カードローンこれで安心!審査らくらくクリア法!

カードローンで年収が関係あるのは消費者金融だけではない!

カードローン申込で気になるのは、自分の年収によってどのくらいの借入が出来るのかということではないでしょうか。特に消費者金融では総量規制の為に年収の3分の1以上の貸付はできなくなっています。

また銀行のカードローンも年収を重視して貸付金額を決定しています。こちらでは年収によってどのような貸付金額になるのか、年収と貸付限度額の関係について詳しくお話ししています。

貸付限度額はどのようにして決まる?!

カードローンに申込みするときには、借入限度額はどのようにして決まるのか、気になりますよね。申込時に希望金額は申し出ますが、決定した金額はその希望金額となるという訳ではないのです。

カードローン会社は申込を受けて、申込者について審査し、返済能力の有無を確認しますが、その時に、どのくらいまでならお金を貸して、無理なく返済ができるかを併せて審査するのです。審査によって申込者の貸付限度額を決定するわけです。

それではカードローン会社は何を基準にして、限度額を決定しているのでしょうか。審査内容は各カードローン会社によって違ってきますが、おおむね次のような事を確認して、貸付金額、貸付限度額は決められていきます。

  • 申込者の年収から無理のない返済可能額を割り出す
  • 他社の借入額などを考慮して限度額を決定する
  • 消費者金融の場合は総量規制内の貸付金額を決定する
貸付限度額を左右するのは、やはり申込者の年収です。年収を確認して、どのくらいの金額なら、全額貸付しても返済が可能かを算出して、貸付限度額を決定するのです。もちろん、月々の収入は安定している事が条件となります。

いくら年収が多くても、毎月一定額の収入がない場合は、審査には通りにくいのです。収入はあくまでも安定している事が条件となります。

月々安定した収入である年収の額と、他社での借入額などを十分に審査の上限度額は決められます。

消費者金融など貸金業者のカードローンは総量規制対象の為、年収の3分の1以上の貸付はできません。規制内の限度額となりますよ。また、この年収の3分の1以内の限度額とは他社での借入枠の合計金額となるので、他社の借入枠もしっかりと確認されます。

総量規制では収入証明書の提示が必要となることもある

総量規制の事をお話ししましたが、消費者金融では総量規制によって高額な貸付限度額を制限しています。ただ、これは自己申告の年収額を基準としての限度額となりますよね。そのため申込者が高額な借り入れ額を希望した場合には申告の年収を間違いないか確認する必要ありと判断します。

そこで、総量規制では、50万円以上の貸付を希望する顧客に対して、または他社借入枠の合計が100万円を超える顧客に対しては、収入証明書の提示を求めるようになっているのです。

総量規制は消費者金融だけのもの?

総量規制は貸金業者の為の法律貸金業法での規制です。貸金業者である消費者金融や信販会社のキャッシングが規制対象です。それなら銀行のカードローンは年収額による規制なく借入が可能なのでしょうか。

確かに銀行のカードローンの場合は、年収による貸付規制はありません。その為に収入のない専業主婦であってもカードローンへの申込が可能な銀行カードローンがあるのも事実です。当然ですが専業主婦の場合は配偶者に安定した収入がある場合に限られます。

総量規制対象外の銀行のカードローンですが、貸付限度額を決定するには、やはり申込者の年収は大いに関係があります。

年収、毎月の安定した収入を確認して、無理のない貸付額を決めるのは消費者金融も銀行も同様です。

銀行のカードローンは特に貸付額の見直しを検討中

銀行のカードローンでは、今過剰融資を見直す為に、積極的な融資を行っていません。いわゆる貸し渋り状態といってもよいでしょう。スピード審査や即日融資といったスピーディさや手軽さで、多くのカードローン利用者が融資を受けた結果、破綻者も多くでてしまったというのが、原因のひとつです。

金融庁からの申し出により、銀行のカードローンは今までのように即日融資を行うことが出来なくなったのです。じっくりと審査に時間をかけ、過剰融資の為の破綻者が出ないことと、銀行自体のイメージを損なわない為に優良顧客を獲得することに力を入れはじめたと考えられます。

そのために積極的にカードローンへの勧誘を行っていないような現状です。また申込を受けて、年収に対して無理のない貸付を行う、少額であっても収入証明書の提示を義務付けるなど、銀行のカードローンも総量規制と変わらない規制を行うようになっているのです。

カードローン審査を無理なくクリアする為に必要なこと

消費者金融のカードローンも銀行のカードローンも、厳重な審査と年収に対しての無理のない貸付額で、安心して利用できる貸付限度額を決定していることは、お分かりいただけたと思います。それではその審査方法や審査の可否の基準はどのようなものなのかを確認していきましょう。

審査は属性と信用情報により行われる

審査は属性審査と信用情報照会による審査で進められます。勤務先や年収は属性審査で、項目ごとに得点評価となることが多いのです。

どのような項目があり、どのように得点評価されるのか確認しましょう。

高評価 低評価
勤務先 大手企業 自営業派遣会社
勤務形態 正規社員公務員 アルバイト派遣社員
年収 月々安定している
年収は多い
月により無収入の時もある
年収は多い

上記表のように、貸付限度額を決定するために関係する年収は、年収額よりも月々同じ金額の収入が見込まれることが高評価のポイントとなります。大手企業の正規社員なら、年収が多ければ貸付限度額も高額設定が可能となります。

自営業の場合は、評価が低くなりがちですが、カードローンの中には個人経営者に向けてのものもあります。貸付限度額もビジネスローンを利用すれば高額が望めます。

アルバイトや派遣社員の場合は、一律10万円、20万円など、決められた上限での限度額となっている事が多いようです。

もちろんこれはあくまでも一般的なもので、カードローン会社によっては、収入が多ければアルバイトや派遣社員であっても、その年収に見合った貸付限度額を設定するところもあるので、一概にはいえません。カードローン会社の審査基準によるものと考えて下さいね。

信用情報では他社借入が貸付限度額に影響する

個人信用情報機関への照会で、他社での借入の有無が確認できます。

他社での借入も含めた上で、返済に支障をきたさない貸付限度額が設定されるのです。

年収は十分あるのに、少額の限度額設定となった理由には、こういった他社の借入が関わっている可能性もありますよ。

高額な限度額より計画的に利用できる限度額

年収とカードローンの貸付限度額についてお分かりいただけたでしょうか。総量規制の対象である消費者金融のカードローンはもちろんのこと、総量規制対象外であっても、過剰融資を見直している銀行のカードローンにとっても、申込者の勤務先や勤務形態、年収は貸付限度額を決定する、大きな目安となるのです。

銀行のカードローンは特に、貸付限度額によって、実質年率が決められる場合が多く、今すぐに利用する必要がなくても高額限度額にしておけば、それだけ低金利で借り入れができるということもあり、高額の貸付限度額を希望す顧客も多くいました。銀行のカードローンは、こういった高額貸付を見直しているという訳です。

年収に見合う貸付限度額だから無理なく返済できる

カードローンの借入額は、無理なく計画的な返済ができる事を前提とするべきですよね。高額な限度額設定を望むよりも、計画的に利用できる限度額であること、それが大切なのではないでしょうか。

総量規制などをふまえながら、カードローン会社が審査で決定する貸付限度額は、顧客が無理なく利用でき、しっかりと返済が可能であると見なされた、双方が安心できる金額になっているといえますよね。

閉じる
閉じる