまうリスクは大きいですよ。

正確な審査でない以上、返済不能になるなど、必ず後で後悔することになるでしょう。嘘の申告はやめましょう。

総量規制は貸金業法の法律!

ここで貸金業法の総量規制について、お話ししましょう。総量規制とは消費者金融会社や信販会社が登録している貸金業者にむけての法律、貸金業法で施行されたものです。年収の3分の1以上の貸付を禁止する法律ですが、この貸付規制は、すべての貸金業者の貸付枠を合計した限度枠に対してのものとなります。

申込者の年収が300万円とすると、その3分の1は100万円です。それなら100万円までは大丈夫と思いがちですが、そうではないのです。申込者がクレジットカードを2枚持っていて、それぞれ30万円の限度枠があれば、すでに60万円は総量規制対象額となります。

100万円から60万円を引いた、40万円以内が新規カードローンの貸付可能額となる訳です。ただこの40万円にしても、確実に借入できるとは限りません。審査の結果、もっと少ない金額となる可能性が高いです。また他社借入枠がある場合には収入証明書の提出を義務付けられることが多いので用意も必要ですよ。

総量規制が生まれた訳

総量規制は貸金業者へ対する規制であるとともに、借入する顧客の為にも生まれた法律なのです。総量規制施行以前の消費者金融では、年収にはそれ程関係なく、きちんと支払期日を守って返済をしてくれる人の借入限度額を無限に引上げたり、他社での借入が複数社あるのにも係わらず、新規での貸付を受け付ける業者も多くありました。

その結果、多重債務者が生まれ、破綻に追い込まれる顧客が増えていきました。総量規制はそのような顧客を無理な借入から守るために施行された法律といえますよね。総量規制を含むさまざまな法律も、審査で融資の可否を決定したり、貸付額を決定する為に重要なものなのです。

もしも嘘の申告をして、審査に通ったとしたら、後々困ってしまうのは自分自身です。

その危険性を考えるべきなのです。正しい審査で無理のない借入、返済が行えるように、軽い気持ちで嘘の申告をするのは、絶対にやめましょう。

カードローン審査で嘘の申告をしたらどうなる?

カードローンの申込時に嘘の申告をした場合、自分自身が困ることになるとお話ししましたが、もしも嘘の申告で審査に通り、借入をした場合、嘘であるとカードローン会社に分かった場合にはどうなるのでしょうか。

  • 審査中なら即否決
  • 借入後なら強制解約の可能性あり
  • 借入金の一括返済
  • 詐欺罪に問われる可能性あり

嘘の申告により、カードローン会社に多大な損失を与えた場合とはなりますが、最悪の場合詐欺罪に問われることだってあるのです。たいしたことではないと、ついた嘘が大変な事態を招くこともあるので気を付けて下さいね。

強制解約は金融事故履歴として残る

嘘の申告をしてカードを手に入れた場合、他人になりすまして申し込んだなどの以外は、即強制解約とならないかもわかりませんが、もしも嘘の為に返済不能となった場合には当然強制解約となってしまいます。これが原因で他社のクレジットカードなども利用できなくなる可能性もあるのです。

強制解約は金融事故とみなされます。信用情報に5年の長い間事故履歴が残りますよ。気軽な気持ちで嘘をついたりしないで、正直に現状を申告したとしても、充分に審査を通過できたなどという事もありますよ。

カードローンを安全に安心して利用する為に

カードローンは急な出費に対応してもらえる、とても便利なものです。

それだけに安心して利用できるようにしたいものですよね。しっかりと審査してもらい、無理のない金額を借入するようにしたいものです。

カードローンの申込時には、嘘のない申告をすることが何よりも大切なことですが、嘘などつかなくても、審査をスムーズに通過する為に必要なことがいくつかあります。

特に気を付けたいことも併せてお話ししてみますね。

カードローンの審査をスムーズに通過するコツ

カードローンの審査に通るために気を付けるポイントを挙げてみましょう。

  • 申告内容に不備などがないように気を付ける
  • 過去に金融事故などの履歴が無い事を確認する
  • 同時期に複数社への申込はしない

嘘の申告はしていなくても、申告内容に不備や間違いがあると、嘘の申告をしたと思われる可能性があります。電話番号やメールアドレスにも間違いがないか、しっかりと確認するようにして下さい。

金融事故の履歴は5年から10年残っている場合もあります。忘れてしまっていた長期延滞の履歴があり、審査落ちしてしまう人も少なくありません。もちろん支払い遅延や延滞はあってはいけない事ですが、不安のある人は信用情報開示請求も出来るので、確認されるのも良いでしょう。

審査が不安だからと、同時に複数社へ申込をしたくなりますが、この多重申込もやはり審査に落ちる原因のひとつになります。必ず1社に絞って申込むようにしてください。多重申込みの履歴は6ヵ月消えずに残ります。審査に落ちたからとすぐに別のカードローンに申込まず、半年以上経ってから申込む必要があります。
閉じる
閉じる